牛で振り返る

 

 このブログをただ書いているのではなく、暇なときには読み返して、ああ~こういうこともあったな、などとまったりするのもけっこう好きである。ただ、最近非常に記事数も増えてきて、ふつうにさかのぼるのも面倒になってきた。

 

 というわけで、ランダムなワードで過去記事を検索し、そうやって出てきた記事を読み返すということをしてみることに。とくにジャンルの縛りなく更新しているブログですが、ひとつのワードという糸を通すことで、新たな姿・秩序が見えてくるかもしれない。

 ワードは、なんでもいいですが、今年の干支にしようかな。

 

 「今年 干支」で検索したところ、丑年とのことだったので、「牛」でブログを検索していく。さて、どんな記事があるのでしょうか……?

 

 「牛」の含まれる最古の記事がどうやらこちら。最近だと、本を紹介するときにはなんかキャッチコピーを考えて「刹那の衝撃~○○『△△』」みたいな感じのタイトルにしているのですが、そういうこともしていない地味さに時の流れを感じた。たぶん、誰にも読まれていないだろうな。

 

月島 - タイドプールにとり残されて

サイゼリヤで飲むのが好き。 - タイドプールにとり残されて

好きなものしりとり - タイドプールにとり残されて

 どんどん進めていこう。これらでは食材としての牛に言及していますね。

 

 で、もう一度フィクションの中の「牛」。最初に「ジャンルの縛りなく更新」と言ったが、やはりひとりの人が話せる分野には限りがあるようで、僕が思っていたより幅広いものにはなっていないのかもしれない。

 

 上で2019年は終わり。2020年1発目は自由に落書きのできる白い牛についての言及である。

 

100億年目のバレンタイン・デー - タイドプールにとり残されて

友達が東海オンエアにはまってくれてうれしい - タイドプールにとり残されて

クリームパン1個じゃ足りない - タイドプールにとり残されて

 でこちらが2020年の残り。

 

上野に「でん」襲来の衝撃 - タイドプールにとり残されて

「ベスト・フレンド・フォーエバー」 - タイドプールにとり残されて

お昼ご飯たち - タイドプールにとり残されて

さっきまで夢で食べていたものを買いにいく - タイドプールにとり残されて

プラウダウォッカは甘い味 - タイドプールにとり残されて

 そしてこれが2021年に「牛」に言及している記事である。こうしてみると毎年コンスタントに牛と書いているようでなるほどなあと思った。

 さらっと流していますが、実際には全部なつかしすぎて1個ずつ、当時の自分の状況や暮らしなどを思い出しながら丹念に読み返しており、酒が進んでいる。

 

飽きかけてる料理メニュー - タイドプールにとり残されて

乃木坂の聖地巡礼をした - タイドプールにとり残されて

好きな睡眠3つ - タイドプールにとり残されて

休肝日に 「ドラクエ大辞典」読みがち - タイドプールにとり残されて

東京からなくなってしまうらしい… - タイドプールにとり残されて

沖縄の代表的な豆腐を3つ主観で紹介する - タイドプールにとり残されて

お金使いすぎだろと思ったら - タイドプールにとり残されて

家の近くのラーメン屋がおいしい - タイドプールにとり残されて

すき家 ほか - タイドプールにとり残されて

 この9個が2022年の牛への言及。2023年以降はあげませんが、ぱっとみたところさらに増えているようである。

 

 でもまあ2022年ごろから食に対する興味が増えてきたのが理由だろうと思っている。その前はもうすこしストイックだったというか……。「すき家」に行ったことをわざわざ書いて終わることはなかったような気がするな。

 

まとめ

 自分の歩みがわかってよかった。