ワールドカップ 3行メモ その11

フランスvsポーランド 3-1 ・ムバッペはやっぱり化け物。あそこに持ち出したボールに追いつけるの?とかその間抜けれるの?みたいな、それを許したらサッカーというゲーム崩壊するだろ、みたいな性能をしている。*1 ・試合序盤はそれでも、ムバッペがボール…

ワールドカップ 3行メモ その10

オランダvsアメリカ 3-1 ・ついにノックアウトステージに突入、長かったワールドカップも、あと16試合です。 ・基本的にはオランダが地力と確固とした戦いかたを見せつけたゲームだったなという印象。ガクポを中心とした推進力のあるアタッカー陣によるカウ…

ワールドカップ 3行メモ その9

韓国vsポルトガル 2-1ガーナvsウルグアイ 0-2 ・すでに突破が決まっているポルトガルは主力選手を温存。ただ、2位通過になるとグループGの1位(=ブラジルが濃厚)と直後すぐに当たってしまうので、裏の試合の動向によっては主力を投入したい、といった感じ…

ワールドカップ 3行メモ その8

クロアチアvsベルギー 0-0カナダvsモロッコ 1-2 ・非常に面白かったグループFはこの結果により、モロッコが1位、クロアチアが2位でそれぞれグループステージを通過。 ・クロアチアvsベルギーはスコアこそ動かなかったものの、お互いゴール前のシーンを多く作…

ワールドカップ 3行メモ その7

オーストラリアvsデンマーク 1-0チュニジアvsフランス 1-0 ・突破が決まっているフランスは大ターンオーバーを敢行。本職ではないポジションで数合わせ、みたいに起用されている選手もいて、練習試合の3本目か?という感じの様子だった。控え選手のモチベ維…

ワールドカップ 3行メモ その6

エクアドルvsセネガル 1-2オランダvsカタール 2-0 ・同時キックオフ*1なので2画面に映して見た。(こちらの記事でカニを流したのと同じ仕組みを採用) ・ただ、どちらの試合もあまり流れを追えなかった。つぎからこうするときは、注目する試合と流し見する試…

ワールドカップ 3行メモ その5

クロアチアvsカナダ 4-1 ・どうでもいいですが、ペリシッチ「4」とブロゾビッチ「11」、変な背番号だ。 ・開幕で失点するも、とくに焦るようなそぶりもなく、ふつうに勝つクロアチア。 ・クロアチア、パンチ力のなさがウィークポイントかな、となんとなく思…

短歌 52

寝坊したけれど車は飛ばさずに たいせつなこと忘れず生きる 夏なので冷そうめんにしましょうか 暮らしの単位は2や3や7 雨の夜のヨドバシを出て天才にペンは一本だけあればいい 小指には小指の役目おまんこにひとさし指を差しいれるとき 僕もただ「既読」を見…

ワールドカップ 3行メモ その4

チュニジアvsオーストラリア ・これで視聴21試合目。なかなかサッカーに飽きてきたところにやってくる試練の引き弱カード。 ・相手を自陣に引きこんでからのロングボールでオーストラリア先制。今回も拮抗したゲームだったけど、狙いをより表現できたのはオ…

ワールドカップ 3行メモ その3

ウルグアイvs韓国 0-0 ・試合と試合の間に20分ほど眠って、「辛ラーメン」も食べたのでちょっと目を覚ましてみることができた。 ・韓国はありえない速さのミサイルプレスを敢行。ウルグアイもなかなか肉弾的なチームなので、サッカーというよりレスリングの…

短歌 51

僕にしか見えない月が天上にあり死ぬまでに突き止めてやる みだらな日……、 氷はたいてい指よりも冷たくて夜の開店準備 溶けてゆく鉄を見つめてアイドルの永遠なんてつかの間だろう 着衣では生きてゆけない人たちの雨の都市でのひそかな出会い 金がないころの…

ワールドカップ 3行メモ その2

フランスvsオーストラリア 4-1 ・どちらにも見ていて楽しいような工夫・見どころはなく、とりあえず個人能力の差でフランスが勝ったという印象のゲーム。 ・オーストラリアはやはり厳しい。フランスもこれではベスト16ぐらいがせいぜいではないか。 ・(前回…

ワールドカップ 3行メモ

イングランドvsイラン 6-2 ・イランはとても覚悟の入った、引き締まった試合の入り(カタール比)をしたけれど、イングランドが実力でそれを粉砕したという感じ。 ・てか試合時間長すぎだよ! 名目上120分くらいやって延長戦戦ったみたいになっていた。 ・ベ…

ポケットモンスターSV ネタばれあり感想

トップページ | 『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』公式サイト 11月18日に発売された「ポケットモンスター」の最新作を、発売日の0時から最低限の睡眠を挟みつつぶっ続けでプレイして、……プレイ時間36時間くらいでやっとクリアしました。*1 …

LiSAとメッシは生年月日が全く同じらしい

Abemaでワールドカップ直前番組を見ていたら、LiSAさんがいて、いきなり「注目の選手はアルゼンチンのメッシ選手です。私、じつはメッシ選手と生年月日がまったく同じで…」という話をしていてびっくりしてしまった。 いいな~。いや、俺もひょっとしたら何ら…

ペンキは食べ物みたいな感じではないのにね。~リチャード・ブローティガン詩集『突然訪れた天使の日』~

突然訪れた天使の日―リチャード・ブローティガン詩集 - Amazon.co.jp という詩集を読んでいた。 ぬりたてのペンキ葬儀屋の前を通るとぬりたてのペンキの匂いを思い出し胃のなかにその匂いを感じることができるのはなぜだろう? ペンキは食べ物みたいな感じで…

2/(3+α) ポケットモンスターSV

ポケットモンスターSV その4 オープンワールド レジェンドルートの「ぬし」をすべて倒した結果、マップを移動するスキルがすべてアンロックされ、世界を自由に駆け巡ることができる*1ようになった。 今回のポケモンの舞台「パルデア地方」は全体的に急峻で、…

レジェンドルート ポケットモンスターSV

ポケットモンスターSV その1 現実では絶えて久しい経験 ゲームのはじめの部分を進めていてしばらくすると、「ポケモンバトルが大好きな生徒会長」「バックパックを背負った長髪の青年」「スマホを通じてコンタクトを取ってくる謎の存在」の3名に、おなじ目的…

「パスをスルー」と「スルーパス」はまったく別もの

「JavaとJavaScript」、「犯罪と不法行為」みたいな、字面や雰囲気が何となく似ていて、たまに「おなじものだろ」と思っている人もいるけど、実はプロパーにとっては厳密に区別された別のものだよ、というようなペアの言葉がサッカーにもあって、そのひとつ…

最近認識した語彙 100個

「これまで知らなかったけど、最近そういう言葉が世の中にあるのねと認識した語」が100個集まったので、ここで見せびらかしたいと思います。 前回は待ちきれず85でやっちゃったのを、今回は100貯まるまで待てたのが良かった。*1 べかこう ルーバー copypasta…

自分の良かったTweet

最近Tweetの全履歴をTwitterにリクエストして送ってもらったので、それをなんとなく、お酒を飲みながら見返していたのですが、そのなかで良かったものを上げていきます。 自分のTweetを上げていくので当然、評価基準は一周回っています。 詩人になったジャイ…

ドロステのはてで僕ら ほか

ドロステのはてで僕ら とある雑居ビルの2階。カトウがギターを弾こうとしていると、テレビの中から声がする。見ると、画面には自分の顔。しかもこちらに向かって話しかけている。「オレは、未来のオレ。2 分後のオレ」。どうやらカトウのいる2階の部屋と1…

好きな怪獣を育てた

飲酒コントロール作戦の一環*1として(あと生活に見通しが立ってきたので)、Nintendo Switchを購入した。 ふだんあまりゲームをやらないし、ゲームをやりたいと思うことがないので、最初に買うソフトを何にするかけっこう長い時間迷ってしまったのだが、結…

「とんずらごはん」と「CLIMB THE MOUNTAIN」

起きたらKindleのライブラリにマンガが増えていた。どうも昨夜(というかほぼ今朝)の自分が泥酔して購入したものらしい。僕の認識では生活に絶対必要じゃないものを買うのは「浪費」であり、普段は厳に慎んでいるのだが、まあお酒を飲むとこういうことも起…

ビールランキング 2022年11月

日々刻々と移り変わっていく、自分のなかでの「好きなビール銘柄」ランキング。自分を知ること、地道な定点観測作業の一環として、今回は2022年10月時点でのランキングを記録していきたい。 1位 サッポロビール園 ファイブスター サッポロ サッポロビール園 …

りんね りんね

ネットに短歌を投稿し、返歌がくれば、その人と一緒に旅行できる──そんなWebサービスを、宮崎県日向市が11月4日から期間限定で提供している。 サービス名は「ヒュー!日向 マッチング短歌」。ユーザーはサービス上で短歌を投稿するか、既に投稿された短歌に対…

ルドルフ・オットー『聖なるもの』

感覚を越えるものをただ信じることと、それをさらに体験することとは別である。聖なるものについての観念を持っているということと、さらにそれが働いているもの、作用するもの、働きつつ現れるものだと気づき、聞き分けることとは別である。 この第二番目の…

ほほえみはコミュニケーション~『ガッジョ・ディーロ』(1997)~

https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B092XY2DFF ガッジョ・ディーロ(Gadjo Dilo)は1997年作成のフランス映画。トニー・ガトリフ脚本、監督。『ガッジョ・ディーロ』はロマ語で『愚かなよそ者』を意味する。 また、この映画で俳優としてのキャリアを…

Twitterでやれ

・UFOを食べ終わった後の部屋、UFOのにおいがする。 ・ポジショントークというか、その言説が正しかった場合その人が得をするようなことを言っている人のことは基本的に話半分に聞いとく、というライフハックを実践しているのだが、結果信用している人のリス…

すき家 ほか

第2楽章の人気なくてワロた 深夜にショスタコーヴィチのピアノ五重奏を聞いていた。たぶん人生で初めて聞く曲だと思う。 ロシアの作曲家、ドミートリイ・ショスタコーヴィチ(Dmitrii Dmitrievich Shostakovich)作曲のピアノ五重奏曲(Piano Quintet)ト短…