YouTubeベストビデオ100 ほか

 

ゴロゴロほぐし塩 つな

 人の家に行ったのだが、その時僕の持ち物で、ちょうど読み終わっていた本を置いていくという話になり、その代わりとしてもらったのがこれである。まあ鮭フレークのマグロ版みたいなものですね。

 これもそもそもまた別の人からのもらい物だったらしいが、よく考えると僕が置いていった本も元をたどれば(3年くらい前のだが)もらい物である。世界は循環しているんですね。

 

 早速米を炊いてのせて食べてみたのだが、……う~んおいしいけど、鮭のほうがうまい気がする。どうも単体でご飯とあわせるには淡白なのである。

 

 料理に使おうかなとも思ったが、多くの場合で油のあるツナ缶で良さそうなのでちょっともったいない。なんかぴったりのレシピあるかな…、と思って数日たったが、思いついたのはそのまま食べて酒のあてにするというソリューション。

 これなら油のない意味があるし、ジャーキーみたいな食感を味わえるし、実際ご飯といっしょでは隠れていたツナの風味を感じておいしい。

 

 ひと回りしていちばん簡単な食べかたにたどり着くのは、熱い。

 

洋邦問わず

 メンヘラ彼女に捕囚されていて連絡が取れなくなっている友人から「このアルバム良かったよ」とラインが入っていた。折り返した結果、それに既読がつくことはなかったが、実際聞いてみるととても良かったです、キンモクセイのニューアルバム「洋邦問わず」。

 

 全体的におしゃれポップス感がありつつも、アルバムの後半とか、曲の細かいところに、僕の愛している(いい意味で)ダサい歌謡曲のテイストがあり、追い続けているミュージシャンの新たな×いつもの一面という感じがあって、非常に楽しんだアルバムでした。

 4曲目の「モラトリアムからサナトリウムまで」などびっくりしてしまったよな。でも音はおしゃれなんだけど、くしゃみの曲とか歌詞が垢ぬけなさ過ぎていいんだよな~。そしてどの曲にも思わず顔を上げてしまうようなはっとするメロディーがある。

 

 「洋邦問わず」というのは僕は初めて聞いたのだけど、検索してみたところ音楽とか映画ファンはたまに使うこともある言葉らしい。ワードとしては、使われるタイミングなどをイメージしてみると(そして「洋」が先に来るところなど)非常にしゃらくさいけど、それを、逆にアルバムタイトルにするのはなかなか味があってよいでした。

 

YouTubeベストビデオ

 

【第12回】YouTubeベストビデオ100 -2024年-

 これも複数の友人から同時多発的におすすめされたものである。僕はよく知らないのですが、どうもYouTubeを知り尽くしたYouTubeのコアユーザーが、その年のベストビデオ100を決めて、それを編集してつなげて流しているという動画*1である。

 

 最初ちょっと見てみたんですが、コアすぎて、家でひとりで流していると若干怖いんですよね*2。かといって、電車などの公共の場で流していても、僕は怖くないですがのぞき込んだ人はこんな動画を見ている僕の存在も含めてかなり怖いと思う。

 というわけで弟と一緒に見たのですが、最終的にはdopeなコンテンツでした。ランキング終盤になるにつれて、まだ浅いYouTube歴でも良さがわかるような動画が混じるようになっていき、ふつうに笑えたりする瞬間もあるのが流れとして良かった。

*1:年が変わってから投下される年ベストは信頼できる。

*2:「奥様ッソ」とか「このテープ」の生verを見るようなひりつきがある。

最近覚えた語彙 178個

 

その前の最近:

最近覚えた語彙 199個 - タイドプールにとり残されて

 

ヘミオラ
prowess
トレス海峡諸島民
わからん殺し
リリーフウェル
ロックウール
ミディ運河
逃散
アクロ体操
ditch
last straw
ノンデリ
グリルドチーズ
エピペン
作硝丘
剽悍
テクスチャハック
ブワ
パキる
ボードビリアン
自己剽窃
清里高原
鮭児
サイロ化
オーバーレブ
301リダイレクト
クローキング
移動養蜂家
御食つ国
クライオニクス
sugar daddy
鍋肌
無機栄養生物
VLOP
ジャッグル
シャッカー
ザンビーフ
グレー水素
ブルー水素
グリーン水素
飲水思源
水蒸気改質
ホワイト水素
ゴールド水素
裂罅
射流
ミートカーソル
ステゴロ
血道をあげる
ビーストメーカー
板マン
氷河粉
モン系アメリカ人
日本海固有水
クラッシュ症候群
New Year's Resolution
Arvo
スロッシング
溢水
尻に帆をかける
twirl
校合
世界都市博覧会
ファイテン
オランダ焼
cartographer
お菓子まき
honey badger
著効
アンチモニー
流言は智者に止まる
ローリングストック
挫滅
饕餮
天火
黄金の三角地帯
tinseltown
tinsel
ワサオーロシート
EST
オカヒジキ
ヤラカシ
牛深ハイヤ大橋
間知石
駑馬
サンボ
商業活動調整協議会
ドロネー図
アファンタジア
SDK
エルパト
遠近多少にかかわらず

コントーション
アイスボックスクッキー
まほら
葉序
somerset
デリンクユ
ガランティー
センチナリアン
射込む
白色腐朽菌
パウダリー
ブリム
武器軟膏
電気行火
雪解星
アイス・ナイン
リサイクルカイロ
ポリウォーター
ペイロード
シャミアの秘密分散法
HuggyWuggy
しもんきん
勝手読み
ジュエリーアイス
ライトスタッフ
巾着切り
オンネトー
カペリン
プリンキング
たことんび
ちゃんちゃん焼き
ベリカード
ナースエイド
駅勢圏
ラザロ分類群
カーニアン多雨事象
幣舞橋
christening
finders keepers
パット・オ・ブール
近接航空支援
トロピカルピート
ラスソン
暈倒病
OSMO
止め字
pow day
デビルズコークスクリュー
海外動仕
旧翅下綱
都邑
工場建屋
日間賀島
ケッタマシーン
雪消し
土渕海峡
名称ターン1 
スリックバック
ストロガニナ
クリスマスハム
すんき漬け
畳み込み
コンクリートマイク
ループクンド湖
レッド・ハンド・デー
リアクションシューター
フィデース
ロアノーク島
コンマイ
ホッケ柱
ドバイフレーム
巻道
ステる
伝聞証拠禁止の原則
ABC兵器
桜梅桃李
ステノタイプ
ハンス島
ドッガーランド
ナジノ島事件
スナバコノキ
装載艇
海象
ニューギニアン・シンギング・ドッグ
バイアニクストイレ

 

もっと前の最新:

最新の語彙 167個 - タイドプールにとり残されて

ドラクエ7プレイ日記10 マブマブロマンチックだぜ!人魚の月

 

ハーメリア

 転職禁止期間が発生するハーメリア。タイミングはうろ覚えですが、この渦巻にはいるところなどはかなりそれっぽいのですこしためらっている様子である。胡乱なキャリアプラン*1 のせいで、パーティーはいま3人全員僧侶なのだが、はたして無事に攻略できるのだろうか。

 

 結果:ふつうに1敗*2、つぎは勝てそうなところまで行ったのだが操作ミスで時の砂を使ってしまってほぼ1敗*3。その後のやり直し戦でなんとか勝利しました。

 

かなりしんどいシーンのはずなのにお子様旅だと緊張感がない

 

 過去ハーメリア終了後はやることがけっこうある。まずはメザレで魔法のじゅうたん回収である。

 

  • 二コラとメイドが記憶よりもかなりマブマブで良かった。絨毯との引き換え条件が、幼いころ一緒に本で見た「人魚の月」をみせることってロマンチックである。

 

 で、メザレから最短距離でハーメリアへ……、行こうとすればとちゅうちょっと寄り道でメダル王の城にも行ける、というゲーム設計である。今回はメダルだけは攻略サイトを見てできる限り回収している、さて何枚あるかな。

 

 50枚でした。……てことはまあまあ逃してるな。本来53くらいあるべきだと思うのだが……。えー、どこのどれ…。

 

 ハーメリアで山奥の塔のイベントを進めかけたが、……熟練度稼ぎの効率を考えるならさきにメルビンを仲間にしたほうがいいなと思いつき、こちらから進めることに。この辺のフラグは覚えていないので複数都市を何度も行き来してしまったがそれも大丈夫。ついでに移民を集めたからね。

 こういういやでも歩き回らないといけないときについでにほかの作業も進める。これはビジネスでも基本である。

 

 ちなみに移民も将来的なグランドスラム*4を目指して、バーテンダーや荒くれ、囚人などを中心に集めていく。ふつうのおばさんはすみませんがお断りすることになる。

「世界一高い塔」、好きなダンジョンです。名前がいい
  • ブルジオが弱音を吐くのが可愛かった。一方、弱音にたいして主人公一行は頼れる発言を繰り出し、いつの間にか冒険者として板についてきたなあという感じがして感無量である。

 

 ちなみにメルビンの職業は僧侶にした。いま3人僧侶なのでそっちのほうが輪に加わりやすいかなという配慮である。

 

 保留していた山奥の塔イベントもクリアする。ほかにも海底都市などを回り、石板を回収していく。

 

 ただほかにもこのタイミングにおいて現代でやることはまだある。つぎはそれを片付けていきたい。

 

最初:ドラクエ7プレイ日記1 エスタード島に流れる時間 - タイドプールにとり残されて

*1:現実と同じである。ゲームプレイは現実と韻を踏むのだ。どうぶつの森の思い出 - タイドプールにとり残されて

*2:1ターンで笑いながら薙ぎ払い+氷の息を引いたらそりゃ死にます。

*3:これがあるので時の砂を持つキャラは最後尾に置かないほうがいいです。

*4:グランドスラム作ったことないので今回はぜひ作りたい。

イェジー・コシンスキ『ペインティッド・バード』

 

 二次世界大戦下、親元から疎開させられた6歳の男の子が、養い手を失い、東欧の僻地をひとりでさまようことを余儀なくされる。少年は、ユダヤ人あるいはジプシーと見なされ、地域住民から強烈な迫害を受け、また、ドイツ軍の目を逃れながら、生き延びていく。危機を何度もくぐり抜けながら、少年がおのれの目で見、またその身で経験した、暴力、虐待、性的倒錯の数々が、グロテスクなまでに展開されていく……

図書出版松籟社ホームページ :: ペインティッド・バード

 

読む前

 じつはこの本はけっこう昔から知っていて、実際棚から手に取りかけたときも2回くらいあったのですが、結局最後に精査する際に「まあ今回はいいか」と何度も見送ってきたものである。

 

 世の中にはエロ・グロのポルノが実質的な内容の大部分となっていて、でも「文学」の一環としてやっていることなのでこの作品はじつは高尚なんですよ、という顔をしている本がいくつかあると思っていて、まあそれはそれで面白いと思うときもあるのですが*1、個人的にはあまり好きではないんですよね。

 というわけで上掲した公式あらすじの最後の部分「暴力、虐待、性的倒錯の数々が、グロテスクなまでに展開されていく……」を見て、これもそれじゃないか?と警戒して、最終的には読まなかったのである。

 

読んでいる途中

 この本は第二次世界大戦中のヨーロッパ東部で、たまーに友好的な人もいるけど基本的にはどの村でも迫害される主人公の子供が、村を転々としながら、それぞれの村で起こる出来事を語っていく一話完結、みたいな話になっている。主人公は危険な目やしんどい目には合うものの、物語の主人公としていちおう加護は受けているので、そこが主題にはならず、どちらかというと狂言回しの役目である。

 

 ストーリーのひとつひとつが印象深く、また全体として狙いがはっきりしているというか、仕組みがわかりやすいつくりになっていて、シリアスな作品というよりはパロディ*2という感じ。

 全体としてよくできたフィクションだと思ったし、作品としての重点はよくできたフィクションを作ることに置かれていて、まあ、嗜好が前面に出ているようなポルノではないのかなという印象を受けました。*3

 

読んだ後

 この本には作者によるあとがきと、さらに訳者による解題がついていて、作者のあとがきはちょっと持って回った雰囲気で作品について語ったもの。そして解題は作品が受容された当時の状況や、作品に付属した読者たちによる論争について説明するものである。

 

 このふたつのテクストを読むことで、最終的に自分の中でこの『ペインテッド・バード』という小説についてなにを言えばいいのかよくわからなくなったんですよね。読む前から数えると、4回くらい、この本について持った意見を「ちょっと変えなきゃいけないな……」と思うタイミングがあった。

 

 これは読むだけじゃなく、ある程度調べたり教えてもらわないとわからないんだろうな……。

 

まとめ

 ……という経験をした作品でした。そんなに万人向けではないかもですが、ページ数も少ないし、あとやっぱりあとがきと解題でおおきくそれまでの印象が揺さぶられる経験ができる本というのもなかなか珍しいと思うので、ぜひ、興味があったら、数度迷った末でもよいので、手に取ってみてはいかがでしょうか。

*1:なんか生産的な読書をしたいなと思いつつ、体はだるくて身が入ってない日とかはこういう戦略の作品をありがたがれる気もするが。

*2:全体としていわゆる「教養小説」という形式のパロディをしている感じですよね。

*3:ここは諸説あるかもしれません。

短歌 81

 

豆苗の伸びる速さで一日は流れ今年も出す休職届

 

 

鞄には氷砂糖のお土産があって水中、スクリュー回る

 

 

映画にはこの世にはいないひとばかり出てて君に会いたくなる夜

 

 

病んだ貝生け簀に沈みこの次もきっとこの店でやる飲み会だ

 

 

2年前残して帰ったジン今も揮発しつづけるあなたの部屋で

 

 

通話しながらご飯を作る夕暮れに どんなアドバイスもうけいれる

ドラゴンズブラッド ほか

 

ドラゴンズブラッド

 ちょっと前の記事で「HEM」というブランドのお香を買いはじめたと言ったのですが、それが最初のひとセットを使い切り、最近2個目を買った。微妙にセットのラインナップが違っていて、新しく入っていたのがこちら「ドラゴンズブラッド」である。

 

単品だとこんな感じ

HEM(ヘム)お香コーン ドラゴンズブラッド 1ケース(10粒入り1箱×12箱)

 

【樹脂香レビュー】ドラゴンズブラッド(インドネシア産)

 何か調べてみたところ、「龍血樹」として知られる木の樹脂のようですね。木自体のフォルムもめちゃくちゃカッコよく、そこから取れる「赤い」物質ということでかなり少年心をくすぐられる。

 

 香りはなんかリラックス、という感じじゃなくて僕がお香をたくときの目的とはあまり沿わないが、でもなんかカッコいいから許せちゃうな。

 

ウォルターズ

【本場ドイツのプレミアムビール】ウォルターズ・ピルスナー 330ml×24本 [1ケース] Amazon

 そんなにヒットはないとわかっていながら、タイムセールなどがあるとついやってしまう知らない海外ビールケース買い。今回は「本場ドイツのプレミアムビール」らしい、「ウォルターズ」というのを買いました。

 

Wolters: Products

 ぱっと検索したところ日本語の公式サイトはなく、草の根輸入業者に頼るしかない、ちょっとレアめのビールのようですね。

 

 味としては、個人的海外ビールを楽しむときの障壁になっている薬品っぽい匂いが、これは比較的抑えめで、あとはちょっとチョコっぽいフレーバーがあるふつうの薄い飲みやすいビールである。……ほかの日本のビール例えば一番搾りとかが冷蔵庫にあれば、まあ一杯目はそっちにするかとは思いますが、それでもトータルとしてはたまに買うなら悪くない味である。

 

 一番いいのはマットなブルーで決めてる缶のデザインですかね。これは美しい。集合住宅でもどや顔でごみに持っていけるであろう。

 

フランク ピアノ三重奏曲第1番

FRANCK: Piano Trio No. 1 - ChamberFest Cleveland (2022)

 最近見つけた好きな曲がこちら。ちょっと前に高校からの旧い友達から「君クラシック好きだったよね。最近聞いてみようと思ってたんだけどなにか教えてよ」みたいなラインがあって、やり取りをするうちに、モチベが湧いてみてまたいろいろ聞いてみたのである。

 

 クラシックはただたまに聞いているだけで、人におすすめできるような熟練度があるわけでもないのだが、でも自分の好きなことで、周りに当然にはおなじ趣味の人がいないようなことを、友達から「教えて。話して」といわれるとうれしいものですね。

 

 フランクのこの曲は切るリズムの持つ緊迫感とその前でフレーズを弾くヴァイオリンが素晴らしい第一楽章から始まって、ずっと凛としていてかっこいい曲です。しかも調べてみたら作品番号1! 本当はどうかわからないけど一曲目でこんな普通にかっこいい曲できるのね。

23-24UEFAチャンピオンズリーグ ラウンド16 1stLeg ライプツィヒvsレアル・マドリー 

 

 というわけで今シーズンもCLの後半戦が開幕しました。見ていく。

 

前半

 ゴール前のシーンを入りから作られ続けて不吉な入り。攻めてはクロースからの展開が悪くはないような気がするんだけど、やはりすこし後ろ重心になっていて、ボックスのところでの決め手がない。

 セット守備は状況に応じて前3枚だったり2枚だったり1枚の並びを作っていて、4-4-2ダイヤモンドの理想ともいえる臨機応変な動き。ただネガティブトランジションでは相手に自由を与えている印象があって、スコアが動くならここだろうなという感じである。

 

 審判は、……テクニカルには正しいのかもしれないけど、印象としてはマドリーに(大丈夫かな…とおもうくらい)有利な笛を吹いてくれていますね。

 

後半

 圧倒的個人技で先制。そのあとも危ういは危ういんだけど、「強いマドリー」の雰囲気を感じさせて、こっちが感じているプレッシャーよりもライプツィヒがマドリーに感じているもののほうが大きいんだろうなという感じである。

 そのまま試合をクローズして、1点のアドバンテージをベルナベウに持ち帰れることになりました。(๑•̀᎑<๑)وGOOD

 

 以下気になった選手です。

 

ルニン

 素晴らしかった。凄みみたいなものも出てきたのではないですか。でも昔のナバスの例を考えると、クルトワがずっと怪我してたとてマドリーで幸せになれる気がしないんだよな……。今季のプレーを宣伝材料にして、1stで大事に使ってくれるところに行くのがいい気もする。

 

チュアメニ

 だれかと話すたび「本職CBいないんだよな~、マジつれーわ」とミサワ顔をしていたが、チュアメニを本職CBじゃないというのは失礼な気もしたくらいな完璧なプレー。たまたま本職CBじゃないだけすぎる。

 

カマヴィンガ

 中盤でとりあえず預けてOKになるスーパープレイヤーぶりを見てやっぱ中盤の選手だよなと思った。ちょっと昔はもう左SB本職にしちゃいなよとか思ってたけど。自分恥知らずすぎる。

 

バルベルデ

 ほかの若い衆が自分の強みを見せてプレーしているなか、持ち味を出すことは求められないちょっと地味な仕事を押し付けられている感があってかわいそうではある。……けど、プレーのクオリティは高く、すさまじい貢献量である。

 

ブラヒム

 誰かの代わりではなくて、自分の出来ることを続けて結果を出した。カッコイイ! それ以上のことについては……、切ないので言わないようにします。

 

ライプツィヒ vs R・マドリードUEFAチャンピオンズリーグ 2023-24 ベスト16 1st leg/1分ハイライト【WOWOW