「市場魚貝類図鑑」を読みながら魚を食べている

 

 近くにふたつ魚屋さんがあるため、魚をめちゃくちゃ食べている。どちらの魚屋さんも、スシローとかで見るようなのよりもちょっと多めの種類の魚が売っていて、それを見かけるとやっぱり気になって買っちゃうんだけど、それを食べるときにめちゃくちゃ見てしまうサイトがある。

 

市場魚貝類図鑑 ぼうずコンニャク

 それが「市場魚貝類図鑑」である。「ぼうずコンニャク」というのはサイト管理者の名前で、基本的にはその人ひとりの手によって運営されているサイトらしい。

 

 2500種類以上、市場で見かけるものであればほぼすべての種類の魚や海産物がのっているらしく、しかもただ載っているだけではなく、そのひとつひとつに生息域や市場での扱われかた、歴史的・地域的な利用法だったり味わいや料理法だったりが、大量の写真、そしてシンプルながら味わいのある大量のテキストで記述されている。

 

キダイ (レンコダイ) | 市場魚貝類図鑑

 たとえば、これが僕が今ちょうど夕飯に食べているレンコダイという魚のページなのだけど、すごくないですか。

 

三枚に下ろして血合い部分の骨を切り取る。これを刺身に切る。血合いが美しい。食感がよく、身本来の甘味とうま味を堪能できる。

キダイ (レンコダイ) | 市場魚貝類図鑑

 刺身の項の文章*1がこちら。お魚はふつうに食べてもおいしいのでいいんですけど、やっぱり情報とともに食べたいじゃないですか。日本語インターネットが使える日本人なら「情報と一緒に食べたい」と思ったら、どんな魚でもちょこっと検索するだけ*2でそれができるって信じられないことではないでしょうか。

 

ぼうずコンニャクのWEB寿司図鑑

 魚だけではなく1600以上の種類の寿司が記載されている寿司図鑑や、

 

ぼうずコンニャクの酒日記

 「魚と言えば」な日本酒レビュー集。

 

コラム「船場汁と船場煮」 | 市場魚貝類図鑑

コラム「さばへしこ・こんかさば・さば糠漬け」 | 市場魚貝類図鑑

コラム「沖鱠」 | 市場魚貝類図鑑

 そして種々のコラムと、ありえないくらいのテキストコンテンツがある。ひまなときなどに無限に読んだりするのですが、とても楽しいです。

 

実は20歳まで魚介類が苦手で、食べる事が出来なかった。

山間部で生まれたため、あまり魚介類と接点がなかった。

静岡のとある料理屋さんで食べて見たら、

そこの調理の仕方が口に合ったのか、

きちんと料理されていれば、美味しく食べられることがわかった。

そして色々調べ始め、独学で日本料理を始めた。

今では、何でも捌けるようになり、どんな料理でも

出来るようになってしまった。

水産アドバイザーの藤原昌高にきく驚きの食べるお魚の話。 | あさナビ | ニッポン放送 ラジオAM1242+FM93

 どういう人なんだ…、と思って調べてみたら、管理人の「ぼうずコンニャク」氏のインタビュー記事が見つかったが、無事化け物だった。

 ぴたっとハマるものがあればどこまでも熱中出来て、どこまでも生産できるのが人間の凄さだよなと思いました。「市場魚貝類図鑑」、お魚図鑑である以前に、人間賛歌でもあるんだな……。

*1:今食べているのは刺身なので。

*2:ちょっと珍しい魚をグーグルで検索するとだいたいこのサイトがトップに来る。

イギリスパン、ドイツパン、フランスパンはあれど…

 

 …日本のパン、「ジャぱん」はない。ならば、これから作るしかない。この物語は熱き血潮が宿る太陽の手を持つ少年、東和馬が日本人による日本人の日本人のためのパン、「ジャぱん」を作っていく、

 

 一大抒情詩である。

 

焼きたて!! ジャぱんを観る | Prime Video - アマゾン

 ……というアニメを見ていました。同世代だったら冒頭の語りをよどみなく暗唱できる人も多いのではないでしょうか。*1しかし、原作も含めてたまたま世代だった人以外は履修しないだろうし、これから先生まれてくる下の世代にも履修されることはないであろう作品である。

 

 ただ見てみたら、(パンタジア新人戦終了までは)けっこう面白かったのでけっこういろいろな人が見てもいいのではないかと思いました。いいところはいくつかあるのですが、1点だけ、新人戦のいちばん盛り上がるところの盛り上げかたの巧みさを推したい。

 

 このアニメのいちばんおもしろいところは、パンタジア新人戦編の、もちろん決勝戦、――ではなくその1個前の準決勝である。憎めない相棒役、河内恭介のパンが無残に崩れ、手から零れ落ちていく準決勝第1試合のあと、主人公の東和馬が、(おそらくこの作品を見た人にとって一番印象に残っているであろう)最強のパンを作るんだけど、主人公は終始ずっと悲しい、達観したような表情でパンをこね、発酵させ、焼いていく(そして食べた審査員は死ぬ*2)んですけど、ここが本当にドキドキするんですよね。*3

 

 この最強パンは、ちょっと身もふたもない理由でおいしいので、グルメマンガ的にはそんなに説得力はないのだけど、それを無理やりこれまでのストーリーテリングと演出で違和感なく通しているのすごいと思う。

 あと、このパンに必要なキーアイテム自体はちょっと早めの段階で登場させて、ずっとヒロインに背負わせているというのも、ぽっと出感をなくすための些細だけど重要な工夫だと思った。

 

 個人的に好きなキャラは、昔から変わらず冠茂です。ピンク髪低身長声高め丁寧語ベイビィフェイスあざとかわいハーバード飛び級卒業天才少年で、雪乃に対する面従腹背っぷりがとても良いです。

 あと、口がうまくて人を説得するのが上手*4、目的のためには手段をえらばない、それでいて先輩にはなついていたり、好意を表現するときはストレートだったりしていて、どの要素も大好きです。

 

 ちなみにこのアニメ、モナコカップ編以降はまったく面白くない。打ち切りで終わります。原作も最終的にはすべてが崩壊してめちゃくちゃなまま終わる。なので、廃墟とかが好きな人は最後まで見るのをおすすめします。

*1:そして、「ホウキ星」のイントロが流れてくる。

*2:これはまあ嘘なんですが。

*3:覚悟を決めたつよつよ主人公が敵を神妙にボコるシーン、いつになっても好き。

*4:その結果河内恭介は「ある目的」のためにモナコカップエキシビジョンでは自ら身に小麦粉を塗ってパンとなり、そのまま展示会場で脱糞することになってしまう。(アニメ版では若干描写はマイルドになって脱糞は免れた)

八角 ほか

 

八角

八角ってどんな魚? 北海道ならではのおいしい魚の正体と食べ方|PREZO(プレゾ) - 北海道の豊かな恵みを産地直送

 スーパーでみなれない「ハッカク」という魚の刺身が売ってたので半信半疑で買って食べてみたらめちゃくちゃ美味しかった。

 

 見た目はエンガワみたいで、なんか変な味がしそう、おいしそうじゃないんですよね。めっちゃ売れ残ってたのでおなじこと思った消費者多かったのでは?と思う。

 でも、食べた瞬間油の甘みがすごくて、……ちょっと魚臭さはあるかなって感じなのだけど油の甘みと溶け合ってるので問題なし。身は柔らかいけど筋の歯ごたえもあって、でも気に障るほどではなく、ぴったりの時間で口の中で消えていく感じ。うまみも過剰なぐらいあって、なんだこの美味しい魚は……、となりました。

 

八角は比較的珍しい魚ゆえ、美味しく食べられる以上のことは分かっていないことも多いのだそう。旬についても明確ではありませんが、味の良さから12月~2月の冬と言われています。

八角ってどんな魚? 北海道ならではのおいしい魚の正体と食べ方|PREZO(プレゾ) - 北海道の豊かな恵みを産地直送

 そうなのか……、よかった~食べれて。みなさんもスーパーで見かけたら絶対買ったほうがいいですよ。*1

 

純米吟醸 清須


 「純米吟醸 清須」というお酒を飲んでいた。いわゆる「お水のようにするする飲める」お酒で、甘口とも辛口ともつかない珍しい味わいである。お米の甘みはするんだけど、フルーティーというほどではなく、むしろ薄い甘みですっとした味なので食事にあわせる酒として十分通用する。アルコールの堅さは控えめなんだけど、後味がちょっとだけ辛くて、それが引き締めている。

 系統としては僕の好みではないんだけど、機能としては僕の好みのお酒と同じ役割を果たせる。不思議なお酒だ……。お刺身とかより味の濃い和風のおつまみ、おでんとか焼き鳥とかとあいそうである。あとチーズも良いと思う。

 

 ほかの日本酒より一回り安く買えたのでそれもうれしい。

 

あるあるだとうれしい話(共感が欲しい)

 Ctrl+Zって普段みなさん使いますか? 僕は使うんですが、仕事用のパソコンとプライベートパソコンでコントロールキーとファンクションキーの位置が逆になっているので、月曜日とか土曜日にはよく押し間違えるんですよね。

 

 で、テキストエディタとかをいじっているときに、間違えてCtrlの代わりにfnを押しながらZを押すじゃないですか、そしたらエディット画面に「z」が出てくるわけですよ。

 「間違えました…ρ(´-_-`●)」と思ってzをBackspaceで消すじゃないですか。で、も一回、さっきまでCtrlだと思っていた(実際はfnだった)ほうじゃないほうのキー(実際はCtrl)を押しながらZを押すじゃないですか。そしたら、画面に「z」が出てくるわけですよ。

 その結果、あれ!? こっちのキーもCtrlではないの!?ってすごく焦る(実際は、「元に戻す」が無事発動してさっき消した「z」が戻ってきただけ)じゃないですか!!! 自分の認識が、根底から揺るがされるような焦りである。

 

 これまじで毎週やっているので、共感を集めたい。わかる~って思う人がいたら教えてください。

*1:と思って数日後にも買ったら今回はめっちゃ臭くてワロタ。湯引きにしてポン酢かけてなんとか食べました…。

「引きとめたい」について

 

 そして、大学三年の冬の学期中のある日、穂乃果が突然、ルームシェアを解消したいと言いました。私は、穂乃果を引きとめる言葉をひとつも思いつくことができませんでした。ただ、来るときが来てしまったのだな、と思ったのみでした。

 そして、何事もなく一週間が過ぎ、穂乃果はいなくなりました。

#2 引きとめたい | μ's短編 - XHFの小説シリーズ - pixiv

 

 ラブライブ!にハマっていると、このスクールアイドルとかいう得体のしれないことに力を入れている彼女らが、数年後や数十年後、どのような大人になってどのような人生を歩んでいるのだろうか…? ということについて多くの人が真面目に考えるじゃないですか*1

 

 当時僕も自分の体験として、大学卒業~就職の時期を「堅く」いった人と、「あいまいに」いった人とが、同じ目線や密度で交友関係を続けていくことってなかなか難しいんだなあ~、ということを実感していたところだった。

 その真面目な考えや実感が、この園田海未高坂穂乃果が大学在学中にルームシェアを開始し、それが解消されるまでの経緯とその数年後、偶然道端で再開するところを内容としたこのssのボディとなっている。

 

body

 個人的な話ですが、フィクションを作るとき、上述したような「作中で起こる出来事についての考えとそれについての当座の結論」のほかに、(感性に訴えかけてくるような)印象的な小道具・シーン*2と、あと、説明しにくいんですが、作品のなかに組み込みたい仕組みとかギミック、構造というのがあって、その3つがfixされると、詰まらずに最後まで作り切ることができる、という感覚がある。

 「印象的な小道具・シーン」となったのが「さまざまなアイドル研究部bot」のこのツイート。「置きっぱなしのギターを弾く」、いいなあ~😋となって、それから逆算してお話のほかの部品が決まっていくことになる。

 

 現在の話と過去の話を交互にやる、というカットバック方式が「しくみ・構造」*3。べつに珍しいものではないが、過去パートは(オチは現在パートの頭で話しているので)どのように結末に向かっていくかを楽しむ倒叙式、現在パートはそれを踏まえて、関係性にどう区切りをつけるのかを楽しむ正規の叙述、となっているのが工夫したところである。パートごとの呼応も頑張って作っている*4感があって読みかえすとほほえましい。

 

ほほえましい

 あと、文体についてもちょっと触れたいのだけど、この時期「真姫ちゃんが猫になった話」というべつの長いss*5も製作中で、それはなるべく比喩とかは使わない、シンプルな述べを心がける、という方針で作っていた。

 そのため*6、「引きとめたい」は反動で、けっこう文章の装飾が多めである。

 

 とくに冒頭部分*7はすごいですね。「穂乃果の歌がなじみのある場所で聞こえてきたので、そこに向かう」というだけの内容なのですが、非明示的な回想や、冗長な表現、セリフ、あとまだ出てきてない作中要素をほのめかしつつの言い回しとかがあって非常に読みにくい文章になっている*8

 ……ここに関しては、最初の数文はなんのことを言っているのか、いつどこの話でだれが何をしているのかわからないけど、海未が穂乃果の歌声を同定したタイミングでなんのことを言っているのかがわかる、ピントが合う、みたいな感じにしたかったので、これはもくろみ通り成功しているのではないでしょうか。

 

 まあ、読み進めると「無遠慮な考古学者のように」みたいな、「それはいらんだろ」みたいな装飾もあったりするので良し悪しですが……。*9

*1:少数派かもしれない。

*2:個人的にはモチーフと呼んでいる。

*3:個人的にはこれけっこう好きでいちばん最初に作ったフィクションもこれだったし、その後も愛用している。

*4:いま作るんだったらここはさぼるだろう。

*5:8万文字くらいある。

*6:まああと、1人称の語りなので語り手のキャラの違い、使いそうな言葉や言い回しの違いという要素もあるのだが。

*7:♪」まで。

*8:かわりにキャプションにあらすじはがっつり書いているので、ここを読んでくれ~、読んでる前提ですよ!みたいな心境だった。

*9:あと、もう一点(そのころはあまり意識してなかったからしかたないのだが)、話全体を通したテンションの制御ができてなくて、ちょっと一本調子かなあと思っている。もうすこし内容を削ってメリハリをつけるのがいまの好みだけど、それをしちゃうとまあ別の話かなあという気もする。

SASUKE公式YouTube コンテンツが太すぎるだろ…

 

 ここ数年、個人的にSASUKEの宣教師をやらせてもらっており、遊びで人と会うときには必ずどこかのタイミングで、「あ、おしゃべり中ちょっとごめん。10分だけ僕に時間をくれないか? ありがとう。……実はSASUKEというものについてみんなにも好きになってもらいたくて、ちょっとだけ話をさせてほしいんだけど」というふうにSASUKEの布教をしている。*1

 

 でも最近、布教をするまでもなく、僕が「SASUKE…」と切り出した瞬間に、「あ! わかる、私も最近実はSASUKEちょっと気になっているんだよね」といわれることがとても増えた。

 

 その理由のひとつとして、SASUKE公式がSNSを総動員してSASUKEをコンテンツ化、そして広く魅力をアピールし始めたということが大きいと思う。

 

 そしてその主砲となっているのが、「SASUKE Ninja Warrior【TBS公式】SASUKEチャンネル」である。前回のSASUKE放送はもう1か月ほど昔なのだが、放送を補完するさまざまな映像コンテンツ(しかも良質!)をずーっと更新し続けている。

 まじで毎日が楽しみだし、公式がこれほどの熱量を持ってくれていること、公式が自分たちのコンテンツを「こんなに魅力的なんです!」と発信し続けていることに、1ファンとしてすごく勇気をもらっていて、毎日なんか泣けるのである。。゚(゚இωஇ゚)゚。

 

 というわけで、SASUKE公式YouTubeのおすすめ動画をいくつか紹介していきたい。まずはこの、歴代大会における挑戦者たちの戦いを、ポイントを押さえて15分くらいでまとめている動画のシリーズ。

 動画タイトルに【歴代大会38/39】と分数が書かれているのが見えると思うのですが、この分数通り、本当に全大会分のダイジェストが公開されています。因習にとらわれた日本放送界*2とは思えないほどのホスピタリティである。

 

 そしてやっぱり、SASUKEの本質といえば、おなじ目標へ挑む挑戦者たちのつながり・関係性のストーリーなのです。

 ……もちろん一般人を含む常連挑戦者たちのものがトロなんですけど、最初は漆原…誰? 日置…誰? パルクール佐藤きゅん…誰? 山田勝己…ああ、水曜日のダウンタウンとか相席食堂に出てた人ね、みたいな感じで知らないひとばっかりであんまり乗れないと思うので、まずはサスケに魂を吸い取られた芸能人たちから見ていくのが吉です。

 

 ゴールデンボンバー喜屋武、Snow Man岩本、……とあと霜降り明星くらい挙げておけば、だれか一人は興味ある人がいて動画をクリックしてもらえるのではないか。いや~でもまだ範囲を十分に取れているとはいいがたいかな。もっとたくさんの影響力ある芸能人にサスケを愛してほしい。

 

 最近はバラエティ出演による番宣も活発にやっているみたいで……。もっともっとでかいコンテンツになってでかい顔してくれ~~。と思いました。

 

 SASUKE。面白いです。みなさんもぜひ見てね。*3

*1:ここ数年のあいだに僕と会ったことがある人には(嘘も多くついているブログだが)これはまじで本当にその通りだとうなずいてもらえると思う。

*2:イメージです。

*3:見ていないのはあなただけですよ。

図書室の思い出

 

 もう今ではいっさい本を読むことはなくなってしまった*1が、子供のころは学校の図書室の常連だった。たまーにクラスで開催されることがある、読んだ本の枚数シールがもらえて、それを掲示された紙に張っていって競う「読書リーダーを決めよう」みたいなイベントでもしっかり上位ランカー*2であった。

 

 そんな時代の愛読書をいま検索して見つけて懐かしむ、というのにはまっているので、一部を紹介していきたい。

 

こども10大ニュース〈1990〉- Amazon

 ひとつめがこちら「こどもニュース研究会」著のこども10大ニュースである。これ好きだったんだよな。ニュースの解説の合間にポスターが入っていたなあ…。

 

 すみません。今日は懐かしむだけで、なにがどうだったとか、ここがいまでも役にたっているとか、そういうのはないのですが……。

 

1 東西ドイツ統一
2 小選挙区比例代表制答申
3 合併で新銀行が誕生
4 女子高校生校門にはさまれ死亡
5 サッチャー英首相辞任
6 生体部分肝移植の裕弥ちゃんの死亡
7 長崎市長、銃撃される
8 働く女性三人に一人をこえる
9 ペルー大統領に日系フジモリ氏就任
10 「花の万博」開かれる

こども10大ニュ-ス 1990 / こどもニュース研究会【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア|オンライン書店|本、雑誌の通販、電子書籍ストア

 ちなみに「10大」の内容はこんな感じらしい。これが各年ごとにあるんですよね。渋いな。

 

液体インベーダー :R・M・ファーリィ/福島正実 - 国土社

 このシリーズも懐かしい……。液体生物と科学者が戦う話なのですが、最初に液体生物に攻撃されたとき、ある科学者がとっさに手元の塩酸をぶちまけて液体生物を撃退するんですけど、その時「科学者ってのは何かあったとき、手元にある薬品で反射的に中和しようとする性があるものなのサ…」みたいなことを言ってて、子供のころの僕は「科学者ってスゲー…」と思い、そのあと4年くらい将来の夢は科学者でした。

 

漫画人物科学の歴史 世界編13巻・日本編5巻・別巻2 全20巻(山崎正勝・木元忠昭・奥山修平 監修指導) / 古本、中古本、古書籍の通販は「日本の古本屋」

 科学者と言えば、この科学者マンガシリーズも好きで一通り読んだと思います。とくに好きだったのはジョージ・ガモフとアルフレッド・ウェゲナーの巻で、とくにガモフは科学者としてのキャラクターも良くてすごい好きでした。

 伝記漫画なのに最初にガモフとガモフの友達が陽子と中性子になって原子核でくっつく*3ところから始まるのが前衛的*4でよかった。

 

 あとは、仁科芳雄と、ワトソン&クリックが好きでした。あと、ラヴォアジェ! 最後なぜか*5ギロチンにかけられて死ぬのですが、それがかわいそうで好きになった。子供のころのマイアイドルたちです。

*1:かわりにYouTubeTwitterを見ている。

*2:絵本を毎日上限いっぱいまで借りて上を目指す要領いい子たちもいるので1位にはあまりなれなかったが。

*3:そして中間子をやり取りしておたがいに入れ替わり合って溶け合う。

*4:もちろんガモフとガモフの友達が陽子と中性子になって原子核でくっつく、といった史実はない。

*5:子供だったのでそんなに意味は理解していなかった。

秩父錦 特別純米酒 ほか

 

秩父錦 特別純米酒

芳醇でコクとふくらみのあり純米酒。飲み飽きしない秩父錦の定番品。

秩父錦 特別純米酒 | 埼玉県酒造組合

 前なにげなく買って飲んで、「おいしっ!」ってなった日本酒をもういちど買ってきた。ウィスキーとかビールとかではあるけど、日本酒を銘柄おぼえてリピるって何年ぶりかな。

 

 でもこれおいしいのでみなさんにおすすめです。華やかさがあるんですが、それを最低限にしていてむしろ飲み飽きなさに残りのパラメーターが最大限振られている、ハレの雰囲気をわずかに残すケの酒という感じ、……だと思いました。ふたつある日本酒の良さの極の、ちょうどいいバランスをとって日常酒にしましたという感じ!

 

 これが飲みたいんだよな……。ずっと。

 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の1期を見た。勝手に思っていたよりオタク向け要素のない、まっとう(…)なジュブナイル作品だったな、という感想。

 

 まっとう、のあとに(…)をつけたのは、どうしてもちょっと思うところがあって…。基本的には思春期向けのお話で、大人が観て面白いとか面白くないとかそういうことを言うような作品ではないのは完全にそうで、でもそれになにか言いたくなるというのは完全に説教オサーンへの道を着実に上がっていってるということなのですが…、でも、でもやっぱり、世の中で起きる出来事を子供の主人公たちの手の届く範囲に起きることまで縮減して、それを解決して見せることがジュブナイルのすべてなんですか、もっと、この世には説明しきれない残余やいまは理解が及ばないなにかがあるってことをそれとなく知らせて、外の世界へ外の世界へとモチベートするのが子供向けのお話の大事な役割なのではないですか、と思ってしまう。

 

 あと千葉が舞台なのにもびっくりしてしまった。作中でどうやら千葉が舞台らしいとわかる情報が出てきたときはひっくり返ると思った。

 

WHYYY!? 登場人物の名前全部神奈川の地名だろうが!!!!!!

 なら舞台はふつう神奈川だろ!!! 「日常」を見習ってほしい。

THE PINBALLS

 THE PINBALLSというバンドをよく聞いている。Wikipediaによると、由来はとあるシンクロニシティから、そのうえで"The"と"s"はマストだったというバンド名が示すとおり、古いブリティッシュ・ロックへのリスペクトがある感じなんだけど、それでもサウンドはしっかり邦ロックでもあって、そのあわいにいる感じがいいなと思った。あとなによりボーカルの声がいいです。

 

 1曲聞くならこれ! ……僕もこれがどこかから流れてきて「おー!」と思いました。とくに歌いだしとサビの最後のフレーズ、気持ちいところでひねくれる奥ゆかしいメロディーが好き。