ブリティッシュが省略された

 

Sea Power :: The Official Web Site

https://seapowerband.com/

 

 最近、「Sea Power」というバンドが好きでよく聞いている。たとえばこんな曲だ。

 

 固体か液体か気体かでいうなら気体のように、ふわっと空間を満たすように薄く音が鳴っている、……絵画でいうなら印象派なインディーロックという印象。音の数が多い曲は僕は本来好きで、さらに言うなら多い音がハーモニックにまとまっているほうがメインの好きなのだけど、こういう薄い塗りを重ねていって世界観を作る曲も大好きです。

 

 あと、ボーカルの音に合わせて透明感のあるギターをユニゾンさせる手法も、昔々HUBで流れていたストロークスの「23:17」*1を聞いて以来代位好きなのでそれもうれしい。この曲だけじゃなくいろいろな曲でそれをやってくれる。

 

 イングランドのブライトン出身のバンドで、結成は2000年。それから現在に至るまで活動を続けている。スタジオアルバムは7枚。2022年に「Everything Was Forever」という新作アルバムリリースを控えていて、それを盛り上げるための新曲がいくつか公開されている。

 

 そのうちのひとつがこれ。画面を9分割*2するという、先入見だと「画期的とやり過ぎでは?の中間くらい」になるようなミュージックビデオ演出がされていて、実際観てみるとでもけっこう面白くて引き込まれる。

 一個一個の映像はべつにとても面白いようなものではないのだけれど、それがスイッチしていったり、映像がかぶったり、終盤には9個のうちのひとつにさらに9分割された映像が映ったりして見飽きない。

 

 こういう、画面を何分割かして違う映像を流して感動させるという手法は、映画とかドラマではやりようがなく、ミュージックビデオ限定の映像演出だと思うのだけど、これの意味とか効果とか発展史とかを切り出してまとめている論考などあったらみてみたい。知っている人いたら教えてくれるとうれしいです。

 

一見するとクラシックな斜め見下ろし視点のCPRGなのだが、実のところは「論理的思考」や「共感力」といった24種類のスキルが、全て頭の中の声となって“あれしろこれしろ”と隙さえあらばしゃべりかけてくるカオス極まりない会話システムと、臆することなく攻めてくるブラックユーモアを武器にした、異色の作品である。

 このバンドは「Disco Elysium」というちょっと変わったゲームの音楽も担当するなど多彩だ。たしかに、ゲーム音楽向きの作風ではある気がする。

 

そのひと月前、バンド、British Sea Powerブリティッシュ・シー・パワー)は、バンド名をより合理的なSea Power (シー・パワー)に縮めることを発表した。彼らは慎重に言葉を選びながら、“ブリティッシュ”を切ることは、イギリスそのものへの嫌悪を意味することではないと強調し、イギリスに限らず世界的な流れとしての、“ある種のナショナリズムの台頭による孤立主義や、敵対的なナショナリズムと混同されるリスクを回避したい”ということを理由にあげた。

 あとは、ちょっとまえに名前から「ブリティッシュ」を省いたというストーリーも面白かった。いいことだと思う。

 

 音楽もいいし、改名の経緯も面白いバンドなので、ぜひ聞いてみてね。

*1:すみません、曲名の正確な時刻をど忘れしたのでとりあえず雰囲気こんな感じ、というのを載せています。

*2:2~4分割くらいならまあまあ見かける手法だと思うが。

魔法使いが魔法をかける~21/22UEFAチャンピオンズリーグ グループF第5節 ビジャレアルvsマンチェスター・U~

 

 ヨーロッパで一番強いクラブを決める大会「チャンピオンズリーグ」のこの試合を見ていた。ビジャレアルマンチェスター・ユナイテッドと言えば、今年の5月にはヨーロッパリーグ*1の決勝で対決した、因縁のある組み合わせである。審判団の通信機器トラブルにより、試合はすこし焦らされて、波乱を予感しながら始まることとなった。

 

 本来中立の立場ではあるが、まあどうしてもビジャレアルのほうに肩入れして見てしまう。僕は大金持ちのオーナーが運営している、高給取りばっかりがいるチームがそれゆえに機能不全で苦しんでいるところを見るのが大好きなのである。

 

 実際今回もユナイテッドは重病人のような試合の入りを見せた。前線には左からC・ロナウド、マルシャル、サンチョを起用。守備時にはトップ下にいるファン・デ・ベークがセンターに下がって、ロナウドが下がらなくていいようにフレッジが左サイドを守る、……という一応理にはかなっている可変システムを取っていた。

 が、……やっぱり机上論だったみたいで実際にはその左サイドからビジャレアルに展開を許していた。30分くらいからはロナウド1トップ、左右にマルシャルとサンチョ、守備時にはこのふたりにサイドを守ってもらって、ファン・デ・ベークが1列目に出てロナウドの隣を守るという、しかたないがふつうの守り方に戻っていた。

 

f:id:kageboushi99m2:20211124225837p:plain

 しかし、その守りかたもいまいち機能しない。ユナイテッドから見てサイドハーフの前(緑の部分)にどうアタックに行くのかが共有されておらず、ビジャレアルはここからひとりずつ丁寧にずらしていくビルドアップで、再現性を持ってゴールチャンスを作っていた。「このままいけば90分で1点くらいとって勝てそうだ」という気がしていたと思う。僕にはしていた。

 

 大金持ちのオーナーが運営している、高給取りばっかりがいるチームがそれゆえに機能不全で苦しんで、あんまりお金持ちではないけど堅実に戦えるチームに負け、「これがサッカーだ…」と悔しがっている様子が見れる、と期待に胸を躍らせた。個人的にそういう展開がこの上なく好きなのである。

 

 しかし、58分くらいのトリゲロスのシュートがデ・ヘアのスーパーセーブに阻まれたあたりから雲行きがおかしくなってくる。

 

f:id:kageboushi99m2:20211124230356p:plain

 やっぱりまずいのは66分に出てきたこの男、……もう正直、名前を言ってはいけないのではないかという気までしてきている。スペースを見つけ、味方を探し、ボールを受け、相手を動かしてからパスを出す、……それを何度か繰り返すうちにチーム全体にリザレクションの魔法がかかる。

 ふたつのゴールには直接関与してはいないのだが、名前を言ってはいけないこのお方が魔法の力で間接的に生み出したゴールだと言って間違いはないだろう。個人的に一番びびったのは、後半アディショナルタイムに「フレッジのすぐそばでひとつ飛ばしたパスを受けようとしたけど出なかったので、すぐにポジションを取り直してフレッジからパスを受け、すぐさまの判断で裏を走るラッシュフォードに針糸のパスを通した」シーン。

 

 スカッとする試合が見れるかと思ったら、結局は魔法使いが魔法をかけるところをただ見せられた、そんな回でした。

*1:こちらもヨーロッパで一番強いクラブを決める大会……、のように聞こえる名前だが、実際ここでなにを決めているのか、ここで優勝したクラブはどういうクラブになのか、といったことはじつはだれもよくわかっていない。

このなかに刺さるひときっといるはず「東京団地ミステリー」

 

 インターネットの読み物が好きな人のために、まだ広くは知られていないインターネットのよい読み物を紹介していきたい。「東京団地ミステリー」は2014年にマイナビニュースで連載された*1ひとつづきのコラムである。こういうのに興味があるひと、きっとここを見ているひとなんかにはちょっといるんじゃないですか?

 

 まずは「神様はどけられない」というシズル感満点の詩的タイトルがつけられた第一回を読んでみましょう。題材となるのは「都営白髭東アパート」、とある理由で長さが1km以上あるひとつづきの団地だ。

 

この都営白鬚東アパートにはどういう「ままならなさ」があるのか? 都市の防災という住宅のデザイン論理とは全く異なる機能のために、長さ1kmを越える壁という形になった、というだけでも充分「ままならない」といえる。(中略)しかし、ぼくが今回ここで紹介したい「ままならなさ」はもっと別のものだ。

 都市を作るということ、建物を建てるということを「ままならないこと」だと言い表して、……コラムでは東京の団地の目に見える姿から目に見えない背景の事情を探っていく。

 

さきほど『デジモンアドベンチャー』の舞台がここ光が丘だと書いた。その物語中、実に意味深なシーンがある。まさにここを「滑走路」のように使うモンスターが登場するのだ。

 

まわりの街並みにあえて合わせず、いっしょうけんめい南を向こうとする団地は、まるでひまわりのようだと思う。太陽を受けるためにがんばる植物のようだ。

 

知り合った友人がこの団地出身で、聞かせてもらった子どもの頃の話が非常に興味深かった。操車場の上にいわば人工的に「大地」をつくってその上に団地が全部で4棟建っているのだが、学校もそこにあったのだという。

天空の城ラピュタ」でシータは「土から離れては生きられないのよ」と言ったが、ムスカばりにこう返そうではないか。「団地は滅びぬ。何度でもよみがえるさ。団地こそ人類の夢だからだ」!

 

 人間が住むということにはいろいろなしがらみがあって、だからこそ多階層的なストーリーがある。それが、若干古い気もするけれどそれはそれで味のあるやわらかな文体で、詩的に語られ、カタルシスを伴う形の落ちがつけられている。

 都市工学かエッセイ、どっちかが好きな人はたのしく読めると思うし、両方好きな人にとっては1+1以上にうれしい連載コラムなのではないでしょうか。

 

 関係ない話ではあるが、連載第1回で取り上げられていた「都営白髭東アパート」にじつはちょっと前行っていたことに、このコラムを読みかえしてやっと気づいた。そういう長く伸びる団地があることはこのコラムで相当昔に知っていたはずなのだけど、偶然散歩道でそばを通っただけではそれとはわからなかった。

 

f:id:kageboushi99m2:20211125001222j:plain

 でも、「なんだこれ!」と思って写真は撮っていた。それくらい異様な建物だったということのなのでしょう。点と点が思いがけずつながった、最近のレア経験であり、良かった。

*1:なのでマイナビニュース特有のちょっとしたサイトの読みづらさはある。

V字回復~21/22プレミアリーグ第12節 トッテナム・ホットスパーvsリーズ・ユナイテッド~

 

f:id:kageboushi99m2:20211123155636p:plain

【トッテナム×リーズ|ハイライト】レギロンの逆転弾でトッテナムがリーグ戦4試合ぶりの勝利|プレミアリーグ 第12節|2021-22 - YouTube

 

 新監督アントニオ・コンテの指揮下で初めてプレミアリーグを戦った前節、かなり攻撃が微妙な感じだったので、僕の推しが気持ちよく勝てるチームになるのはまあまあ先のことになるだろうと覚悟した。

 

 その覚悟のままこの試合を見て、案の定前半はかなりひどい内容だったので、「人生や世界においては、希望というのはほんとうに希少で、絶望のほうがはるかにありふれている……」というようなことをハーフタイムずっと考えていたのだけど、……後半トッテナム・ホットスパーは目の覚めるようなプレーを繰り返し、しっかり2点を奪って逆転してくれた。

 

 ゲームが終わったあとは、「希望は少ないかもしれないけれど世のなかにはあって、つかみ取ることができる」という信念を抱けるようになっていた。希望とはどういうものだろうか? ……具体的にはピエール=エミール・ホイビュアとセルヒオ・レギロンの形をしているのである。

 

f:id:kageboushi99m2:20211123160352p:plain

 前半はぱっと見悲しい結果に見えたが、守備面では十分なプレーをしていたと思う。プレス開始位置がちょっと低めなのは、そのためリーズのハリソン選手に仕掛けるスペースや時間を与えていたのが気になった感はあり、……結果的にそこから失点したのでだめっちゃだめだったんだけど、まあ択勝負だったという気もする。

 むしろそのあと、自分からポジションを崩して攻撃で押し込むことを選択し、試合中にV字回復、逆転まで持っていったのがこれまでのスパーズには見られない流れだったのでそこがとても良かった。

 

 やっぱりうれしいのが今回でプレミア初ゴールを飾ったレギロン選手。レアル・マドリーでマルセロから一瞬ポジションを奪ったけど結局定着できなかったころから個人的には好きな選手で、スパーズでも果敢な上下動で攻撃に厚みをもたらしてくれるありがたい選手だ。

 これでやっと数字をひとつ残すことができたが、まだレギュラーとして満足して使われる水準ではないだろう。SBとして使われているあいだは、攻撃時前線の枚数を増やしたり、デコイになったりで十分な働きだったが、WBでは得点に結びつくクロスや突破、ソンが外に貼ったときにインサイドでタスクをこなせる、……といったもうちょい攻撃的な貢献が求められてくると思う。

 

 記念すべき初ゴールの試合だっただけに、上記のさらに攻撃的な役割をこなすことが期待されているセセニョンとの途中交代は、本人としてはあまりうれしくないでしょう。高いパフォーマンスでポジションを争って、トッテナムをもっと強いチームにしてほしい。

猿、雪山 ほか

 

カレー ニューキャッスル

 『食べもの屋の昭和』という本を読んでいた。こだわりのある名店の店主を取材して、語ってもらったことを、一店当たり10ページいかないくらいの分量書きおこしてたくさんまとめた本である。とくに、「ニューキャッスル」というカレー屋さんの言葉が味があって興味を持った。

 

 柳田氏は、初めて訪れたお客には必ず、こう説明する。

「一杯のカレーでも楽しみ方があるんですよ。まず最初はルーだけ召し上がってみて下さい。あまり辛くありません。続いてご飯に混ぜて召し上がると、これ不思議と辛くなります。辛さは民謡調です。ハアーッ。水を飲むとますます辛くなります。それで辛いと思ったら卵をまぶして下さい。そうするとマイルドな味に変わります。それは愛の味です。愛を大切にしたいと思います」

 「辛さは民謡調です」のあたりから不思議なワールドに入っていって、綺麗なオチにつながる。最近はもうこういう文章がいちばん好き。

 

 カレーはまあ機会があったら食べにいってみようかな。

 

猿、雪山

f:id:kageboushi99m2:20211121224013j:plain

 家の近くにある角打ちに軽く飲みに行ってきた。飲んだのは「猿、雪山」という名前のお酒だったと思っていたが、どうも調べると「雪、山猿」だった*1らしい。たしかにそっちのほうが名前としては良い。

 熟成酒なので独特の香りがあるが、くせが強すぎるというほどでもない。アルコールの強いあたりはないけれど、どっしりとした存在感があっておいしかったです。となりのなめたけもおいしかった。

 

 飲んでいたらすでに相当飲んできたらしい夫婦と相席になって、婦のほうに「あなたには闇を感じる。人生大丈夫か?」みたいなことを言われ、完全にそんな感じの外見になってしまっている自分が情けなかった。知り合いにはギャグだと思ってもらえるけど、知らない人が見たらそらそうだわな、という……。

 

プレミアリーグ12節 リヴァプールvsアーセナル

 夕方にがっつり眠ってしまった*2ので、そのあとは眠らずにプレミアリーグのこちらのビッグマッチを見ていた。

 アーセナルは最近、若い新戦力が活躍しはじめていて勢いのあるチームだ。リヴァプールウエストハムに今季初の敗戦を喫したばかり。これはアーセナルにも十分チャンスがあるか……? と素朴に思っていたのだけど結局リヴァプールの完勝だった。

 

 「俺ら、いける…?」から「いける…! 俺ら、いける…っ」に変わってきたタイミングでリヴァプールに叩きのめされるの、今回は他人事ではあるがシチュエーション的には何回も知ってるのでちょっとアーセナルアーセナルファンに同情してしまう。

 

 南野が初ゴール取れたのは良かった。みんな祝福していたね。

*1:純米吟醸 熟成酒 雪、山猿 | 永山酒造 | 酒(日本酒 地酒)通販・販売は酒屋・地酒専門店のCRAVITON

*2:100%そのあと夜眠れなくなって睡眠リズムを崩し、最終的にはプラマイでマイナスなのにどうして夕方眠るのってあんなに完璧な気持ちよさなんでしょうね。

嘘つきには三種類いる

 

 HUNTER×HUNTERのビスケによれば、嘘つきには「意味のある嘘しかつかない」タイプと「意味のない嘘もつく」タイプと2通りがいる。ビスケとキルアは前者、ヒソカは後者らしい。

 

 ……この二種類の嘘つきは、おたがいのことを理解するのがけっこう難しいっぽい、ということに、最近あったいくつかの具体的な経験や会話を通じて思いいたった。「意味のある嘘しかつかない」タイプは、「意味のない嘘もつく」タイプがなんで意味のないタイミングで嘘をつくのかよくわからないし、「意味のない嘘もつく」タイプはなんで意味のある嘘しかつかない」タイプが意味あるタイミングでしか嘘をつかないのか、よくわからないのである。

 

f:id:kageboushi99m2:20211122000336j:plain

 そもそも嘘つきどうしというものはけっこうおたがいを察して、うまいこと通じ合えたり付き合えたりするものである。それかそれができているふりをするものである。……なのに、なぜこの2タイプの嘘つきどうしになるとそれが難しくなるのか。

 おもうに、この2タイプでは嘘をつく目的がぜんぜん違うからではないか。

 

 「意味のある嘘しかつかない」タイプが嘘をつくのは、相手に信じてもらうためである。つく嘘は、嘘をついた相手がその嘘を本当のことだと信じることで効果を発揮するタイプの嘘になる。

 相手が信じてくれないと嘘は目的を達成しないので、信頼ポイントは有効に使わないといけない。嘘もちゃんとばれないようにつかないといけない。だからこそ、嘘をつくタイミングは最小限に、効果的に、意味のあるタイミングだけに絞られる。もし嘘がばれそうだったら、信じてもらうためのさらなる嘘をつくことになる。

 

 「意味のない嘘もつく」タイプが嘘をつくのは、自分が本当のことを言ったときにそれを隠すためである。……つまり、相手に「こいつはほんとうのことを言っているのかよくわからない」と思ってもらうために嘘をつく。

 だからつく嘘は、べつにすぐにばれるようなものであってもかまわない。ばれなくてもそれはそれでいい。ただ、相手が自分のことを話し半分でしか受け止めなくなればそれでいいのだ。ほんとうのことを言ったとき、本当のことを言うしかなかったときに「それは嘘だったかもしれない」という疑念が周りの人に残ること、それが達成できればそれまでの意味のない嘘たくさんがようやく報われるのである。

 

 「意味のない嘘もつく」タイプは、「意味のある嘘しかつかない」タイプが普段の生活において置いている信頼ポイントへの高い価値を理解できないし、「意味のある嘘しかつかない」タイプは「意味のない嘘もつく」タイプの意味のない軽い嘘の意図がわからず混乱してしまう。

 

 世の中には、嘘と本当の使い分けに対する考えかたがまったく異なる上記の2タイプの人間がどうやらいる。気づいてしまったらそれを日々人々と話すなかでどこかに感じつつ、人生を過ごしている。

ソリダリティ・フォーエバー~「パレードへようこそ」~

 

f:id:kageboushi99m2:20211120004150p:plain

 「パレードへようこそ」という映画を観た。以前に紹介したアナーキー・イン・ザ・UKというele-kingの連載記事の回のひとつで、この映画とそのもとになった歴史上の出来事が取り上げられていて、ぜひ見たいなあと思っていた映画だった。

 Amazonでレンタル課金すればふつうに見ることができた。世は大サブスクリプション時代、……サブスクでたまたま表示される映画以外はちょっとねえという気分もあったが、ここは思い切って課金して見てみることにした。

 

 サッチャー政権下でいろいろ大変な目にあっていた炭鉱労働者を助けるために、レズビアンとゲイのコミュニティが募金活動を行うのだけど、このふたつのカルチャーグルーにはもちろんアンマッチがある。けれど、最終的には連帯する。

 この、グループによっていろいろな思想やライフスタイルがあり、それに順応出来たりしなかったり、そのためにいじめたりいじめられたりする人類の、それでもあるときにはできたりする「連帯」のことをメインに語るお話である。

 

f:id:kageboushi99m2:20211120005641p:plain

 「連帯」なんて、2021年の日本ではあんまり重要とはされてない価値観なので、逆にそれの良さをガツンと叩いてくる映画、……観ていてすごい良かったです。

 

 基本的にはエンターテイメント作品としての作りになっていて、見ていて流れに任せているだけで楽しめる。悪いドラゴンを伝説の剣を手にした勇者が倒すオーソドックスな物語があるとして、悪いドラゴンをヘイト、伝説の剣を「連帯」、勇者を当事者であるLGSMと炭鉱で働く人たちにしたお話になっている。

 

 逆にいえばエンタメ作品ならではの難点ももちろんあって、……もととなった事実にはあったであろうシリアスな部分は、綺麗な映像やミュージカル風の味付けといった映画の技法に隠されているし、公正を最大限目指すならあるべきだったマイノリティへの配慮というものもない。*1脚本は基本的にはハッピーなものになっていて、……現実の運動はすくなくともこの脚本より快適だったということはないだろう。

 

f:id:kageboushi99m2:20211120010823p:plain

 だからこそ、いいと思うんです。そういう、ひゅーと言って応援したくなるような、登場人物のそれぞれに肩入れしたくなっちゃうような、ひとシーンひとシーンの喜怒哀楽に自分も感情移入しちゃうような作りの、大衆向けのエンタメ映画がこの題材で作られているのはとてもいいことだと思いました。

 し、本当に言えばこういうことをわざわざ取り上げて美点ですと紹介したくない。たんに面白いし笑えるし泣ける。めちゃくちゃいい作品なんです。見たら推しキャラが見つかると思います。

 

 個人的には上の画像で左から三番目にいる「率直に言うと」という表現が印象的な鉱山労働者たちの渉外役が好き。

 

 もう一度リンクを置きます。じつはこれを課金して見たあと、彼女とペアで加入しているふだんはあまり使っていないほうのサブスクでは無料で見れたことに気づいて……、落ち込みかけたけど「連帯」の気持ちを思い出してなんとかこらえた。みんなで、できるかぎり、おたがいをヘイトせずにやっていこう。

*1:人種についてのツッコミは入れうる映画だし、作中に出てくるあらゆる属性について、これはステレオタイプすぎるみたいな言いがかりはつけうる表現になっている。