舎人公園~保木間公園~足立区生物園

 

 前々から行ってみたいと思っていた舎人公園は微妙で、保木間公園はまあポテンシャル通りで、足立区生物園はとても良かった。

 

f:id:kageboushi99m2:20210914230402j:plain

 ここが舎人公園。日暮里駅から出て埼玉県に入るちょっと手前で行き止まりになる「日暮里・舎人ライナー」という変な路線の途中にある公園である。隣接して東京都中央卸売市場のひとつ、北足立市場*1があり、公園の真ん中を走っている交差点によって大きく4つの部分に分裂している公園である。

 おおきな公園だと、外の道路が走っていることはそれなりにあるのだけど、せめて公園同士を道路をまたいでつなぐ架橋があると公園としての一体感があって良かったのだが……。

 

 面積は広く、設備もそれなりに充実しているものの、全体としてうすら寒い空気が漂っていたことが否めない。すくなくとも、目的地としていくようなところではなかった。

 

総評:𝓓𝓲𝓼𝓪𝓹𝓹𝓸𝓲𝓷𝓽𝓮𝓭 𝓹𝓪𝓻𝓴...(期待外れの公園)

 

f:id:kageboushi99m2:20210914225932j:plain

 つい酷評しちゃったけど、家の近くにあったら運動や趣味に使えるいい公園だったと思う。釣り堀は老人たちでにぎわっていたし、鳥も釣りを見物していた。

 

f:id:kageboushi99m2:20210914231041j:plain

 舎人公園から東へ進むと、東武伊勢崎線竹ノ塚駅あたりにつく。そこからすこし行ったところに保木間公園がある。団地と学校の近くにある近隣住民のための公園であり、もちろん地図上でも目立つような場所ではない。

 

 まあ、ポテンシャルどおりのふつうの公園でしたね。特筆事項といえば、ベンチのホームレス排除がマイルドで、頑張れば寝れなくもない程度だったところか。

 

 広場ではおじいさんがひとりでゲートボールをしており、楽しそうではなかった。

 

総評:𝓢𝓪𝓭 𝓹𝓪𝓻𝓴...(あわれな公園)

 

f:id:kageboushi99m2:20210914231825j:plain

 そのあと、近くにあった元渕江公園に行ったのですが、ここがとてもすごかった。公園に併設して「足立生物園」というちいさな園があったのですが、「どうせ地域の虫や鳥が多少いるだけだろう」とあなどって入ったら……!

 

f:id:kageboushi99m2:20210914232236j:plain

 ぱっと見大きく見えない建物なのに、どこにそんなキャパがあったの!と思うくらいの展示物量と密度。「生物園」というあまり聞かないネーミングにも納得がいく。金魚、クラゲ、トカゲ、カンガルー、モルモット、猫、コオロギ、ちょうちょ、ヘビ、チャボ……、なんでもいる!

 

 しかもただ雑多に集まっているのではなく、「熱帯の森で暮らす生き物たち」「希少な蝶を交配する温室」「金魚の品種改良の歴史」「オーストラリアの動物たち」「地元足立区の自然」「『鳴く虫』特集」など、それぞれのブースごとに特徴が打ち出されていた。「害虫」をテーマにした美術作品(絵画や彫刻など)展までやっていたのには驚くばかりだ。

 

 建物の一角には「本日羽化した蝶」コーナーがあり、その奥には作業にいそしむ飼育員、研究員さんたちがいた。展示だけではなく、学術の場としても機能しているのだろう。猫と触れ合える小部屋もあったが、猫たちがみんな高齢になっちゃった、という理由で永久に閉鎖され、小窓から眠っている老猫を覗きこめるだけのスペースになっていた。人間ではなく、生物本位の展示がされている心のある施設なのだ。

 

 入場料は300円とあまりにも安い。つぎお金ない人とデートするときはここを一旦提案してみようと思います。

 

総評:𝓦𝓸𝓷𝓭𝓻𝓸𝓾𝓼 𝓹𝓪𝓻𝓴...(驚くべき公園)

 

f:id:kageboushi99m2:20210914233505j:plain

 チャボの家に勝手に上がり込んでご飯を食べている鳩がいて、通りがかった老夫婦が「鳩がチャボのご飯を食べているねえ!」「賢い鳩だねえ~!」と沸いていたのがよかった。

*1:区部北東部における青果及び花き流通の拠点市場となっているらしい。北足立市場のご紹介|東京都中央卸売市場

女性警察官であるとはどのようなことか~ローリー・リン・ドラモンド『あなたに不利な証拠として』~

 

わたしは叫びたくなったが、それは仕事のマニュアルには含まれない。

 『あなたに不利な証拠として』を読んだ。リンクは文庫版を貼っているが、読んだのはハヤカワ・ポケット・ミステリのもの。

 ここでハヤカワ・ポケット・ミステリあるあるをひとつ言わないといけなくないのであればとくに言うことはないです。もし、言わないといけないのであれば、ハヤカワ・ポケット・ミステリってペーパーバックで一瞬手軽そうに見えるけど中二段組でなかなか重いですよね。

 

頬にあてた銃を下へすべらせ、唇に押しつける。絶対に避けたいのは、的を外して即死できないのに重傷を負い、出血多量で死ぬことだ。もしくは死にきれないことだ。

 

 タイトルの印象だと「法廷ミステリかな?」だけど、実際はブラックでハードボイルドな警察小説である。警察組織の建前と本音の部分、犯人と対峙するときの生死をかけた心境、男社会のなかで女性として働くこと、銃で人を撃つこと、などのテーマが簡潔なエピソードにのせて感じるもの多く描かれる。

 

 短篇集で、ストーリーが比較的作り込まれている短編が2作ほどあるが、それ以外は女性警官として生きるというのはどういうことなのかという手触りをざっくりとまとめたものである。

 描かれかたはリアルというよりはちょっとヒロイックな盛りを多少許容したもののように思える。なので警官というものにどうしても嫌悪感を抱くタイプの人にとってはあまり心地よい読書ではないかもしれない。

 

 しかし、そのあたりを踏まえて共感的になりながら読むのであればとても面白い小説だと思う。

 とくに短篇集のサビともいえる「傷跡」(被害者ケアの専門職員がのちに警官になり、昔彼女も関わったレイプ被害者の女性を「狂言だ!」と断言した男性警官と結婚する話)、「生きている死者」(女性が被害者になった事件のあと「ある儀式」を行うことにしている女性警官たちが、非番中、儀式の最中に犯人に出会い発砲してしまう話)あたりは踏み込んだお話になっていて面白い。

 

ピューマやラットやクマは道に迷うの?」わたしは訊いた。
「すべてのものが多かれ早かれ道に迷うわ」彼女はそう答えて、話題を変えた。

 そんなに深いところにはつっこまないけれど、女性警官としての生の手触りをさくっと短く描く短編を並べたあとに、本番の短編を2つ並べ、エピローグ感の漂う最後の話を置いていて、短篇集としてのまとまりや盛り上がりもうまく仕組まれていると思います。

 

 なかなかこういう、警察であることの苦悩に着目する物語って日本ではあまり見なくて*1、かつ南部の小説で血なまぐさいのと、あとフェミニズム小説として読めそうで意外とそうでもないというところもあり、ぴったりの読者層を見つけにくい小説のように見えますが、だからこそ、ちょっとピンときたら読んでみてもいいと思います。

*1:どちらかというと犯人や被害者の人間ドラマを回す語り役になりがち。

東海オンエア1コマクイズ標準問題精講 2

 

前回

 

 これを考えるのを一生やっていきたい。

 

問題6

f:id:kageboushi99m2:20210911011753p:plain

 東海オンエアの動画を1コマだけ切り取ってきて、それが何の回なのかを当てるこのクイズ。これを実戦形式で演習していこうというのが本書の趣旨である。

 ひと口に1コマクイズと言っても、正解にいたるためにはさまざまな力が必要である。それが総合的に試されるのがこちらの問題であると言えるだろう。

 

 メンバーであるとしみつから「最も需要がない」と酷評されている「しばゆー虫眼鏡のディープキス」のくだりが映っているが、彼らはこれをなかなか脈絡なくやるので、そこから正解にいたるのは難しいだろう*1

 段ボールを使った工作が行われていて、それがなんなのかを考える必要がまずある。そしてさらに重要なのは、カメラに写っている範囲の外になにがあるのか、想像力を働かせることだ。……ここは屋内ではない。それに気づけたら正解が見えてくる。

 

 

問題7

f:id:kageboushi99m2:20210911015038p:plain

 これはハイレベルだが、さまざまな解法が考えられて解きごたえのある良問である。

 「教員の試験受けろよ」と回答しているが、この回答から逆算して企画を導くこともできるし、ゲストとして水溜りボンドのカンタが出演しているところから絞り込んでもいい。背景がいつもと違うことから、この動画が撮影された場所を割り出すことでも正解をはじき出せる。地味にアンパンマンボードで回答しているのも大きなヒントだ。

 

 としみつの天然ボケが好きな人であればそれから一発で動画を特定することもできるだろう。漢字が違うのだが、違っている漢字を間違えていて、さらにこの後のシーンではアンパンマンボードをホワイトボードと勘違いして、ボードを指で消そうとするおちゃめな姿を見ることもできる。

 

 東海オンエアとしてはややマイナーな動画であるが、上記のいずれかのルートから正解を導き出したい。

 

問題8

f:id:kageboushi99m2:20210911025445p:plain

 あまたあるホワイトボード使用企画のなかから、ボードに書かれたテキストを手掛かりにして動画を当てる問題は頻出なので演習量を積んでおきたい。

 とはいってもこの形式ではひねりを利かせた問題は多くは出題されない。日頃の動画視聴量と動画の深い理解が肝心だ。こちらの場合は、JK用語をクイズしているなということがわかればOKである。

 

 大問形式の問題では、この動画に声のみ出演しているもう一人の人物は誰でしょう、という小問が追加で出題されることがある。これを機に動画を復習して備えておきたい。

 

問題9

f:id:kageboushi99m2:20210911031628p:plain

 こちらも頻出の問題で、第1回ジャイアン選手権と、第2回~第10回を収録した「【ジャイアン選手権】同じ企画を10回やったらどれくらいつまらなくなるの?」を区別することができるかどうかを問う設問である。

 

 この区別ははじめは苦手とする受験生も多いが、コツをつかんでしまえば簡単である。じつは見比べてみたらすぐわかるのだが、第1回ジャイアン選手権と「同じ企画を10回やったらどれくらいつまらなくなるの?」では背景の土管の画像がぜんぜん違うのである。CG風味なのが第1回ジャイアン選手権、アニメ風味でちょっとズームしているのが「同じ企画を10回やったらどれくらいつまらなくなるの?」と覚えておくと良い。

 

 

問題10(おまけ)

f:id:kageboushi99m2:20210911032536j:plain

 これは自分で作ったときは「ものすごい良問だ…」と思っていたけど、いろいろな人に出してリアクションをうかがううちに「悪問かもしれない…」と心変わりした1コマですね。

 「デート」くらいしかまともな情報がないうえに、デートから企画をおもいつくのも一筋縄ではいかない。……印象深い動画だと思うので、解ける人は解けると思います。

*1:僕自身はこのディープキスがかなり好きなのでここからでも正解にいたれるが。

右脳の時間

 

 条件が整っているとき、いままで聴いたことのないランダムな音やいままで見たことのないランダムな画像・映像を頭のなかで見たり聞いたりすることができるじゃないですか。

 あれがとても楽しくて、――でも、ふだん起きているときに感じるような楽しさではなく、その最中にいるときは「たのしい」と理解できるようなものではない、それ以前の満足感があるような形で楽しくて、けっこう好きなんですよね。「今日は条件が整っているっぽい」と思うと積極的になれないかトライしてみがちだ。

 

 静かでひとりの場所じゃないとなかなかそれにはなれない。認知能力に負荷がかかるインプットやアウトプットの作業をしたあとに仮眠をとろうとするとなりやすい気がする。夢を見ているわけではない。意識はちゃんとあるのだけど、反省的に意識を捉えるのがちょっと難しくなる。事後に想起するのも難しい。

 その状態からはふつうに抜けることもできるし、そのまま寝ちゃうこともできる。どちらの方法から抜けても、満足感に変わりはない。

 

 これを勝手に「右脳が左脳の支配を脱した」時間だと思っている。昔、『神々の沈黙』という本を読んだ。

 この本には「古代人の脳は右脳と左脳が独立していて、右脳からやってくる声を左脳が解釈して古代人は行動を決めるのだけど、右脳からの声は神の声だと解釈された。ある時点で人間の知性は発達し、右脳は左脳の管理下に置かれることになり、人間は神々の声を聞くことができなくなった。この仮説を支持する証拠は、古代ギリシャの神と人間が出てくる叙事詩の記述(単語の使い方など)を分析したり、現代のシャーマンだったり脳の機能を外傷などで局所的に失った人々の例などを見ると、みつかる」と言ったことが大まかに書かれている(細かいところは違うかも)。

 

 大学のときに遊びでとった脳神経科学の授業でも、左脳を怪我して摘出してしまったひとが、これまでにはありえなかった写実的な絵を描けるようになるのだけど、脳がしだいに左脳の働きを右脳の一部で代替するようになる*1と、しだいに描く絵から写実性は失われ、以前同様の線で輪郭をなぞっただけの下手な絵に戻ってしまった、というケースを学んだ。

 

 ……なので、疲れたとき、とくに論理や言語といった左脳っぽい活動をして左脳が右脳よりも疲れているとき、右脳のほうが力が強くなって、自分の外側からきたかのようないままで聴いたことも見たこともない音やイメージが勝手に表れてくるのであり、その経験を楽しんでいるのではないかと思っている。これが「右脳が左脳の支配を脱した」時間である。

 

 僕はたぶん左脳の力のほうが強く、意識のあるときはたいていなにかの考えごとをしているし、していないときはTwitterを見て、そとからなにかしらの文字を入れている。空白のときも好きだけど、あんまり長続きしない。空白でも考えでもなく、イメージや音で意識が埋まっている状態は、特別な時にしかならないのだけど、特別な満足感がある。

 ……この比率はたぶん、ひとによってけっこう違うのでしょう。

 

f:id:kageboushi99m2:20210912030648j:plain

*1:脳には、どこかが失われてもほかの部分が失われた機能の穴を埋めるようになる、という性質がある。

検索結果1ページ分だけ調べる

 

 日本語の「おばあちゃん・おじいちゃん」に母方・父方の区別がないのは、日本の家族形態が嫁入りor婿入りを前提としていたことの反映なのだろうか? という疑問が浮かんだ。

 つまり、子ども視点だと家に入ってきた側の親のさらに親は「おなじ家族」にくくられないわけで、おじいちゃん・おばあちゃんという言葉をふつうに使うと、家に迎え入れたほうの親のみを指すことになるし、それで不便はないから、ということである。

 

 話を広げると、例えば部族で暮らす社会だと兄弟といとこを区別しなかったり、群婚社会だと配偶者を表す言葉に、複数から一人を特定する仕組みが備わっていたり、親族関係を表す言葉とその言葉が使われている社会には対応関係が見られるのではないか、と思った。しかし実際、その対応関係とはどのようなもので、どんな具体例があり、どれほど強いものなのか。対応関係がめちゃくちゃなおもしろ社会と言語などはあったりするのだろうか。

 

f:id:kageboushi99m2:20210912195802j:plain

 言語人類学、比較言語学などのジャンルでなんらかの知見が得られていそうな話ではあるが、それを「調べるか!」とはちょっと正直ならない。たぶん、どの本を読んだらいいか探すために何冊か本を読む必要がありそうである。並行して言語や家族社会について基礎的な知識も知らなければならないだろう。

 ……ていうか、僕はビジネスマンなので、そんな時間はないんですよね。毎日書いている趣味のこのブログに割ける時間も、あと25分ほどである。ただ、こうやって毎回1mmも知らないままで終わってしまうのもちょっともったいないので、今回は検索結果1ページ分だけ目を通してみることにした。

 

f:id:kageboushi99m2:20210912195853p:plain

 結果は以下のようになった。

 

東京外国語大学言語モジュール ベトナム語のページ
ベトナム語では通常祖父母には母方父方の区別をつけるが、一語ではない。

親族内における呼称についてウズベク語と日本語との対照的観点から―
ハルナザロフ・マムルジョン(東京外国語大学大学院博士後期課程) 
ウズベク語の兄にあたる言葉は、夫やおじ、いとこなど年上の傍系男性親族(姻族)に対して使える(姉も同様)。その背景には親族語の用法の歴史と深い関係があるらしいが、本稿では深くは触れられないとのこと。

テンボ語の親族名称 スワヒリ&アフリカ研究 梶茂樹
テンボ語では父・母という言葉で父方のおじ・母方のおばも指せる。また、「自分の父」「あなたの父」という言葉は語レベルで異なる。(所有格代名詞をつけて~、といった区別はしない)

中国語ゼミ 最速で中国語をマスターするサイト
中国語では父方を「祖父・祖母」、母方を「外祖父・外祖母」と区別する。

内祖父母、外祖父母という言葉は一般的ではないのでしょうか? Yahoo!知恵袋
韓国語でも祖父母を内・外と区別する。

Hi Native(ネイティブスピーカーに質問できるサイト)
中国語話者が日本人に「母方の祖父母と父方の祖父母はどう区別するんですか!?」と質問していた。日本語を勉強する中国語話者にはあるあるの謎なのかもしれない。

「伯父」「叔父」の違いは?使い分けと由来をスタディサプリ講師がわかりやすく解説!
家族以外の中年を指す場合は「小父・小母」だと書いてある。そんな使い分けあったんだ。

中日の親族呼称について 劉柏林
中国の複雑な親族呼称体系(世代・男女・父方母方・自分より年上か年下かをクロスで区別する)は中国の家族社会の表れだとしている。

中国では、日本人の家庭で普段使われている呼称語抜きの「おい」「ねえ」「ちょっと」或いは「おまえ」「あなた」「きみ」というような呼び方は、夫婦喧嘩の時以外には使わない。

「要約」に書いてあったこの記述良かった。論文にはユーモアが大事。

日中両言語における親族名称の通時的研究 陳露
日本も中国も親族を表す言葉に「ウチ・ソト」の意識があるんだけど、中国ではかなりシステマティックに、日本では「親と子」の関係を基準にして組まれているのではないか、としている。

ベトナムの社会とことば 清水政明
ベトナムでは親族を表す言葉を敬語表現に転用するらしい。たとえば、先生の前で女性が、「私」のかわりに「妹」を呼称語として使うことで敬意を表せる。おじとか、他の親族名詞でもいけるのだという。

 

 本題については結局よくわかりませんでしたが、それ以外のいろいろなことがちょっとだけわかりましたね。これからも面倒くさいときは、それでも検索結果1ページくらいは調べてみたい人生だった。

水遊びと火遊びではどっちがましだろうね

 

「水遊びと火遊びでは
どっちがましだろうね」
質問で時間を稼いで
携帯の時計を盗み見た

家までついてきた男

歯切れのいい哲学と
カチカチ弄んで乾かしている
雨に濡れたライター

ベッドには霧が下りている

BGMを選ぶ間
ユートピアってこれだけ?」
未来の政治家たちの
楽観的な選挙予想
「僕らにとってはそれだと思う」

いつか終わりがくるわけではなく
だれでもいいってことでもない
子孫たちを孤独にしないために
僕たちも徹底してひとりでいない

雨の音が聞こえる
1LDK
雨が止むまで

「ここはグリーン・ウッド」 ほか

 

ここはグリーン・ウッド

 今シーズンは19歳のイングランド人、メイソン・グリーンウッドさんがめちゃめちゃ結果を出しており、すごいなと思ったので、ちなんで那州雪絵さんのマンガ「ここはグリーン・ウッド」を読んでいた。

 

 学生寮を舞台に男子高校生がわちゃわちゃするだけの、とくに野心のないコメディなのだけど、そういう野心のない作品のもつちょうどぴったりの良さがあった。それに加えてなんというか即物的?な展開にしない上品さがあってそれも好き。

 あとたんに僕自身も高校時代は寮で過ごしていたため、寮ものをみるとうずく心がある。

 

 いちばん好きだったのは光流先輩、最終話の忍先輩との卒業後のくだりはアツかった。ストイックな作品がこういうふうにちょっとだけ欲を見せるのはいつ見てもいい。

 

オルタナティブロック史、完結……!

 ヴァジュライドさんというかたが書いているこちらの「オルタナティブロック史」が完結した。

 1960年代、――ビートルズからはじめて2010年代の最新のアーティストまで、「オルタナティブロック」だと解釈できるバンドを並べつつシーンの記述をしているものすごい記事である。

 

 なにがすごいかというと、単純に紹介されている音楽の数が多い! ――詳しくないので何とも言えないのだけど、これだけあったら網羅性も相当なものなんじゃないだろうか。その上、ただのリストではなくそれぞれのアーティストに辞典の項目くらいの紹介テキストが付けられている。

 こういうロック史の試みって、なんとなく評価や歴史記述の王道が確立されているニルヴァーナくらいまでで終わることが多い印象だけど、網羅性の暴力で「王道が確立されていない」問題をすっ飛ばし、2010年代後半までつなげている。

 

 次に聞いてみたい音楽を探すリストとしての実用性も高い。……しかもこのヴァジュライドさんというかたは異能力者で、このレベルの音楽記事(ディスクレビューだったり、アーティスト紹介だったり、その他音楽特集企画など)を毎日更新している。

 このnoteアカウントさえ知ってしまえば、読むものと聞くものには、もう困らないですね。

 

涼宮ハルヒの憂鬱」が面白い

f:id:kageboushi99m2:20210909022135p:plain

 アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」を見ていて、いまちょうど6話まで見たところとなっている*1

 

 で、めっちゃ面白いですねこのアニメ! なんか、世間的に名作と言われるアニメを「まあしょせん深夜アニメだし子供だましでしょ笑」くらいの気持ちで見て、結果「名作だ…」と感銘を受けるのは僕はけっこうよくやっていることなのだけど、これはさすがに度肝。正直こんなに面白いなんて思っていなかった。

 

 セカイ系逆張りというか、個人的な話が媒介なしで大きな世界の話に……なると見せかけて本当にただのキョンハルヒの話なのはいま見ても色あせないコンセプトの面白さがあるし、そこに挟まれる未来人や宇宙人や超能力者の小回り設定も外連味があって良い。

 その外連味設定を信じているようでもあるし信じていないようでもあるキョンの感じだったり、いちばんの焦点人物であるのに一番蚊帳の外に置かれているハルヒの感じが、サスペンスを作っていて見ていられる。あとキョンハルヒも今さら見るとふたりともかわいくてしんどい。オブセッションがありつつ、かといって完成度も高い、どのシーンもすっごい絵が綺麗。ちょっと非の打ちどころが見当たらない。

*1:これが公開される日にはもうちょっと先まで見ていると思う。