自然観察はバックギャモンをやるよりましだよ~「風が吹くまま」(1999年)~

 

Prime Video:The Wind Will Carry Us (English Subtitled)

 アッバス・キアロスタミの「風が吹くまま」という映画を見ました。なにこの映画?

 

珍しい葬儀を行うというイラン北部の山村に、取材にやってきたTVディレクターが体験する奇妙な日々を描いたドラマ。監督・脚本・編集は「桜桃の味」のアッバス・キアロスタミ。撮影はマハムード・カラリ。音楽はペイマン・ヤズダニアン。出演はマハムード・カラリの元撮影助手で本作が映画初主演のベーザード・ドーラニー、シアダレ村の人々ほか。99年度ヴェネチア国際映画祭審査員グランプリ受賞。

 ……という映画を見たんだけど、「なにこの映画?」と思いました。それなりに人生も進んできて、なにか作品を見た後には自分なりに「なるほど、こういう作品だったのか」と合点がいくように僕もなってきたのですが、これはひさびさの「???」である。

 最近はほとんどそうすることもなくなっていたのですが、見終わってすぐ、「風が吹くまま 映画 意味」で検索してしまった。

 

 村で死にそうなおばあさんがいる、ということで訪れた主人公なんだけど、おばあさんはなかなか死なず、もちろん葬儀は開かれず、無為な日々を過ごす。伝統的な生活を送る村人とのかかわりが描かれるのだけど、心の底からの交流みたいなものはなく、ウルルン滞在記的なハートフル要素があるわけではない。

 ストーリーらしいストーリーはなく、不思議な段差のある構造をした村での暮らしが淡々と描かれていく。

 

 「自然な物事の流れに従って生き急ぐなよ人類」、みたいなことがテーマなのかもしれないけど、やっぱりそういうふうに言葉にしてしまうといろいろなものを置き忘れている気がしてしまう。*1

 すくなくとも見ていて退屈はしなかった。テーマはこういうことです!としてしまうとどうしても出てしまう陳腐さを完全に免れた、けだるい映像の2時間を画面のまえで過ごしただけの特別な体験をできる作品でした。

 

 ただ、何が何だったのかはいや~、わからない。映像や描かれている物事はかなりしっかりコントロールされている感じがあって、「こういうテーマってことにしてあとは適当に撮っとけばそれっぽくなるか」といった方針の映画ではなさそうである。かたくなに画面に映さない仲間のテレビクルー。着信音が鳴って高台へ上るところの、視聴者に伝わってくる不快感。フレームに入ってくる羊や鶏。繰り返しの日々の……基本的に午前中しか映らないところ。そしてクライマックスに一回だけ出てくる夜のシーン。挿入される詩。なにか美学があるんだろうなと思う。……思うけど、それが何かはわかりませんでした。

 

 プライムビデオで見れるので、もし興味があったら見てください。機会があったらこの映画の話をしましょう。……2時間のあいだ楽しめるかは何とも言えないですが、バックギャモンをやるよりはましなのかもしれません。

*1:要約って生き急ぐことですからね。

推し(μ's)に連れていて欲しいポケモン 8

 

南ことり

 

 南ことりさんは「モクロー」とコラボする人口に膾炙したインターネットミームがあって、正直この組み合わせは結構固い気がするのだけど、……ただ他のメンバーには基本的には進化しきっているポケモンを割り振っちゃったので、今回は平仄を合わせて外しで行きます。

 

 ただ代わりにチルタリスは絶対に入れましょう。メガストーンを持つとさらに色が薄くなってもこもこ成分が増えてことりちゃんとの相性が良くなるので、ぜひメガストーンは持っていてほしい。

 

 ただメガシンカすると飛行タイプが消えちゃうので、「ことり」の名前にあやかって、もう一体くらい飛行タイプがいてもいいと思う。

 

ドンカラスココロモリアーケオストゲキッス、フワライド、オドリドリバルジーナピジョットペラップ

 個人的な主観で、南ことりと並んでいるとうれしいポケモンをリストアップしてみた。いろいろな考え方があると思いますが、チルタリスとはちょっと趣向を変えて、ただおしゃれなイメージのある「ドンカラス」をもう一つの「飛行」枠に加えたい。

 

ラランテスヤレユータンデンジュモクルージュラキレイハナドレディアゴチルゼルビビヨン、ダイオウドウ、アマルルガフェローチェゴルーグメロエッタマタドガス(ガラルのすがた)、ベトベトンアローラのすがた)、ストリンダ―、ロズレイドブニャットニンフィア

 南さんはμ'sのファッションリーダーでもあり、またポケモンの世界では一緒に旅をするポケモンというのはやっぱり、トレーナーの美意識の表れという側面もあると思うんですよね。

 だから、6枠のうち5くらいはファッショナブルでかつ、そのポケモン自身も自らのルックを着こなしているようなポケモンで埋めたいという気持ちがある。

 

 最後の1匹は……、いや、じゃあジュナイパーにしろよという話なのはわかっています。けど、ジュナイパーってなんかちょっとことりちゃんのイメージとは違わないですか? ていうか、モクローが出てきたタイミングでアチャモが出てきたら、ことりちゃんの手持ちと言えばアチャモだ! と世論もなっていたと思いませんか? というか、単純にアチャモのほうがみんな好き……、わ! 石を投げないで。

 


 というわけで、ことりちゃんが子供のころはアチャモだったバシャーモ、ビジュアルリーダー担当のヤレユータンゴルーグドンカラスマタドガス、そしてアイコニックポケモンチルタリスの6匹、……また考えが変わることもあるでしょうか、とりあえずこれをことりちゃんに連れていてほしいポケモンとして終わりたいと思います。

大衆消費社会と戦争~コリン・ソルター『世界を変えた100のポスター』~

 

世界人口の半数近くが、「世界のジュークボックス」と銘打たれたライブ・エイドにチャンネルを合わせた。ロゴのアフリカ大陸のような形のギターは、このイベントの使命を簡明に表現している。だから言葉で説明する必要はない。音楽と同様、言葉を超越しているのだ。

89.ライブ・エイド 1985年

 

 コリン・ソルター著、『世界を変えた100のポスター』という上下巻の本を読んだけど面白かった。世界*1の名ポスター100選を時系列に見ていくもので、ポスターがどんな目的で作られ、どのように人々の目を引き、なぜ歴史に残っていったのかが各ポスター4~5ページくらいで簡潔に紹介される。

 

 図像という意味で印象的なポスターだけでなく、メッセージの重要性とか、世界の歴史の動きとの絡みも選考基準となっている。なのでもっぱらアートワークに興味がある人にはどっちかというと合わない本かもしれない。あとリベラルな関心も強いのでめちゃくちゃ右翼の人にも合わないと思われる。

 

印象に残った作品1 エドワード・ペンフィールドの月刊誌広告ポスター

https://www.meisterdrucke.jp/artist/Edward-Penfield.html

 

 読んでいて印象に残るのはやっぱり戦争のポスター。国が国民を動員するために作ったポスターが、……「時系列に見ていく」というつくりなので何枚も立て続けに来るので、「わあ、戦争だ…」となる。その戦争の時代を包み込むように、合間合間に、ゴージャスなショーとか、人々の手にいきわたることになる画期的な新商品の広告が続く。

 「見ていて面白い、歴史的に興味深いけど、所詮広告ではあるな」というデザインのものもあるが、しばらくの間目をそらせなくなるようなものもある。

 

印象に残った作品2 デヴィッド・クラインのトランスワールド航空ポスター

design-is-fine: David Klein, artwork for TWA travel poster, 1956. | Vintage airline posters, Vintage airlines, Travel posters

 

Daddy, what did you do in the Great War?

Daddy, what did you do in the Great War? - Wikipedia

 平和になったある日、子供に「パパは戦争で何をしたの?」と問いかけられる。――というメッセージで兵を募ろうとするこのポスターえぐいな…。

 ほかにも「女性参政権反対」のポスターや、「喫煙はクール」と呼びかけるポスター、敵国人を醜悪に描いて戦意をあおるポスターなど、「負」のものも手抜かりなく紹介されていて、「ポスター最高!」みたいな感じの本にはなっていません。

印象に残った作品3

Protest Posters From the Vietnam Era - The Atlantic

 こちらも文字なしメッセージ性を伝えてくる反ベトナム戦争のポスター。最後に星条旗をひっくり返したことの効果がすごい。

 ポスターの概念を広くとらえて、チェゲバラアインシュタインの有名なアイコンだったり、バンクシーのステンシル落書きなども収録されていて裾野の部分も面白い。

 

 ポスター上に大きく書かれているコピーの翻訳は全部キャプションに書き加えてくれるとありがたかった……、などちょっと問題はあるが、本棚に置いておいてたまにめくるだけでも非常に楽しい本だと思う。ポスターに興味がない人も、読んだら一枚くらいはぐっとくるポスターが見つかるはずですよ。おすすめです。

 

*2

*1:……と言ってもほとんど英語圏だが。

*2:あと余談で、「走っているものを立ち止まらせないポスターは、役目をはたしていない」というポスター名言を、詩人で劇作家、そしてポスターデザイナーでもあったウラジーミル・マヤコフスキーが言った、みたいなことが前書きと下巻の別の部分で書かれるのだけど、これってあのマヤコフスキーでいいんですよね…? 「たしかに、マヤコフスキーが言いそうなトーンの言葉だ…」と思った。(参考:私的な詞華集 - タイドプールにとり残されて

好き。めちゃくちゃいい言葉だったのに変わってしまった

 

 子供のころやった「デュエル・マスターズ」のwikiを最近読んでいた。カードゲームが代を重ねるにつれて、いろいろなカードが増えていき、ゲームに新たな処理が生まれ、それまではアバウトでもよかったルールの隙間が厳密に埋まっていく、……最終的にはメインターゲット(のはず)の子供にはなかなか理解できないような高度な概念を含む複雑な体系になっていく、というのが好きで、最近のカードを知っているとかにかかわらず面白く読めちゃうんですよね。

 

 そのなかでも、高度だけど、なんとか子供向けにもとっつきやすいように……、と苦労した跡の見える「どこでもないゾーン」という名前を持つデュエマの概念が好きで、このページはかなり「いいなあ」と思いながら読んだものである。

 

デュエル・マスターズにおいて、カードを使う時、またはカードがゾーンを移動する時になる状況。

すべてのカードは、ゾーン間をカードが移動するときに、それらのカード自身が自身や別のカードの効果の影響を受けないようにするため、その処理が終了するまでの間そのカードはどこでもないゾーンに存在させておく。

カードが移動する際、この状態かどうかはカードの能力で参照されない。
・例えば《デュエマの鬼!キクチ師範代》がいる時に《聖霊左神ジャスティス》の能力で山札から呪文を唱える場合、呪文のプレイによってその呪文は保留状態となるが、この移動は《キクチ師範代》の置換効果が適用されない。呪文が解決され墓地に置く時に、ここではじめてその呪文は「山札から墓地へ移動している」とみなされ、《キクチ師範代》の置換効果が適用される。
・《封鎖の誓い 玄渦》によってカードが墓地から離れない状態でも、《龍素記号Sr スペルサイクリカ》の能力で墓地から呪文を唱えることができる。しかし、《スペルサイクリカ》の「墓地から唱えた呪文を別のゾーンに移動させる」効果は発生せずに、墓地に置かれたままになる。

特定のゾーンから保留状態となった後に、再びそのゾーンに戻ってきた場合、『そのゾーンを離れたことにはならない』が『そのゾーンに置かれたことにはなる』という特殊な挙動になる時期があった。現在では消滅。

 いいなあ。🤗

 

 いいなあ。これについていつかブログに書き残しておこう、……と思って1か月がたったのだが、なんとその間に「どこでもないゾーン」がルール改定によって名前が変更、過去のものになってしまった。かわりに「保留状態」というかなり普通のワードになってしまいちょっと残念である。

 

 「どこでもないゾーン」もし死後があるなら死後に絶対行きたい場所だったのに……。*1

 

*1:逆に「保留状態」には死後絶対に行きたくない。

短歌 48

 

6月に誕生日がありどの年齢としも最後に過ごす季節は春だ

 

 

まぼろしの僕の息子が会いに来る湯気の立つ童貞クリスマス

 

 

根腐れをおこしてるけどサボテンは好きだよ寮の相部屋の窓

 

 

取り壊しのために退去が決まり 秋 虚無ほど柔らかいものはない

 

 

「ひどいことするのやめないで」と食べもしない料理作れば思う土曜日

 

 

団地から桃の匂いの夕暮れを取り上げたいと僕らは思う

 

 

歳をとり夢見のない夜も多くなりいまでもたまに深酒をする

沖縄の代表的な豆腐を3つ主観で紹介する

 

 沖縄にはいくつかの地豆腐があるのですが、そのうち3つをピックアップして紹介します。

 

ジーマーミ―豆腐

Amazon | ジーマーミー豆腐 (6個入り) | ジーマーミー豆腐 | 豆腐 通販

 まず一つ目は「ジーマーミー豆腐」。本土の沖縄料理店で売ってたり、沖縄土産で配られることがたまにあるので、こちらは今回紹介する3つのなかでも「知ってる」「食べたことある」という人は多いのではないでしょうか。

 そして以下のような特徴がある。

 

  • ピーナッツでできた豆腐。ふつうの豆腐よりクリームとかムースっぽい食感がします。ピーナッツでできているので、アレルギーを持っている人に間違って勧めないように注意。
  • 正書法が定まっておらず、「ジーマミー豆腐」とか「ジーマーミ豆腐」とも書かれる。個人的には「ジーマーミー豆腐」派ですが、まあ大差ないのでお好きに。
  • ちなみに(調べてないのでほんとかはわかりませんが)、「ジーマーミー」というのは、一見呪文のように聞こえますが、まず「マーミー」が「豆」ですね。*1で、「ジー」というのは「地」で、地面でとれる豆=ピーナッツということなんだと思います。調べてないのでほんとかはわかりませんが。
  • だしの入った甘しょっぱいたれをかけて食べるのがメジャー。
  • すべての家庭を知っているわけではないが、すくなくとも普段の食卓に自然に上がる豆腐ではない。
  • 僕のいた学区では月に1回くらい給食で出てきていた。独特の触感と香りのせいか、苦手な人も結構いて、「食べないなら牛乳と交換しよう?」「いいよ」といった取引が給食時間には結構なされていた。

 

ゆし豆腐

 

Amazon | ひろし屋食品 とうふのひろし屋 おばー自慢の ゆし豆腐 500g×10 | 豆腐 | 豆腐 通販

 こちら、そばに乗っているのが「ゆし豆腐」。非常にポピュラーな豆腐なので、沖縄民でこれを食べたことがないって人はよっぽどいないんじゃないでしょうか。一方本土の人はほとんど知らないと思われる。特徴は以下の通り。

 

  • 箸で持つとちぎれちゃうぐらいボロボロで柔らかい豆腐。汁と一緒に袋に入って温かいまま売られている。参考↓

  • 観光地の沖縄料理店では「ゆし豆腐そば」として料理に使われていることがあるけど、個人的には「そばに入れて楽しいか?」と思う。家庭料理だと、シンプルにそのまま吸い物にすることが多いのではないでしょうか。というか柔らかすぎてそれ以外の使用方法ない。
  • 本土の人に「沖縄行くんだけどおすすめの食べ物ある?」と聞かれたときに、たまに「ゆし豆腐食べてみなよ」と言うんだけど、あまりいい顔をされない。たぶん「油脂豆腐」に聞こえて気持ち悪いのだと思われる。(そういう目で見ると確かに工業用の油の塊に見えなくもない)
  • 保存がきかず、本土で作っている人も多分いないので沖縄に旅行に来た時くらいしか食べられないアイテムである。なので見かけたら注文してみてはいかがでしょうか。

 

島豆腐

豆腐チャンプルー by candy79 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが373万品

 最後が「島豆腐」。沖縄でふつうに「豆腐買ってくるね~」と言えば、でてくるのは「木綿豆腐」や「絹豆腐」ではなくこれである。

 

  • 木綿豆腐より硬い。味噌汁に入れたり、炒め物に使ったりする食材なのだけど、適当にフライパンの上で野菜や肉と一緒に菜箸でつついて転がしても壊れない程度には硬い。
  • 硬さとか味とか香りとかくせが、なんか絶妙に本土の一般的な豆腐とは違うので、適応に苦労している移住者をよく見かけるイメージ。
  • 逆にこれが「普通」で育った沖縄民が本土の絹豆腐や木綿豆腐を苦手にするかというとそんなことはあまりない。(まあ絹豆腐も木綿豆腐も普通に売ってるしね)なのでアドです。
  • 僕は本土で2年くらい暮らしてやっと初めて、「あれ? 俺が今まで慣れ親しんでいた『豆腐』ここになくない?」と気づいた。「豆腐」が土地独特のものだとその時までマジで思ってませんでした。
  • 沖縄旅行する友達に「島豆腐食べてみて!」とお勧めするかというと……。たしかにレア品ではあると思うが、わざわざ1回の食事を使って食べるほどでもないというか、そんなに身構えるほど本土の豆腐と違うわけではないんですよね。違和感はあるけど、押し出して売りにできるほどではないというか……。

 

沖縄居酒屋でお馴染み。おつまみの定番「スクガラス」を楽しもう – オリオンストーリー

 ちなみにほかにも、こういった豆腐とかもあります。「帝国に逆らった魚が見せしめに処刑されている」みたいなストーリーが感じられる。沖縄推しの居酒屋とかだとまあまあメニューにあるし、ぱっと見珍味っぽくて目立つので、食べたことがある人も多いのかも。

 ちなみに僕は「見た目がキモいな…」とずっと思ってて、食べたことないです。おいしいんですか? これ。知っている人がいたらコメ欄でおしえてください。

*1:音が似ているでしょ。

石笛 ほか

 

石笛 西田純詩集

 という詩集を読んでいたのだけどとても面白かった。80ページくらいあって、物語のある一つの詩が載っている。

 

 あるとき、小さな男の子がそれより小さな子を背負ってやってくる。背負われた子は拾われて育てられるのだけど、背負ってきた子はいつの間にかいなくなってしまった。成長した小さな子は、兄の形見の小さな石笛を手に、自分のルーツを知るための旅に出かける、……というようなお話。

 

だけど ぼくにはわからない
ぼくがいったい何者なのか
いったい どうして
絵の中に住んでいるのか

 お話は絵本のような感じで、ストーリー展開や出てくる物事に不思議の感覚があって面白い。絵本を読んでいるような感覚で読めるので(絵はないですが)、絵本が好きな人にお勧めできます。(絵はないですが)

 

22シーズンJ1リーグ第30節 柏レイソルvs川崎フロンターレ

 この試合を見ていました。川崎にとっては優勝争いに生き残るために勝ち点3が絶対に必要なゲーム。……けど、ちょっと日程が厳しめ&けが人が多い、という難しいシチュエーションだったこともあり、精彩を欠いたゲームになった印象。

 

 気になったのはYouTuberみたいな名前をしている川崎の佐々木旭選手。本職は左SBらしいのだけど、今回はチーム事情もあって右でプレーしていたようである。

 なれないポジションで結果を出せた、……とは言いづらかったけどでも頑張ってプレーしていて見ているうちに応援したくなってきた。右サイドで前にいる選手が家長なのだけど、家長って転勤族なので右サイドにいないんですよ。それに右IHの橘田選手も、ゴール前に突っ込むタスクがプライオリティ高めで、なかなかサポートがなく、佐々木選手にボールが渡った時にはひとりで何とかしないといけない局面が多そうでちょっと気の毒であった。でも、突破してクロス上げたり中央に入っていったり、難しい環境ながらもがいていて、……応援したい、ってなりました。

 

22シーズンJ1リーグ第30節 横浜F・マリノスvs北海道コンサドーレ札幌

 そんな川崎フロンターレが首位を争うライバル「横浜Fマリノス」の今節の相手はわれらがコンサドーレ札幌。ほんとはここで勝つのが一番の佐々木旭選手への応援になるのだが、まあ、3連勝中の首位チーム相手にそこまで望むのは「乙」という感じなので……。

 

 

 こうなりました。いや~。頑張ったほうなのではないでしょうか。

 

 全体として横浜の選手も札幌の選手も動きが鈍く、まだ夏の気温が残る9月に日中の試合日程を組むこと自体が有罪なのではないかと感じた。特に札幌は後半70分くらいにはほぼ全員足が止まっていて、しかも交代出場した選手までなんか体が重そう(湿気の中座ってるだけでも体力を消耗するのかもしれない)であった。

 

 気になったのは中村桐耶選手。「みんな走れなくなってて0-0を守り切れるかかなり怪しい、でも指揮官は可能なら1点取れってアグレッシブなことを言ってる泣」みたいな難しいシチュエーションで投入されて、それを大過なく乗り切りましたね。終盤の守備は見事でした。最低限のアピールはできた感じだと思うので、来年はもうすこし使われてほしいですね。