だれも「空のキャンバス」の話してないので僕がします

 

 「空のキャンバス」(作者:今泉伸二)という傑作マンガがあります。1980年代に少年ジャンプで連載された、単行本全7巻のマンガで、とても面白いんですけどあまりにも周囲に知っている人がいなすぎる。そんなの遺憾な状況なので、今日は「空のキャンバス」のプレゼンをさせてください…!

 

f:id:kageboushi99m2:20220327202503p:plain

 「体操」を題材にしたスポーツラブコメマンガです。恋愛ドラマ成分のほうが強めなのだけど、作者が体操経験者であるということもあり、けっこう専門的なことも書かれている。

 

f:id:kageboushi99m2:20220327202854p:plain

 主人公・北野太一には幼少期、彼の目の前で「月面宙返り」を飛んで見せたライバルがいた。……そのライバルを助けるために主人公はあるとき大けがを負って、生きているのが奇跡みたいなボロボロの身体なのだけど、「ライバルよりすごい技をやって勝つ!」という「男と男の約束」だけをモチベにして、気力だけで生きて、体操をやっているという状態。

 

f:id:kageboushi99m2:20220327203200p:plain

 しかしそのライバルというのがじつは、体操女子日本ジュニアチャンピオンかつこのマンガのヒロイン・赤城榛名だったのである。いわゆる、「男だと思っていた幼馴染と再会…」系のラブコメですね。

 ヒロインのほうは先に「あのときの子だ…!」って気づくんだけど、自分があのときのライバルだと名乗り出てしまったら、「男同士の約束」を心の支えにしてきた主人公を失望させてしまうかもしれない、と思って別人としてふるまう。……というお話。

 

f:id:kageboushi99m2:20220327210204p:plain

 7巻あるマンガだが、主人公の試合は1回しかない。*1「ライバル」を自称する少年院出身の選手・五十嵐と戦うんだけど、これがもう本当にすごいバトルだった。*2

 2選手がそれぞれ自分の想いをかけて1種目1種目、デッドヒートを繰り広げるのだけど、その合間に、太一くんとおなじ病気でもう先が長くない少女が、ひと目太一君を見ようと会場にやってきたり、少年院の仲間たちの声援を聞かせる大人の粋な計らいがあったり、「このままここでライバルに勝ってしまったら、目標を失った太一くんは死んでしまうのではないか」と気をもむ榛名ちゃんがいたりと、盤外でのドラマがひとつひとつ彩りを添えていく。

 

f:id:kageboushi99m2:20220327211009p:plain

 しだいに太一くんは試合中に手がマヒするようになったり、練習中に呼吸困難になったり、目がまともに見えなくなったり、……死が近づいてくる。このへんになるとひとつひとつ展開が重くて、まともに目を開けて読むことができなくなってくる。ラブコメのたあいないコメの部分すら切ないし、ふたりのあいだに会話が発生するたびに大泣きである。

 

f:id:kageboushi99m2:20220327212242p:plain

 読み終わったあとに1巻の表紙を見ると、締めつけられるんです。胸が……。

 

 知られざる傑作マンガ「空のキャンバス」、よろしくお願いします。

*1:ダイジェストで流されているのも含めるともうちょいあるけど。

*2:ジャンプの歴史で比較すると、「湘北vs山王工業」「sai vs toya koyo」くらいのエネルギーがあるのではないか。