ポルノグラフィティ全シングルを振り返る会

こんにちは。

 

先日、Youtubeでずっと音楽を聴いていたら、ポルノグラフィティの全シングルのショートバージョンPVがYoutubeで見れるようになっていることに気付きました。

リンク:https://www.youtube.com/playlist?list=PLjCKsluHLtUa3hGoXjk0CdDb9b-QE6U7Z

調べたら三年前ぐらいからあるらしいですが。

 

ポルノグラフィティといえば、僕がこの世に生を受けて一番初めに好きになったバンドで、今はさすがに往時の熱は冷めていますが、それでもシングルが出たら記念碑的に買うし、ライブがあるたびに行って胸に「ポルノ」と書かれたTシャツを何枚か買ってくるくらいには好きです。

 

f:id:kageboushi99m2:20170226165625j:plain

高校時代に寮で着ていたら、「性犯罪者みたいだな」と先輩に言われました。

 

ざーっと、再生リストを見渡してみたら、ポルノの曲ばっかり聞いていた青春時代を思い出して心が熱くなってきたので、すこし振り返ってみたいと思います。僕は音感が無くて音楽のことはよくわからないのですが、とりあえず、思ったことや思い出を適当に書いてみます。

ポルノグラフィティ、昔は好きだったよ」ってひとも、「今でも好きだよ」ってひとも、「聞いたことないよ」ってひとも、これを機に、すこし掘り返して聞いてくれればうれしいです!

 

こういう時って普通は、デビューシングルの「アポロ」からいくのが普通なんですが、それだと、「ヒトリノ夜」くらいで書くことがなくなってやめそうなので、最新シングルからさかのぼっていく形式で行こうと思います。

 

続きを読む

ベンヤミン「歴史の概念について」第九テーゼ

あまりにも有名で激エモな文章、ヴァルター・ベンヤミンの「歴史の概念について」第九テーゼについて書きます。イェーイ!

 

「新しい天使」と題されているクレーの絵がある。それにはひとりの天使が描かれており 、天使は、かれが凝視している何ものかから、いまにも遠ざかろうとしているところのようにも見える。かれの目は大きく見ひらかれていて、口はひらき、翼は拡げられている。歴史の天使はこのような様子であるに違いない。かれは顔を過去に向けている。ぼくらであれば事件の連鎖を眺めるところに、かれはただカタストローフのみを見る。そのカタストローフは、やすみなく廃墟の上に廃墟を積みかさねて、それをかれの鼻っさきへつきつけてくるのだ。たぶんかれはそこに滞留して、死者たちを目覚めさせ、破壊されたものを寄せあつめて組みたてたいのだろうが、しかし楽園から吹いてくる強風がかれの翼にはらまれるばかりか、その風のいきおいがはげしいので、かれはもう翼を閉じることができない。強風は天使を、かれが背中を向けている未来のほうへ、不可抗的に運んでゆく。その一方ではかれの眼前の廃墟の山が天に届くばかりに高くなる。僕らが進歩と呼ぶのは〈この〉強風なのだ。

 

ベンヤミン「歴史の概念について」第九テーゼ (野村修訳)

 

f:id:kageboushi99m2:20170207142007j:plain

パウル・クレー「新しい天使」

続きを読む

μ'sメンバーはどんな子たちなのか勝手に考える

ラブライブ! 面白いっすよね。

観る前からなんとなく、「観たらめっちゃはまるんだろうな~~」とか思ってたんですが、実証したっぽいです。すごく面白かった。

最初はかわいい子たちが可愛い衣装を着て可愛く踊っているのを見て「かわいい~~」と思っていただけなんですが、何回か見るうちに、各キャラがいろんな場面でどんな行動をとっているのか、この子たちはどういう人格や行動傾向性を持っていて、何を考えたり感じているのかな、とか思いながら観るようになりました。文系なので。

まあ、μ'sのメンバーは、誰一人として実在せず、ただの動く絵なので、感情とか人格とかはないんですが。

 

実は、こういう風に、別にアニメキャラに限らず、実在の他の人がどう行動しているのかを見て、「どういう性格なのかな」とか考えたり、その人のメンタルモデルを自分のなかに構成してみて、

「彼はリーダー向きだけど、メンタル面のケアができる補佐が必要だよな」

「能力は高いんだけどアサーションが下手だから、仕事一緒になった時はなんとかサポートしてあげたいタイプ」

と、勝手に性格分析したりチームの中での配置を考えたりとかするのが好きなんですけど、実際の人間にやると、間違っていたら普通に失礼だし、レッテルを貼られるのを嫌う人も結構いるし、そもそも、人間は各個人けっこう複雑でそんな簡単に記述できるものではない、という難点があります。

 

なので、普段は人前ではこういうことは言わないようにしているんですが、

(たまに酔っぱらったときとかに言っちゃうことがあって、それは本当にごめんなさい。悪口を言いたいわけではないんです、どんな人なのか考えるのが単に好きなだけなんです……!)

アニメキャラなら実在しないので失礼には当たらないような気がしました。実在しない人間が身近にいるって、ほんと便利ですね。

 

と、いうわけで、以下μ'sメンバーの行動傾向性とかチームの中での適正ポジションを勝手に考えてみました。勝手な意見なので、「僕私のイメージと違う!」っていうのは許してください。お怒りは謹んで受けます。あと、ただ考えただけなので、特に学的な知見に基づいているものでもないです。アニメも各話ごとに5回くらいしか見てません。

続きを読む