「ドラえもん のび太と鉄人兵団」

 

f:id:kageboushi99m2:20200125165431p:plain

 年明けのころから、ドラえもんの映画がAmazonプライムで見放題になっている。それをいいことに、年が明けてからドラえもんの映画ばかりを見続けてきた。

 

「おざしきつりぼりと言ってね。…ひみつなんだ」

 たくさんの数があるドラえもん映画のなかでも、「鉄人兵団」はとても人気がある。個人的にはもっと思い入れのある作品がいくつかあって、みんな大好き系の映画にはなかなか手が伸びなかったのだけど、見てみるともう本当に面白い。

 どうしてか地球に転送されてくるロボットを拾ったかと思ったら、謎の少女が現れて、最後には鉄人兵団を無人の鏡面世界で迎え撃つことになる。物語の流れはかなり複雑だけど、無理をしているそぶりはない。鉄人兵団との戦いの決着は、ちょっとルール違反気味のような、シリーズ内でなんどもおなじことをやっちゃうとさすがに苦情が出るような類のものだけど、逆にこれをやったのが鉄人兵団で本当に良かったよね。

 

「ちょっぴりかわいい子だったな。だれなんだろう?」

 全体としての収まりだけではなく、ひとつひとつのシーンもとても魅力的である。個人的に好きなシーンをいくつか挙げていきたい。

 

・「逆世界入り込みオイル」が徐々に広がっていく湖のシーン。

・はじめてザンダクロスを操縦するとき、物置を壊せなくて躊躇するのび太くんと、「じつは僕が操縦してたんです」と種明かしするドラえもん。いまの年になってドラえもんを見るともうドラえもんのび太くんが(ジャイアンスネ夫もしずかちゃんも)かわいくてたまらない。

霞ヶ関駅入り口でのび太くんがリルルに銃口を向ける場面。「撃っていいわよ」「意気地なし」って……。

・自分から望んで鳥かごに閉じ込められるリルル。ロボばれシーンといい包帯といい、このキャラクターは性癖を壊しに来てる。

・「ポケットの中に」が流れる、対鉄人兵団防衛戦前夜の買い出しの場面。いまとなってはクライマックスを楽しむけれど、子供のころは映画のいろいろな部分のなかでも、冒険の楽しいひとコマが描かれるシーンがいちばん好きだった。

 

泣くなよ。やれるだけのことはやったんだ

 「ポケットの中に」好きな曲なんですよね。作中ではアレンジBGMとしても流れまくる。このメロディがここまで流れるのは「のび太の恐竜」と「鉄人兵団」くらいなのではないでしょうか。

 

 「ポケットの中に」がとても大好きで、高校に上がった最初の時期にさびしい寮のひとり部屋で流していたらとつぜんフランス出身の留学生がノックもなしに入ってきて、「何この歌? 変な声なんですけど笑 お前めっちゃ変人じゃん」と言ってからかってきたのでめちゃくちゃ嫌な気分になり、フランスのことも嫌いになったという思い出がある。

ユーカリが丘彷徨

 

f:id:kageboushi99m2:20200125134402j:plain

 ユーカリが丘というニュータウンにやってきている。ホテルの朝食は品数が多く豪華だった。地元で生産しているという肉みそがフィーチャーされていて、スクランブルエッグに混ぜるととてもおいしいとのことだった。三食そぼろから赤色を抜いたような味で美味しかったです。

 

f:id:kageboushi99m2:20200125134545j:plain

 ユーカリが丘の北端にある整然とした区画を歩く。たくさんの暮らしが並んでいる。

 

f:id:kageboushi99m2:20200125134445j:plain

 宅地を抜けると農産物直売所があった。ユーカリが丘は農業と一体になった暮らしを推進しているらしく、町には住民が利用できる貸農地があるらしい。直売所ではいろいろな野菜がすごい安さで並んでいた。とくに白菜がやばいくらいでかくて安い。結局、なぜか一粒だけ200円で売られていたいちごを手に取ったら、どこからともなく店主がやってきて「これいいだろ? ちょっと高いけど、……でけえんだよォ」と言われた。

 

f:id:kageboushi99m2:20200125134516j:plain

 ユーカリが丘の北端は駅前ともイオンモールとも離れているが、これもまたびっくりするほど品ぞろえが良くて安いスーパーがあった。野菜もそうだけど、生活に必要なもろもろの食品が安い。いいねここに住みたいね。

 

f:id:kageboushi99m2:20200125134624j:plain

 さて、ユーカリが丘線の円の内側に入ってみよう。この写真は下図の赤い丸で囲んだあたりの風景である。遠くにある集合住宅のあるところが「女子大駅」である。誘致しようと頑張った雰囲気があるが、結局女子大は来ず、申しわけ程度に合宿所が立っているのみらしい。たしかに、大学があれば町はもっと完璧になっていたと思われる。

 

f:id:kageboushi99m2:20200125135840p:plain

 青い丸で囲んだ部分は開発がされていて、あたらしい住宅が立ち並んでいるが、黒丸の部分にはおそらく昔からあったのであろう集落がある。かなり由緒正しいのであろうおおきなお寺や神社があったが、それに関する情報はニュータウンのパンフレットには載っていなかった。ユーカリが丘の外部は、その内側にあるみたいだ。


f:id:kageboushi99m2:20200125134655j:plain

 京成線ユーカリが丘駅の南部も山万によって計画的に宅地開発がされている。英国のロックガーデンの様式を意識しているらしく、ユニークな景観を見せている。開発が進んでいないころはまるで岩山のように見えたらしい。

 

 「未来が見える町」というのは、ユーカリが丘の駅前や企業のギャラリーなど、いたるところで見かけたキャッチフレーズである。「未来が見える」というのは「この会社で働いてたって、未来は見えてるよ」などといった文脈で使うときのように、個人的にはネガティブな響きを聞いていたが、「未来が見える」ということが魅力的なことだと思えるような、僕のまだ知らない人生のいちステージがあるということなのでしょう。

 

f:id:kageboushi99m2:20200125134738j:plain

 帰り道に立ち寄ったユーカリが丘のゲームセンターで偶然推しに出会った。「みんなの参加まってるにゃ☆」だそうです。みんなで行きましょうね、行って未来を見ましょうね、ユーカリが丘

クリスタル・ジャベリンを輝かせたい

 

 水文明の速攻が強いということは幼少期にデュエル・マスターズをやっていれば常識として知っていることである。とくに集めやすいうえに強い「クリスタル・ランサー」*1はあのころのみんなのエースだった。

 しかし、ソーシャルゲームデュエルマスターズ・プレイスにおいてはレアリティが格上げされていて、実戦に投入できるだけの枚数を確保するのは難しい。

 

クリスタル・ジャベリン

 ここにこういうカードがある。ベーシックセットとしてゲームを始めたプレイヤー全員に無償で4枚配られている、クリスタル・ジャベリンだ。とりあえず「クリスタル・ランサー」が手に入るまでのつなぎとして、「ランサー」が入るべきところに投入して使ってみたのだけど、どうもうまくいかない。

 

 結局メンバーからは外してしまったのだけど、デュエルとデュエルの合間、ふと息をつくひとときに、どうしても彼のことを思い出してしまう。そもそも、彼は「ジャベリン」だ。「ランサー」の代わりを務めさせようとした、そのことが間違っていたのかもしれない。空を流れる雲のかたちがひとつひとつ違うように、カードにもそれぞれの個性がある。ひょっとしたら、「ジャベリン」にも彼の輝ける場所があって、…それを俺は、用意してやれる立場にいたはずなのに…。別れ際の「ジャベリン」の悟ったような眼の光を思い出す。くそっ、どうして俺は……。いつも、……気づくのが遅すぎる。

 

 いや。まだ遅くはない。カードリストの奥深くに仕舞いこまれていた「ジャベリン」を4枚取り出したあと、「いや、4枚は多いな」と思って1枚戻した。

 

 

 最初は自然文明を入れてベーシックな青緑ビートダウンを作ろうと思った。ジャベリンのコストは7と少々重く、それをケアする仕組みが必要かと思ったのである。しかし、青緑ビートだとどう考えても「ジャベリン」をぜんぶ抜いてそのスペースに「ランサー」を入れたほうが強いことがわかり、方針を転換しなければならなくなった。

 

f:id:kageboushi99m2:20200125122101p:plain

 いまのところこんな感じに落ち着いた。我ながら弱そうではあるが、正直そこまで強いわけではない。ランク戦で20回戦えば11回くらい勝てる、といった戦績である。

 

 除去コンハンデス相手には余計なカードはプレイせずに手札を握りながら耐える。何事もなければ「勇神兵エグゾリウス」や「ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン」をプレイした相手に、返しのターンで「ジャベリン」を突きつけて、「あれ? こいつをどうしよう?」と困らせることができる。多少困る程度なのでふつうに対応されて負けることもあるがそこには目をつぶろう。

 

 ビートダウン系統のデッキに対してはブロッカーを並べよう。場を制圧してもS・トリガーを踏むとあっけなく負けるし、かといって攻撃開始のタイミングが早すぎるとそれはそれで負ける。この、攻撃の繊細なタイミングがこのデッキの肝であり、僕も正直なにもわかっていない。

 

 相手が「ジャベリン」をうまく処理できないままタイムアップになるときと、「ジャベリン」の処理をあきらめて殴り合いに持ち込んできた相手をかなり多めに入れているS・トリガーで返り討ちできた場合には勝てる。一度先手を取っても、決して油断してはいけない。こちらにできることは、相手より多くはないのだ。「ジャベリン」にできるのは、なんども立ち上がることだけ。けど粘り強く戦っていれば、相手の足元をすくうチャンスがそれだけなんども来る。

 

 「ランサー」の爽快感に比べて、彼の戦いかたはなかなかシビアでビターだ。けれどその分滋味深い。「ジャベリン」といっしょなら、とうぶん退屈することはないだろう。

*1:パワー8000のW・ブレイカーで、相手のクリーチャーにブロックされない。驚異的な突破力と決定力を持ったアタッカーである。

「月曜日の友達」の砂糖菓子の弾丸

 

月曜日の友達 (1) (ビッグコミックス)

月曜日の友達 (1) (ビッグコミックス)

 

 「月曜日の友達」を読んだ。中学校に上がって、周りの友達が大人へと変わっていくのになんとなく乗れない主人公と、深夜の校庭で超能力の練習をしている月野という変な男子が出会う、ボーイ・ミーツ・ガールのお話。とても面白かった。

 

f:id:kageboushi99m2:20200122045805p:plain

 ポエトリーリーディングのような力強い独白と、それぞれのコマの決まった構図が特徴的。デフォルメの効いたキャラクターが精緻なトレース背景に乗っかる絵が作中で一貫していて、独特のリアリティと見ごたえがある。

 

f:id:kageboushi99m2:20200122050338p:plain

 超能力少年の月野は団地暮らし。両親は別居しているようで、下の弟妹の面倒を見るのは彼の役目。この「早く働いてお金を稼ぎたいものだ」というところがなんとなく、桜庭一樹の『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』を思い出させた。

 

 『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』の主人公は、お金という「実弾」を手に入れるため中卒で自衛官になろうとしている。登場人物の藻屑は自分のことを「人魚」、虐待によってつけられた痣を「海水汚染の影響」といい張る電波な女子である。

 社会や家庭や学校のシビアな状況に、甘く根拠のない空想の力(=「砂糖菓子の弾丸」と『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』では表現されていて、それがテーマになっている)で抵抗しようとするローティーンの切実な戦いを描くジュブナイル、というふうに言えばこのふたつを括って考えることができると思う。

 

 『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』では、「砂糖菓子の弾丸は現実に対しては無力で、なにも変えることはできなかった。けど私は、そうやって戦っていた友達のことを胸に刻んで生きていく」というような形で幕引きになり、当時はそれが最高にクールで、納得のいく唯一の結び方のように思えた。

 

f:id:kageboushi99m2:20200122052339p:plain

 「月曜日の友達」ではその甘い空想の力に対して、すこしべつのアプローチをしている。主人公と超能力少年月野、そして周囲の人々はそれぞれの置かれた状況でそれぞれにできる現実的なベストを尽くす。頭ではわかりきっているけれど、実行することは難しいベストの選択を。

 その勇気をセレブレーションするように、砂糖菓子の弾丸は砂糖菓子の弾丸のままラストで炸裂する。そしてつぎの一話を使った情感たっぷりの締め。

 

 おなじ題材を扱ったふたつの作品が、こうも異なる転帰をとることに、10年というひと回りの時間の大きさを感じた一日でした。

千年優都探訪

 

f:id:kageboushi99m2:20200122010224p:plain

 ある日地図を眺めていたら、京成線から伸びた新芽のようなキュートな構造物を見つけた。

 

f:id:kageboushi99m2:20200122010523p:plain

 拡大してみるとこのようになる。小規模な環状線ユーカリが丘という地名、そして周囲の整然とした道路の形から、ここがどういう場所なのかなんとなく想像がつく。おそらくニュータウンであろう。

 ……おそらくニュータウンだとは思うが、しかしニュータウンではないのかもしれない。決着をつけるため、現地に赴いて確かめてみることにした。

 

f:id:kageboushi99m2:20200122011943j:plain

 駅から伸びる通りはこんな感じ。空中には新交通システムの高架が走り、いくつもの高層マンションがそびえたつ。ペデストリアンデッキに接続された商業施設が複数あり、レストランやカラオケ、ジムやスーパー銭湯などひととおりの設備がそろっている。

 

f:id:kageboushi99m2:20200122011818j:plain

 さらに進んでいくと、新芽の若葉のちょっと手前のほうにイオンタウンがあった。俺なんてロードサイド生まれフードコート育ち、はなまるうどんとラーメン魁力屋食ってたやつらは大体友達。

 

 この日はイオンモールと商業施設を探索したところで駅前のホテルに戻ることにした。イオンモールと商業施設にはギャラリーが、ホテルの客室にはパンフレットが備え付けられていて、それでこの街についての情報を知ることができた。

 

f:id:kageboushi99m2:20200122013124j:plain

 山万という不動産会社が手掛けたニュータウンユーカリが丘は30年以上かけてちょっとずつ開発し、数に制限をかけながら新規入居者を募集している。それによってニュータウンにありがちな高齢化問題を解決しているかなり理想的な計画都市なのだという。公式の二つ名は「千年優都」。

 駅前には商業施設を集積させるとともに、高層ビルを建てる。一方、その他の部分には分譲の戸建てを平面に広げ、その合間合間に保育園や福祉施設、公園などを用意する。2次元と3次元の開発が使い分けられていて、それによる独特の景観を見ることができる。

 

f:id:kageboushi99m2:20200122013053j:plain

 そして地区を一周して京成線につながる新交通システムを運行。鉄道会社が路線沿いに宅地を開発するケースはままあるが、不動産会社が路線を作っちゃうのは珍しいことなんですよ!とパンフレットに書かれていた。

 不動産会社が開発後も地域の運営に携わり続けているので、住居のメンテナンスや住み替えなどもスムーズに進むらしい。良い人工都市だ。

 

 f:id:kageboushi99m2:20200122014725j:plain

 泊まったホテルはこんな感じ。都市におけるホテルは、饗応・イベント・結婚式などの重要な拠点であるため、生活圏にひとつくらいはそれなりのものを用意する必要がある一方、ニュータウンという性質上外部からくるビジネス客・観光客は限られている。……その結果、受けられるサービスのわりに格安で宿泊できることが多い。

 今回も朝食ビュッフェ付きで宿泊料金は6000円程度だった。とてもリーズナブル。外泊好きのかた、ニュータウンのシティホテルはけっこうねらい目で、おすすめですよ。

踊り子に誘われてモスクワの地下街を

 

 プロモーションビデオの設定のようであるが、実際に経験した出来事である。僕は19歳で、クレムリンからほど近い場所にある一泊4000円ほどのドミトリーに宿泊していた。ドミトリーというのは、他段ベッドが何台も詰め込まれた部屋に見知らぬ人たちが空気を分け合って眠る、もっともリーズナブルなクラスの宿泊施設である。

 

 モスクワでは宿にずっと引きこもってパソコンをしていた。見るべき世界遺産や博物館、公園や教会はあちこちにあったのだが、もうこれまでの旅路でいろんなものを見過ぎていて、感性が飽和状態になっていたのである。美しいものとか心を動かすものとか、ここでしか見れないものはもうたくさんだった。かわりに共用部分にあるサモワールで沸かした紅茶を飲んだり、その辺のスーパーで買ったチョコレートをかじったりしていた。それがとても楽しかった。

 

 そうしていると、おなじ部屋に宿泊していたロシア人がきゅうに話しかけてきた。しばらく、それぞれたがいの知らない言語で話していたのだけれどなにひとつ伝わらなかったので、彼女は冷蔵庫のところへ行き、缶ビールをふたつ持って戻ってきた。「クイッ?」というジェスチャーを彼女がしたので、僕も「イエーイ! クイッ!」というジェスターをし、この場におけるはじめての意思疎通が成った。飲みながら彼女は自分のラップトップで江南スタイルを流して踊っていた。「君の国のやつでしょ?」と得意げだったので「そうです!」みたいな雰囲気を出しておいた。

 

 察しとジェスチャーしか意思疎通の手段がなかったので、本当のところどうなのかはわからない。ただ、そのとき理解したつもりになったところによると、彼女はロシアの田舎からモスクワに出稼ぎにきたストリップダンサーなのだという。僕は日本の大学生であることを伝えたが、果たしてどこまで伝わっただろうか。ビールが半分ほど亡くなったころ、彼女がおいでおいで、というようなジェスチャーをしたので僕はついていくことにした。

 

 モスクワの市街を、彼女は僕を2,3メートル先導して、ときおり振り返りながら、踊るようなステップで歩いていく。僕は笑いながらついていくことしかできなかった。しばらくして彼女は地下街に降り、ブランドものとかではない、めちゃくちゃカジュアルな服を売っている町の服屋さんを何軒もはしごした。なにも買わず、ただてきとうに服を見つけては自分の体に当てて、僕のほうを笑いながら見たりしただけだった。

 

 途中なんどもはぐれたけど、なんとかまた見つけてもらうことができた。見つけたら彼女は僕への興味を失って、またどこかの服屋に入っていく。僕はそれについていく。ひとまわり、2時間くらいたったところで、彼女と僕は部屋に戻った。

 

 声をかけたらついてきた、めずらしいペットを連れ歩いている、……というような感覚だったのだと思う。とくになにか劇的なことが起きたわけではないので、なかなか話して面白いストーリーにはならないのだけど、そのなにも起こらなさが逆に、音楽をつければプロモーションビデオになるようなちょうどよさで、あの日の散歩のことは僕の人生の記憶にしっかりと刻まれて残っている。

「なにが楽しいの?」~プレミアリーグ23節リヴァプールvsマンチェスター・ユナイテッド~

 

 リヴァプールのホームスタジアム、「アンフィールド」で行われたリヴァプールマンチェスター・ユナイテッドの試合を見た。19/20シーズンプレミアリーグの、23番目の試合である。

 

 近年のリヴァプールは名実ともに世界最強のクラブである。昨シーズンはヨーロッパのトップに立ち、今シーズンはクラブワールドカップで優勝して世界一のクラブとなった。国内リーグではこれまで21試合を消化して20勝1分け。リーグ戦では負けておらず、チャンピオンズリーグでもたしかナポリに1回負けただけ。リーグカップではアストン・ヴィラに大敗しているが、これはその翌日にクラブワールドカップの初戦があるというありえない日程のため10代の選手を大量に起用せざるを得なかった、という事情がある。

 

 たまに一緒にサッカーを見てくれる友人と、リヴァプールのこの現状のことを説明すると、「その人たちサッカーやってて楽しいの?」というお言葉を賜った。たしかにそのとおりなので、つぎのアップデートでナーフされることを期待している。

 

f:id:kageboushi99m2:20200120074516p:plain

 マンチェスター・Uには競合相手のときにだけ発動するミラクルな底力*1があり、今回の試合でもいかんなくそのミラクルを発揮していたのだけど、最終的にはリヴァプールが実力で殴りきった。以下はひとりずつ気になった選手を。

 

ルーク・ショー

 ユナイテッドの左CBを務めていた。この位置は必ずしも本職ではないと思うのだけど、カバーに入ってくれるマグワイアに助けられながらも、リヴァプールの攻撃をぎりぎりで受け止めていた。

 さらに左にいるウィリアムズがちょっと頼りにならない場面が多く、プレッシャーがかかった状態でボールを受けたあと強引に縦に運ぶ場面が目立った。失わなかったし、とても頑張っていたのではないか。ただ頑張りすぎたのか最終的には足をつっていた。

 

ハメド・サラー

 最近ちょっと全盛期ほどの決定力を発揮できていないといううわさは聞いていて、南野が入れ替わることができるとしたらサラーなのではないかとか思っていた。たしかに、決定機を自分の足に当てて外してしまった場面などにはそんな空気が漂っていたのだけど、試合終了間際の突き放しゴールはヤバかった。必死についてきたダニエル・ジェームズが絶対にコントロールできず、ユナイテッドのキーパー、デ・ヘアも前に出れない、けれどシュートコースはある、という絶妙な場所にボールを置いてからのシュートをさも簡単なことのように決める。

 ゴール後は乳首を出してしまい、イエローカードを提示されていた。*2

 

*1:今シーズンのリーグ戦でリヴァプールから勝ち点を取った唯一のチームがユナイテッドである

*2:サッカーでは乳首を出すと反則になる。