留学してきた直後のようで…

 

物欲なさそうだから、逆にAmazonの欲しいものリスト作って公開して欲しい

 公開したことはないですが、欲しいものリストはすでにあります。(リンク

 基本的には、Amazonを見ていて欲しいなと思ったけどべつに買わない商品を、いいねボタンを押してブックマークしておく(けど、べつに後日買ったりはしない)、みたいな使いかたで使っていた。

 いまひさびさにリストを見返して、「俺ってこんなものを欲しがっていたんだ。わかるような、わからないような……」という気分になっている。

 

 いまは就労していてお金があることもあり、買おうと思えばどれも大体買うことができる。なのでまあ、このリストは眺めるくらいにしておいてくださるとうれしいです。

 

生きているうちに、逆に「これだけはしたくない」ことってありますか?

 ミルグラムの実験*1アイヒマンの「凡庸な悪」のことを知ってから、めちゃくちゃしてしまいそうなんだけどぜったいにこれだけはしたくないこととして「大量虐殺への加担」というのがある。

 汚職するとか、友達が死体を埋めるのを手伝うとか、そういうくらいの悪いことは、「まあ、そういう悪い人生もあるだろう…」と思える気もするのだけど、大量虐殺はどうひっくり返しても、自分の人生の終わりに納得できない気がする。

 

男子の友情は成立すると思いますか?

 もうすこし絞ってくれないとなにを聞いているのかつかめないのですが、成立するとかしないとかで議論のある「異性どうしの友情は成立すると思いますか?」という有名問題を前提に、あえて男同士はどうなのよ?みたいな感じで聞いている、というクィアな狙いのある質問なんじゃないかな、という気もするので、そうだということにして答えます。

 ちゃんと誠実に思っていることを答えると、「一概にするともしないとも言えない」と思っています。

 

なんでフォロワーぜんいんブロ解したんですか?メンヘラですか?

 ブロ解するちょっとまえに友人と、「Twitterのフォロワー数としていちばんカッコいいのは何人か」という話をしていたんですけど、「777人」「1人」「900万人」といtったいろいろな案が出て、最終的に一番個人的にピンと来たのが「0人」だった。

 

 というわけでやってみたんですけれど、やった直後からかなり後悔している。そもそも前提として、「ブロックしてブロック解除」の流れでフォロワーのフォローを外しちゃったら、僕がそのひとに対してしているフォローも外れちゃうんですね。……フォロワーがいなくても、フォローしているひとが残っていたらTwitterぜんぜん楽しいままじゃん、とか思っていた構想がすぐ崩れてしまった。

 こっちから改めてフォローしにいっても、たぶんフォローバックされちゃうので、そしたらまた「ブロックして解除」しないといけず、そしたら元に戻っちゃって手間だけが残る。状況に対して打つ手はない。

 

 いまはタイムラインを見ても友達がひとりもおらず、留学してきた直後のようでさみしい。

 

 しかし元に戻す方法があるわけでもないので、これを成長するための機会だと前向きにとらえ、進んでいくしかない。

 

 もし質問があればこちらから。ありがたく答えます。

*1:手紙を使わないほうの実験。

髪を切った。上野の理容室で

 

 上野にある行きつけの理容室に髪を切りに行ったんだけど、いつのまにか予約を取ることが困難な超繁盛サロンになっていてびっくりした。

 

f:id:kageboushi99m2:20201124203017j:plain

 そのため、キャンセルの規定がちょっと厳しくなったり、別途指名料をもらうようになっていたりと、客観的に見れば使いにくくなってしまったのかもしれないけれど、……主観的には、このお店が繁盛しているということがとてもうれしかった。個人的にもすこし思い入れのある、好きな床屋さんなのである。

 

 開店セールのお得なクーポンにつられて予約したから、はじめてそのサロンに行ったのは、開店して1か月未満、というような時期だったことになる。上野の繁華街から1レベルだけうらっかわに入ったところにある地下のお店で、ヒップホップが好きな兄ちゃんたちが仲間と4人で共同経営しているとのことだった。

 

 「どこ出身なんすか?」「上野よく来るんですか?」「上野だとどこ飲みに行ったりします?」などと世間話をしているうちに同い年だということもわかり、めちゃくちゃ盛り上がるわけでもないけど、なんとなく話しやすい、居心地のいい時間を過ごせた。

 

 そのころ僕は求職中で、このカットの直後に面接を控えていた。そしてこのカットの直前には、立石にあるもつ焼き屋さんで焼酎を二杯飲んできた*1ところだった。話の流れで、まずは「さっきまで飲んでたんですよ」と、つぎにべつの話の流れで「つぎ就職の面接なんで、ちょっと大人しい感じでお願いします」と言った。

 

 そしたら、担当してくれていた理容師さんがとつぜん、「まじっすか? ……ちょっと待っててください」と言ってバックヤードに引っ込んでしまった。なんだろう…、と思って鏡ごしに見ていたら、奥からキンキンに冷えたテキーラとキンキンに冷えたショットグラスを持って戻ってきたのである。「うち、ドリンクフリーなんすよ」

 

 もう、そのあとはほんとうに最高だった。ほとんどのひとが経験ないと思いますけど、髪を切ってもらいながら飲むお酒って、非日常でほんとにおいしくて、しかもドリンクフリーということで何杯も飲ませてくれた。開店祝いに仲間がたくさん買ってくれたらしく、いくらでもあるのでたくさん飲んでくれてかまわないよ、とのこと。

 そのあとにあった面接も、……すこし圧迫気味で来られたのだけど、僕はアルコールの作用でこれまでになく勇敢になっていて、質問のすべてに堂々と答えることができた。その場で、「ほぼ内定だよ」みたいなことを言われ、その日のうちに社員さんの机を回って自己紹介までしてしまった。職を得ることができたのである。

 

 帰り道、……このサロンのカット(とテキーラ)のお陰で、面接めっちゃうまくいきました、とお礼を言いに行った。「まじっすか。おめでとうございます。テキーラ飲みます?」と言われたので、本当にこの場所が好きになった。

 

 というわけでそれからは髪を切るときは基本的にはここに行くようにしている。上野で一番熱い場所だと思うし、あと、腕も確かで、終わったらちゃんとかっこよくなる。髭剃りやマッサージなどの施術もきめ細やかで、それを考えると料金も非常にリーズナブルで、素晴らしい。

 ……そう思っているのは僕だけではなかったようで、またたく間に予約の取れないサロンとなっていた。会計の時にすこしだけ、最初の日に担当してくれた理容師さんと話をした。

 

 別れ際に「またテキーラ飲みに来てください」と言われたので、「また飲みに来ます」と答えた。まちがいなく、ここが上野で一番熱い場所である。

*1:焼酎か瓶ビールしかお酒の選択肢がないお店だったのでしかたのない不可抗力である。

妄想のなかのアイドル研究部

 

 ……すこし昔に、「周囲の状況とそこに置かれたキャラクターの行動や様態の記述、あるいはそれを接続詞でつないだ2から3の複合的な記述、……という形式でなされる二次創作」が良いという話をした。みんなもやってくださいね、みたいな感じで回は終わりにしたのだけど、じつは僕自身もけっこうやっていて、それをちょっと振り返ってきたい。

 

 だれがだれのぶんまでお金を払うか、というのは個人的にかなり好きな関係性フェーズで、けっこう日常生活でも注視してしまう。基本的には個々人というよりはそれを含むコミュニティの暗黙のルールで決まるものだけど、……こういうふうにそのコミュニティのルールを外れた個人的なおごりおごられがあるととても良くないですか、という提案です。

 

 個人的なりんぱな感のセントラルドグマとなるのがこれである。「NO」と言いたいときに「NO]と言えないのが星空さんで、「YES」と言いたいときに「YES」と言えないのが小泉さん。アニメでの二人の描かれかたを端的にまとめるとこういう対比になるんじゃないでしょうか、非常に自信のある解釈です。

 

 μ'sのこのパロはぜひどこかで見たいんですよね。海ほたるに収監されるけど囚人仲間のマンガ家たちと脱獄する園田さんとか、歌舞伎町の飲食店でバイトして「ペレストロイカ」する絢瀬絵里さん、ともだち事件を調べようとしてたら再教育施設に送られて「ぴええ」となる小泉花陽さんなどがあってほしい。

 

 西木野さんがクラスでこの立ち位置になっていると嬉しい。ふだん来ないけどだれか特定のひとをかませたら来ないこともない人って良いですよね。

 

 よくわからないタイミングで自分の力をあけすけな言葉でふつうに言う西木野さんが存在していてほしい。

 

 

Some things require no translation~その後… 1~

 

 膨大なバックナンバーと話題どうしのハイパーリンクによって、インターネットでなにかを読みたいときにはとても良い選択肢となっているhellogがちょっとまえからラジオという新しい取り組みをはじめている。

 

 ふだんは「#4068. 初期近代英語の -''ir'', -''er'', -''ur'' の融合の音声学的メカニズム」というようなかなり細かい話題を扱っていてそれも面白いのだが、ラジオ版では「#4075. なぜ大文字と小文字があるのですか? --- hellog ラジオ版」「#4083. なぜ q の後には必ず u がくるのですか? --- hellog ラジオ版」というようなちょっとカジュアルな話題が用意されている。話し声も聞き取りやすくて心地よい。おすすめです。

 

f:id:kageboushi99m2:20201122205531p:plain

 hellogは今年の3月にはまっていたものだった。ここにはそのとき自分がはまっていたものを書くことが多く、書いたところで満足して二度と触れないコンテンツもないことはないが、やっぱり気になっちゃって追いかけていることも多い。昔紹介したコンテンツのその後の展開について、すこしずつ触れておこう。

 

 僕の愛してやまない兄妹VTuber、ぽんぽこさんとピーナッツくん(好きだと書いた回はこちら)は最近の動画で、さらに上にもうひとり兄がいる、ということを明らかにした。

 「なんかちょっと言えなかった」「結婚してるやつはもういいよ」「いまは分かんないですけど(ピアス)開いてますよね」「マイルドヤンキーじゃねーか」という、田舎の家族の空気感と温度感をリアルに感じる言及が良くてもだえていた。

 

 FF6、僕はやったことないのだけれどこのバグを駆使した低歩数攻略の熱狂的なファンである(好きだと書いた回はこちら)。やったことないのを隠してFF6ファンの会話にノリノリで加わったが正規のストーリーをまったく知らないのがばれて怒られた、という経験もあるがそれでも熱は冷めない。

 「これで行けそう!」とルートが確定するとそのとたんにまた新しい技が見つかり、ゲームの骨格が明らかになっていく、という流れはいまも続いていて、たまに通知にこのチャンネルの新着動画を見つけると居住まいをただしてしまう。

 

 「お魚さんがポケモンをプレイする動画が面白すぎる - タイドプールにとり残されて」で見たお魚はついにポケモンをクリアした。それなりに(趣旨を壊さない程度に)人の手は入った、ということもあるけれど、まさかこんなタイムスパンでクリアできるとは思ってなかったのでニュースを見たときにはびっくりした。

 

 途中にこれまで人類によっては未報告だったバグを発見してもいる。そのときのチャットの盛り上がりはすごくて、居合わせた非日本語話者が「I can only read English, but I still know what the chat is feeling. Some things require no translation.」というコメントを残している。

モウリーニョ・プロット~20/21シーズンプレミアリーグ第9節 トッテナムvsマンチェスター・シティ~

 

f:id:kageboushi99m2:20201122140118p:plain
 観ていてうれしくなる試合だった。プレミアリーグのBIG2の一角としてここ数年君臨しつつも、今年は「サイクルの終わり」をささやかれているマンチェスター・シティを無観客のホームグランドに迎えた、トッテナム・ホットスパーの試合。

 ここ数年この両チームの戦いは、整理されたボール保持で攻め立てるマンチェスター・シティとそれを受けつつカウンターを狙うトッテナム、という構図で固定されている。

 

 めちゃくちゃ攻め込まれ、それをぎりぎりで防ぐ。たまにあるカウンターチャンスを祈りながら見つける。……そんな心臓に悪い試合が続いていたのだけれど、意外にも戦績はそんなに悪くはない。シティ側からみてもトッテナムはそれなりに嫌な相手として思われているのではないかと思う。

 

 結果はこのようになりました。シティにボールの支配権を渡し、自陣ゴール近くで6人+4人の2ラインを引く。シティはブロックの外側でボールを保持するものの、6バックと対峙するアタッカーに有効なボールを供給できない。

 欧州サッカー界隈では「(ゴール前に)バスを停める」という(ポジティブな含意はあまりない)表現をする守りかただ。

 

 ただ守るだけではなく、そこからゴールを奪うイメージがあり、それができるメンバーを揃えているのが今年のスパーズの良いところだと思う。

 

f:id:kageboushi99m2:20201122141243p:plain

 深く攻め込まれたときに、自陣のゴール前に選手が6人並ぶのはサッカーではそこまで珍しいことではない。ただ、その場合、下がって6バックを形成するのはもともとの4バックに加えて、(チームが押し込んだ場合、攻撃のために上がってくることの多い)相手SBと対面することになるこちらのSH(ここでは7番と23番の選手)になることが多い。これだと本来のアタッカーが自陣端っこの深い位置まで戻らされてしまうので、ボールを奪回してもなかなかカウンターにはならない。

 

 今回のスパーズで最終ラインに下がってスペースを埋めていたのはホイビュルグとシソコで、その前には、カウンターの中継役をこなせるケイン、エンドンベレ、長い距離を走ってフィニッシュできるソン、ベルフワインが残っていた。これなら点は取れるのである。

 こういう構図を作るため、上手くポジションを取ってスペースを埋めた後ろ6人と、その結果生まれたすくないチャンスを確実に決めた前の4人、全員が輝いていたすばらしいゲームだったと思う。

 

良かった選手:

セルジュ・オーリエ - 攻撃時にはそこまで使われる場面はなかったけど、守備の判断が良かった。「これが安定して出せたら…」とみんなに言われる、良いときのオーリエでしたね。

トビー・アルデルヴァイレルド - 攻撃をせき止める最後の門番であり、ビルドアップの最終意思決定所だったが、どちらも適切な判断を続けた。

カイル・ウォーカー - シティの右サイドでスパーズのカウンターを完全にシャットアウトしていた。応援している身としてはいらいらしたけど、ふりかえってみるとすごいと言うしかない。

雪音クリスさんがかわいい~「戦姫絶唱シンフォギアG」~

 

戦姫絶唱シンフォギアG が見放題! | Hulu(フールー) 【お試し無料】

 「戦姫絶唱シンフォギア」の2期、「戦姫絶唱シンフォギアG」を観ていた。はじめのころはノリについていけてたとはいいがたかったが、2期計26話も見るとすこしずつなじんでくる。やりたい画があって、それからいろいろ逆算して組み立てているタイプの作品なのでしょう。

 

 1期と比べると、登場人物が増えているぶん、やらなきゃいけないことが増えていて、ストーリーはだいぶ混乱しているように見えたけれど、楽曲だったり作画だったり見せどころの演出などは1期の延長線を行く形で面白くなっている。変身のときのショートムービー*1は影とずれる演出を使ったシンプルな1期のほうがかっこよかったと個人的には思ったけど、手のかかり具合では比べようもない。

 

f:id:kageboushi99m2:20201121204537p:plain

 そして雪音クリスさんがとてもかわいかった。1期の最初では敵陣営のキャラとして出てくる。主人公に負けちゃって、「使えない!」っていう理由で敵のボスから虐待されちゃうんだけど、ボスへの忠誠心は保っている、……というようなシーン*2を見たときから、「俺このキャラ好きになるんだろうな…」と頭ではわかっていたが、2期になってやっと心がついてきた。

 

 2期だといなくても話は回るキャラなので、クローズアップされる場面は取ってつけたような部分にあるのだけど、それでもかわいい。ひとに対して壁を作り、厚意に対しては警戒で、好意に対しては敵意で報いるんだけど、ひとつ線を越えるのを許したあとになってしまうとぎこちなく程度のわかっていない好意を返しちゃう感じが、人格の形成期に十分な愛情を受けなかった人間のリアルという感じで良かった。

 

 スタッフの選ぶ「ベスト・オブ・シンフォギア」にも彼女のシーンがいくつか選出されている。こちらは3話でみせた変身シーンのフルバージョンなのだけど、最後の「ばぁーん☆」の部分が最初見たとき笑ってしまった。し、そのあとかわいすぎてちょっと泣いた。

 

 雪音クリス役の声優さんが選ぶのは、かなり名シーン然としたシーンである。生い立ちもあって、学校ですこしとけこまない過ごしかたを選ぼうとしていた雪音クリスが、半分無理やり、のど自慢選手権に立たされてしまうところで、歌われる曲が、戦うときに歌うものとは違ってなんの変哲もないポップソングなのが切ない。

 陳腐であることがまぎれもなく正解となっている、世界でも珍しい例のうちのひとつなのではないでしょうか。

*1:専門的には変身バンクと呼ぶらしい。ちょっと検索したら詳しい人はみんなあたりまえのように「変身バンク」という言葉を使っている。

*2:ここまではほぼフェイト・テスタロッサである。

恐怖を突きつけてくる「○○恐怖症」のページ

 

 昔、大学で、「脳のこの部分にはこの機能があって、ここを事故で失うと人間にはこういう影響がありますよ」というのを学ぶ講義を受けていた。その講義ではいつも、脳の一部分を失った患者の記録映像を見せてくれたのだけど、その際には「ちょっとショッキングな映像かもしれないので、もし僕駄目ですっていうひとは、いったん教室を出てもかまいません」というエクスキューズがつねに入っていた。

 

 ……というのを思い出したのは、たまたまWikipediaでクモ恐怖症というページを見つけたからだった。「クモ恐怖症」というページはこのような文言ではじまる。

 

クモ恐怖症(クモきょうふしょう)とは単一恐怖であり、蜘蛛に対する異常な恐怖感を抱くことを指す。学術的には英名であるアラクノフォビア (Arachnophobia) と呼ばれる事が多い。正式な診断名ではない。なお、このページには上の絵の他には蜘蛛の写真やイラストは掲載されていない。

 なるほど、たしかに、「クモ恐怖症」をわざわざ調べてくるひとは、その本人がクモ恐怖症である可能性がけっこうある。そういうひとに対して「スクロールしたらいきなりクモが出てくるのではないか……」といった恐怖を与えることなく、安心してページを見てもらえる。そんな配慮がなされていることがすごいと思った。

 掲載されている写真も、クモそのものではなくあくまで「クモ恐怖症」を表したイラストとなっていて、さらに、クモそのものはかなりデフォルメされている。

 

 しかし、これがWikipedia「○○恐怖症」ページの、統一された配慮のフォーマットなのかというと、そうでもないみたいだった。ということで今回は、○○そのものがページのなかに出てくる「○○恐怖症」のページをいくつか集めてみた。その恐怖症を持っているひとは、くれぐれもページを開くときは注意してくださいね。

 

トライポフォビア - Wikipedia

 「蓮コラ」というネットミームでも有名な、「集合体恐怖症」のページには、思いっきりハスの写真が置いてあり、訪れた集合体恐怖症のひとを恐怖に陥れる巧妙なトラップとなっている。

 

Blood phobia - Wikipedia

 「血恐怖症」のページにもかなりちゃんとした出血の画像がある。これは血恐怖症をそこまでもたない僕もけっこう「おお…」となったので、トラップ被害者は大変だったのではないか。危険度で言えば屈指の「○○恐怖症」ページだと言えるだろう。

 

Gephyrophobia - Wikipedia

 「橋恐怖症」、……僕わりとこれにあてはまるような気がして、けっこう歩道橋とかわたるのを躊躇する。ただ、橋が怖いというのはやっぱり、「橋の上にいる」という全感覚的な体験が引き起こす恐怖であって、さすがに写真を見ただけではなにも感じない。

 「橋恐怖症」のページには橋の写真があり、……ほかにも同様の例としては飛行機恐怖症のページには飛行機の写真が、広場恐怖症の写真には広場の写真があるのだけれど、これらは一概には恐怖を突きつけてくるページといえないだろう。

 

Chromophobia - Wikipedia

 クロモフォビア、……「色恐怖症」のページにはイチゴの写真が置かれていて、「赤」が怖いひとだけが狙い撃ちされている。

 

Technophobia - Wikipedia

 テクノフォビア、……「テクノロジー恐怖症」のページはこれまでのなかでももっとも極悪といって差し支えないだろう。ページの頭にはノートパソコンの画像が掲載されており、それだけでもテクノロジー恐怖症のひとにとっては耐えがたいものだが、……さらにその写真のノートパソコンは、あろうことかWikipediaの「Laptop」のページを表示していて、そのページにはノートパソコンの画像が載っているのである。

 二重、……いや、「テクノフォビア」ページを表示しているノートパソコンやスマートフォンなどのデバイスも含めると、三重にもなる入れ子状に恐怖を喚起する非常に恐ろしいページだ。なにも知らずに検索して訪れたテクノロジー恐怖症のかたはどんな気持ちになるだろうか。配慮の気持ちで、改善が行われることを望んでいる。