選手は同じだが、監督が違う~20/21プレミアリーグ第29節 トッテナムvsサウサンプトン~

 

f:id:kageboushi99m2:20210422220733p:plain

 プレミアリーグ史上最年少でゲームの指揮を執ったわずが29歳の監督*1は、そのおなじ試合でプレミアリーグ史上最年少の勝利を手に入れた。

 

 スクランブルの監督就任だったこともあり、その監督――ライアン・メイソン自身のもつビジョンだったり、思想がピッチ上で表現されたわけではなかった。起用された選手にも、陣形にも大きな変化はなかったし、選手たちも、披露したパフォーマンスでいえば先週とそんなに変わったわけではないと思う。

 

 ただ、結果は変わった。スパーズはプレミアリーグでは約1か月ぶりの勝ち点を手にして、一試合消化が多いとはいえ、週末に直接対決を迎える4位チェルシーと5位ウエストハムへの勝ち点差を1ゲーム差以下に縮めた。

 選手たちは相手の動きに対応しつつシンプルにプレーした。前半にはサウサンプトンの守備をはずすビルドアップの手順を試合中に何度も考案し、後半には相手ボックス内に効果的に人数をかけることで逆転のための2点を生み出した。

 

 ハイライト観ました? VARで取り消しになってしまったソンのゴールは美しかったですね。①「ライン間でパスを受けたロチェルソが、綺麗な身のこなしでパスコースを作る」(ハイライトにはパスしか映っていないが)→②「相手陣の急所にフリーランしていたレギロンがパスを受け」→③「ルーカス・モウラがゴールに向かって移動して相手DFを引きつけ、」→④「その背後に隠れたソンが、精密かつすげー威力のシュートを突き刺す」

 

 29歳の監督――ライアン・メイソンは試合後のインタビューで「言葉にできないほど誇らしい」と語った。順位表上の位置はいまだに厳しく、週末に控えたカラバオカップ決勝に対してポジティブな示唆が得られるようなゲームでもなかったが、それはそれとして、この若い新指揮官の勝利を、世界中のスパーズファンは称えたと思う。

 

 そして、勝負強さで知られた彼の前任者がこのチームでその神通力を発揮できず、リードを奪ってから勝ちきれない試合が続いたときに、報道陣へ言った言葉――「監督は同じだが、選手が違う(だから、このふがいない結果なのだ)」を思い出したはずだ。

 

 同時に、いまのこの、……厳しいシチュエーションには変わりないけれど、霧が晴れたように結果が出たという、手放しで喜べもしないけどかといって悲観を保ち続けることもできない、座りの悪い状況を説明する言葉を手に入れただろう。選手は同じだが、監督が違う。

 

 ――それ以上でもそれ以下でもない。このまま、カラバオカップの決勝に臨む。

*1:トッテナム・ホットスパー出身の元プレイヤーで、頭蓋骨骨折の怪我により若くして選手としては引退した。

今夜聞いた曲♪♪♪♪

 

 ふつう音楽や本や映画の趣味というのは、趣味で集まった者どうしでないかぎり合わないものですが、最近会社の先輩と話していて、パンクロックが好きって話になって、The Clashが好きだというの話したけど「?」って感じで、半分諦めながら、「その系統でほかだとバックドロップシンデレラとか……」と言った瞬間向こうの目の色が変わって、そのあと抱きしめあったの良い経験だった。

 

1.From the Stalles - Angus & Julia Stone

 

2.アラスカアバンチュール - バックドロップシンデレラ

3.BUDS MONTAGE - 舐達麻

4.Psychics in LA - Peach Pit

5.Heading for a Breakdown - The Soundtrack of our Lives

6.What If... - The Lightning Seeds

 

7.Baba Yetu - Christopher Tin

 中学生のころ好きだったゲームの主題歌であり、いまでもとても耳に残っている。このゲームがあったから、高校のころは世界史を、楽しい趣味みたいにしてまじめに勉強したのだし、それがきっかけで自分のことを文系だと思ったのだし(地元の高校では勉強ができる人はみんな理系だと思われていた)、こんなに勉強した世界史をどうせなら二次試験で使いたいな、と思ったことから受ける大学が決まったのであった。

 ……すくなくとも僕の、20歳くらいまでの人生と、けっこうおおきく関わりのある曲なのかもしれない。

 

8.Frontier Psychiatrist - The Avalanches

9.Kasvetli Kutlama - She Past Away

10.My Kind of Woman - Mac DeMarco

11.Englishman In New York - Sting

12.Surrender - Ball Park Music

13.Listen!! - 放課後ティータイム

 「けいおん!」は劇中歌とオープニング曲、エンディング曲に設計思想の違いがあって良いですよね。エンディングでは、武道館デビューを果たした世界線での、このバンドが出してそうなミュージックビデオが見れて、この未来をもっと見たいって気分になる。

 

14.Reptilia - The Strokes

 酔いが深い時に手元にこの曲のリンクがあるととりあえず押してしまう。

 

15.We're Not Just Friends - Parks, Squares and Alleys

 アジア側のロシア出身のアーティストの曲なのですが、いくらアジア側とはいえロシア人がこんなに今のアジアな音を鳴らしているのが衝撃でならない。

さりげなさと重大さの奇跡的な両立~志村貴子(原作:藤野千夜)『ルート225』~

 

 まずはAmazonAmazonに収集された僕の個人情報に感謝をしたい。どちらが欠けていても、藤野千夜さんの『ルート225』を志村貴子さんがコミカライズしたという神本がこの世にあると気づくことはできなかっただろう。

 

f:id:kageboushi99m2:20210420204244p:plain

ルート225 (シリウスコミックス)
 

 

 原作となっている藤野千夜さんの『ルート225』、書名も著者名も、広く知られている、と言ったものではないが、……傑作です。

 

 主人公は中学校1年生と2年生の姉弟。ある日、姉が弟を迎えに行って戻ってくると、そこはいままでいたのとはすこし違うパラレルワールドで、そこでは死んだはずの同級生が生きているし、なんとなく疎遠になってしまったはずの友達が親しげに話しかけてくるし、テレビのなかの高橋由伸はすこし太ってみえる。……そしてこの世界には、お母さんとお父さんがいない。

 

 という感じの、すこし・不思議系のほんわかSF話。

 

f:id:kageboushi99m2:20210418224010p:plain

 原作小説でも、志村貴子さんのコミカライズでも同様に言えるのだけど、物語の中で起きる不思議に対して、主人公の姉弟はちょっとシビアな、見ようによってはませた態度を取っていて、主人公たちとおなじ年ごろのころに読んだときはそれがリアルだったし、すこし大人になってから読みかえしたときにはそれが余計に切なかった。

 

 出来事の描写も、非常にナチュラルながら、感情が巻き起こってくるところではその切実さが伝わって来て、とてもメリハリが効いていた。さりげない、でも丁寧な描写のなかから、描かれている事の重大さが立ち現れてくる。

 このへんも、表現力がある、語りがある感じの絵をしながらかといってうるさいわけではなく、いい意味でプレーンな感じが持ち味の志村貴子さんの漫画と非常に合っていると思う。

 漫画家+小説家のコンビでこんなに持ち味が生かされ合っているのって、あとは僕の経験からだと大暮 維人+舞城王太郎しか思いつかないな……。

 

f:id:kageboushi99m2:20210420210608p:plain

 この志村貴子さんのコミカライズはとても良かったのだけど、一点だけ、重要な部分を原作から変更している。これは、まあ間違いなく作品としての質を下げていて、オリジナルバージョンが『ルート225』の最良の形なのだけど、『ルート225』のファンなら、とくに『ルート225』を思春期に読んでこの物語に絡みつかれたままその後の人生を過ごしているひとにとっては、この変更についてなにかを咎める気にはなれないんじゃないかと思う。

 

 オリジナルバージョンはあまりにも悲しすぎた。だからこそ重大な作品だったのだ。……その重大さを一度くぐり抜けて、その経験があったからこそ『ルート225』のことを印象深く思いかえせるくらい大人になった『ルート225』ファンが読みかえすものとして、このコミカライズはとても意味の分かる変更をしたのだと思う。

100の好きな名前 上

 

 「名前」ってじつは、なにについているかに限らず、良いんですよね。リズムがあったり、おっとするような言葉の並びがあったり、そして時には思いが込められている短い詩なんですよ。そのものに対してなにも知らないのに、名前だけを見てびびっと来ることとか、けっこうあったりしませんか?

 

 今回は、世のなかにある名前のなかでもとくに好きなものを、各ジャンルごとにひとつずつ挙げていきたい。

 

 「……」のあとがジャンルで、そのジャンルのなかで一番好きな名前がこれ、って意味で、名前だけを考慮していて、そのもの自体が好きかどうかとは関係ない選出です。どうぞお見知りおきを。

 

1~10

『開かれた世界とその敵』……哲学書

リムルダール……ドラゴンクエストに出てくる地名

カーネーション・リリー・リリー・ローズ」……西洋絵画

プランタジネット朝……イギリスの王朝

歌広場淳……バンドマン

 

オクシレード=チェンバレン……イングランド出身のサッカー選手

「ひとりぼっちの地球侵略」……マンガのタイトル

世話……ネパール料理屋

ナヴィエ=ストークス方程式の解の存在と滑らかさ……解いたら100万ドルもらえる数学の問題

アストン・ヴィラ……イングリッシュ・プレミアリーグ参加クラブ

 

11~20

ミレニアルズ……世代、コーホート

ツリウム……元素

シルル紀……地質年代

シロデスナ……ポケモン

サビア……過去栃木SCでプレーしたことのある助っ人外国人

 

カリラ……スコッチウィスキー

憤怒の猛将ダイダロス……デーモン・コマンドのクリーチャー

ダイバー・ダウン……スタンド能力

新潮社……出版社

ツー・ライティング・アイ……マジョスティック12

 

21~30

『逆光』(原題:Against the Day)……トマス・ピンチョンの小説作品

愛のまどろみの庭……オリヴィエ・メシアン作曲「トゥランガリ交響曲」の楽章のタイトル

カイザースラウテルン……ドイツの都市

トレンディエンジェル……お笑い芸人

サイレンススズカ……競走馬

 

源氏の君の最後の恋……マルグリット・ユルスナールの短編小説

ビザンツ帝国……歴史上のどこかの時点で存在した国

Lucy in the Sky with Diamonds……ビートルズのアルバム「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」に収録されている曲

プリペアド・ピアノ……楽器

キアサージ……戦艦

 

 せっかくなので100個並べようと思います。いま30/100。

 

アイロニスト批判が刺さった~アラスデア・マッキンタイア『依存的な理性的動物』~

 

 3年くらいまえに、「関心事について書かれているのではないか?」と思って購入したけれど、まあ~読まなかった本を今さら*1読み、自分のことのようにひきつけて感じるものがとてもあった。

 

 この本にはだいたい以下のようなことが(たぶん)書いてある。

 

・人間はそのほかのいくつかの動物と同じく、意図や理由を持って行動する生き物であり、その意図や理由が持つ行動によって最終的に目指すもの、として「善」*2というものがある、とすることができる。

・人間というのはかなり「傷つきやすい」生き物であり、その「善」に到達するには、外敵に加え、生まれつきの障害や生きるなかで生じる能力の減衰、身体的にも精神的にも無能力な人生の初期の部分を潜り抜けなければならない、といったいろいろなハードルがある。

・結局のところ、人間が「善」を追求するためには、その中で人々が与えたり受け取ったりするコミュニティ、が必要であり、人間の「善」とは、そういったコミュニティに根差しそのなかでサポートしたりされたりして生きることに役立つ、ということをはじめから織り込んだものであり、その意味では「個人の善」ではなく「共通善」である。

・そのような「共通善」とは、重い障碍者など、サポートを必要とする人に必要なものが与えられる、ということが含まれており、そういう助け合いの社会の維持に寄与するような人格的特徴を備えているということが人間の「徳」である。

 

 ケアの倫理と徳倫理*3の関係性について、得倫理が目指す徳の内実としてケアの倫理で言うような「ケア」を置くことができるのではないかと思っていたのだけど、その理論整備を行っている本のようにも読める。

 作中で「ケア」という言葉は全面的には出てきていないが、マッキンタイアさんも「ケアの倫理」は意識しているのではないか。

 

 それに加えて、最近ちょっと関心の出てきた「動物倫理」に関してもこの本はちょっと意識しているように見える。話のフォーカスは、最後には人間に合わせるのだけど、その途中で、動物たちにも人間が持つような「行為の究極の目的としての善」があるということが印象的に主張される。

 動物に配慮すべき、といった論点は扱っていないが、あえて扱っていませんよ、というちょっとすかした態度が見えている。実際に、「共通善」の基盤である「与えたり受け取ったりするコミュニティ」のなかに、重度の障碍者や意思表示のできない乳幼児を当然含めたのとおなじ理由で、人間以外のいくつかの種に属する個体を含めることはできるであろう。

 

 もう一点だけ個人的に刺さったのはリチャード・ローティが『偶然性・アイロニー・連帯』で賞賛したような「アイロニスト」に対して、けっこう根本的な批判をしたところである。

 

 「君はいま受け入れられている共通善を斜に構えて見るかもしれないけれど、その『なにがいいことなのかについて冷静に考える』というのも共同体のサポートのなかでこそ成立する行為だぜ? コミュニティからいったん離れるときみは言うけれど、それは『なにがいいことなのかについて冷静に考える』サポートの輪から外れる、善ではないスタンスだね」

 というのがその批判の大まかなところであり、まあいま斜に構えて見ると、リベラルとコミュニタリアンの典型的な対立のバリエーションじゃないか、と思ってもしまうが、とは言え1冊分の議論を読んでかなり堀が埋まったあとだったのでけっこう刺さってしまった。

 

*1:いや、人生に「今さら」なんてないぜ。

*2:ふつうに言う意味の「善」ではなく、その内実がなんであれ、生き物がその生涯のなかで目指す、つきつめていったときの目的(生殖とか、個体の生存とか、幸福な人生とか、なんでも)があるよね、それを「善」としよう、ということ。

*3:ルールや行為の結果ではなく、人間のもつ性格とか良い資質みたいなものに着目する倫理を徳倫理という。

洋楽でしりとりがしたい

 

 しりとりがしたいというのは嘘で、いつかその順番通りに聞き返すための、緩やかな理由でつながった音楽の列が欲しいのだ。

 

 それで、曲のタイトルを使ってしりとりを、いまのうちにしていくことを思いついた。ただ、文字単位のしりとりだと曲どうしのつながりが弱くなってしまうので、しりとりは単語単位ですることにする。

例: Ticket to Ride(The Beatles)→ Ride Wit Me(Nelly

 

 このしりとりでは、文字、というよりは意味のつながりを重視したい。ということで、しりとりで取り合いになる一番最後の語に、'sをつけて所有格にしたり、その他曲用させたり屈折させたり、形態素を足して語を派生させたり逆に派生元に戻してもOKということにしたい。

 

例:Under Cover of Darkness(The Strokes)→ Dark Necessities(Red Hot Chili Peppers

 

 意味を重視する観点上、副詞や前置詞などをしりとりのブリッジにするのはなるべく避ける(ただ、この縛りはふつうに難しそうなので、無理そうならやめておく)。

 

 それでは、サイコロを振って出てきたこの曲から、スタート!

 

(一曲目から、このレギュレーションだと、「トマト」とか「さかさ」みたいな語とおなじ感じになっているが、気にしない)

 

Live in Life(Rubens) → Life is Simple in the Moonlight(The Strokes) 

 

(この曲のタイトルいいですよね。夜の散歩をしているときの気持ちを正確に表している)

 

Life is Simple in the Moonlight(The Strokes) → Moonlight Shadow(Mike Oldfield ft. Maggie Reilly)

 

よしもとばななさんの名高い『キッチン』におまけで収録されている短編の元ネタになった曲がこれでしたね)

 

Moonlight Shadow(Mike Oldfield ft. Maggie Reilly)→ Shadow of the Day(Linkin Park

 

(もうさすがに空ではわからなくて検索しましたが……、そういえばそんな曲もあった)

 

Shadow of the Day(Linkin Park) → A Day in the Life(The Beatles

 

(いや~、これ以外思いつかなかった! Lifeに戻ってきたところで今日はおしまいです)

享受・解釈・結晶化~ジョン・ハスケル『僕はジャクソン・ポロックじゃない。』~

 

かれは生まれて初めて自分の世界の柔肌から手をさしのべ、人間的な接触をしたい気持ちにかられる。その気持ちにしたがい行動に出ようとするが、そうすることは自分の世界から出ていくことを意味する。いったん外に出たら、かれは世界のない人間になってしまう。

「六つのパートからなるグレン・グールド

僕はジャクソン・ポロックじゃない。

僕はジャクソン・ポロックじゃない。

 

 ジョン・ハスケルさんというかたが書いた『僕はジャクソン・ポロックじゃない。』を読んでいた。とても面白かった。

 

かれは自分自身でいたかった。芸術家のジャクソン・ポロックでいたくなかった。が、それは簡単なことでなかった。

「僕はジャクソン・ポロックじゃない。」

 世界の実在の人物、――とくに実在する芸術家の実際の人生のなかにあったエピソードを題材にとり、その出来事が示唆している抽象的な人生や世界の真実を考察する。そういった文章を、たがいに縁もゆかりもない、――けどこの世の深いレベルではつながっていそうないくつかの人々のいくつかのエピソードについて述べて、それをカットバックして並べ、それがなんらかの文学的な真実を指し示している、……というふうに作られた短編がならんでいる。

 事実だったり、すでに存在する人々や作品を享受し、それをもとに作品とそれが置かれた世界を解釈し、そこから文学的な成果を導き出そうとする戦略は、僕の知っている範囲だとマルグリット・ユルスナールとかリチャード・パワーズに近いものを感じる。

 

 その芸術家のことをそんなに知らねえ……、となる短編はなかなか読むことが難しかったが、逆に多少知っているひとのエピソードが題材になっていると、言っていることが本当にわかる。宇宙に行ったライカと、年長のいとこたちの気持ちを引きたい女の子、そして許せない男のキスを従順に受けてしまう女性のエピソードを不思議なコネクションのもとに並列させて描いた「素晴らしい世界」はとても感動した。

 

少女は卵型の石を見せます。従兄弟はそれを受け取り、しげしげと見ます。少女はその行為を見守りながら、この石の良さがわかってくれるといいんだけど、と思います。

 世界の既存の作品を享受するなかでインスピレーションを受け、世界の作品や世界そのものを解釈することそのものを作品にして、それ以外の飾りはせずドライなスタイルで結晶化する、といったつくり方が一貫していて読んでいて心地よい。良い小説でした。