V6「LIVE TOUR 2017 The ONES」について会って話したい

 

 もともとV6は好きだったのだけど、たくさんあるジャニーズのグループのなかであえていうなら、とか、バラエティで見たときにはめっちゃ好き、とか、曲は何曲かくらいは知ってるしカラオケでも歌うよ、みたいな感じの好きだった。

 

 しかし、いまYouTubeで期間限定公開されているV6のコンサート「LIVE TOUR 2017 The ONES」を見てからはそんな感じではなくなってきている。

 

f:id:kageboushi99m2:20201024192421p:plain

 最初は軽い気持ちで観はじめた。オープニングのメンバー紹介PVを見て、あいかわらず三宅かっこええなあ、剛は剛だな~笑(画像は岡田)とか笑ってた。「Can't Get Enough」という曲がはじまるが、なかなかいいじゃん、くらいの心の動きだった。感動はしないが、……まあ見れるし楽しいし三宅はかっこいいし、もうちょい見てみても全然いい、っていう。

 

f:id:kageboushi99m2:20201024192945p:plain

 様相が変わってくるのは「JIGA JIGA」のあたりである。とつぜん始まったなんだかスカな曲のはじまりにノリノリな剛の「JIGA JIGA」が、ちょっとびっくりしてしまって、そのびっくりが「かっこよい…」と魅了されているということに気づくのにすこし時間がかかった。

 曲のなかでいろいろなメンバーが「JIGA JIGA」っていうんだけど、最後を決めるのはしっかり剛で、それがダサかっこよくて本当に良かった。「JIGA JIGA」て…、好きだ…。知られているとおり、ダサかっこいい大人の男はほんとうに良い。

 

 5曲目の「HONEY BEAT」は、学生時代所属していたサークルのソウルソングであり、個人的にも非常に思い出深い。これが流れるころには僕はできあがってしまっていた。

 

f:id:kageboushi99m2:20201024194728p:plain

 あっという間にMCだ。井ノ原がいつもの適当な感じで喋りはじめるのだけど、いまはマジでずっとかっこいい歌と踊りの井ノ原を見続けてきたところなので、感受性の感じを調整するのに時間がかかる。「見切り発車。いつでも僕は」じゃないんだよ。

 

f:id:kageboushi99m2:20201024195443p:plain

 そしてこのコンサートを通していちばん胸に刺さった曲がこちらである。年長組3名で歌う「会って話を」は、キュートでラブリーな歌謡曲で、それだけではない深みと襞がある。途中にはセクシーなマネキンダンスが繰り広げられ、「もっと寄り添って」のところの坂本さんくねくねがエロい……、とっても好きだし、単に好きなだけではなく、おそらく人生を通して自分にとって大事な曲になるでしょう。

 

 直通のリンク(https://youtu.be/xIOW_yYG6ds?t=4554)を用意したのでぜひ気になったかたはどうぞ。

 直通と言いましたがそれは嘘でそのまえの三宅さんがやばかったのでそこも入ってます。「希望だったらあげる」とか「わがまま言わないで」は、本当にすごくて、人間がこんなあざとかわいいことができるのかとめっちゃ感動した。「わがまま言わないで」のあと岡田が苦笑しているのもいい。これがV6だ。

 

 三宅はそういう恒例行事なのか、メンバーが壇上からはけていくタイミングでも最後まで居残って、ひとつ心に残るようなあざといくだりを毎回作ってくれる。すてきだ。