アクアリウムトラブル~山西正則「ライコネンの熱帯魚」~

 

ライコネンの熱帯魚 完全版(上) - マンガ(漫画) 山西正則(RYU COMICS):電子書籍試し読み無料 - BOOK☆WALKER -

 という、上下二巻で完結するコミック作品を読みました。とっても面白かった!

 

 ひと気の無い校舎にある、熱帯魚愛好会部室で寝起きする謎の女生徒・ライコネン。彼女の正体は北欧から渡って来た魔女であり、在校暦は40年に及んでいた…。飼育している熱帯魚を人型化し、人間と交配させる事によって新たな生命体を産み出す野望を果たすため、彼女は後輩の瀬古原に狙いを定めたのだが…!? 永らく未刊のままだった傑作が完全版上下巻で登場!

 ……というあらすじで紹介されていた(+表紙の雰囲気)ため、サブカルおしゃれマンガ(ひょっとしたら伝奇・ホラーかも?)だと思って身構えて読んだんですが、マジでなんということもなく、ジャンルとしては「To LOVEる -とらぶる-」と同じ、さまざまな個性やバックグラウンドがありつつも主人公のことを好きという点では一致しているかわいい女の子がたくさん出てくる、系のマンガですね。

 違う点は、これ系はだいたいもだもだする展開が長く続くのに対し、このマンガは2巻しかないので爆速で終わる、という点くらいである。

 

 ジャンルとしては少年誌なのですが、登場するキャラクターの造形だったり、エピソードの展開、話全体の雰囲気は一ひねりがあって非常に青年誌的である。とくにキャラクターはとてもいいですね。

 ダウナーな雰囲気ながら魔女で、部室にずっと昔から住み着いている先輩。その先輩がエンゼルフィッシュから作り出したょぅι゛ょキャラ。魔女とかなんも知らない、でも主人公のことが好きな負けフラグ漂うクラスメイト。男性免疫がなく惚れっぽい先輩のライバル魔女など、正統派の魅力的な属性を持ちつつ、それをナチュラルに外すセンスのある味付けも加わって(ここは実際に読んでください)いて、読んでいて非常に楽しかった。もう、萌え~!という感じである。

 

このわけわからん位脇役の美術部の坊主先輩までとんでもなく魅力的だった

 これを思うと悲しくなっちゃうので読んでいる間はあまり思わないようにしていたのだが、こんなに魅力的な世界が2巻しか見られないのはほんとうに切ないですね…。

 完全に面白い、ラブリーな作品なので、これが2巻で終わっているのは、消費者が悪い。手に取るのが遅すぎた消費者のひとりとして責任を感じるとともに、これからもどこかで生まれていく、いるであろう傑作を商業主義の淘汰から防ぐために、できるだけのことをしていき続けないといけないな、と思いました。