The Vanished People ほか

 

デスノートの考察チャンネル「雪だるま.」

デスノート】Lと火口のドライブスルー問題について解説・考察

 最近よく見ているのが「雪だるま.」というチャンネルのデスノート考察動画。まあDEATH NOTE版のドロピザみたいなものですね。こういう版権に絡めたYouTubeチャンネルというのは、業者がやっているのかいないかをまず見極めることが大事になってくる*1のですが、動画の質、投稿頻度的に、純粋なファンメイドとみてまずは問題ないのではないかと思います。*2

 

デスノート考察】Lがテレビinポテチ成功後の夜神月を疑ったのは何故か

 どの動画も、たとえば最終盤で松田がライトを撃つことを「ふざけた」と表現するなど、ちょっと斜に構えたユーモアがあって聞いていて面白い。そのうえ、……僕はあまり内容を覚えていないので批判的な観点では見れませんが、でも話だけ聞いている分にはどの考察にも一定以上の説得力があってうなずかされる。

 すくなくとも、とりあえず数字を回すだけのためにつくられている動画ではなく、内容、好きなものへのコミットメントが見られますね。皮肉な口調だけど愛をたしかに感じるのである。こんな動画が世の中にもっと増えてほしいものだ。

 

デスノート】Lの最後『が、ま』は何を言いたかったのか?

 理論だけではなくお笑いのセンスもかなりあり、例えばこの「が、ま」大喜利などにその表れがあるのではないでしょうか。

 

雪だるま. - YouTube

 基本デスノート1本でやっているのだがたまに推しの子が混ざっているのもちょうど面白い。

 

誠鏡 吟醸別囲い 優等生

誠鏡 吟醸別囲い 優等生 720ml(720ml): 日本酒|ワイン通販・専門店 ヴィノスやまざき

 という日本酒を飲んでいました。お店で陳列ケースを眺めていたのですが、一番びびっと来たのがこれ。*3かっこよすぎる。年配のスタッフが「選ぶの手伝いましょうか?」みたいな感じで近づいてきたがとても無視してしまった。明らかにこれが、ひとつだけ魅力際立っていたからね。

 

 で、家に帰って飲んだのですが素晴らしい品であった。どちらかというと透き通っている系ですがしっかりと味わいがあり、まろやかながらもお酒の硬質感を失っていない。後味には上品な甘みがあって、一口で完成されているフルコースのようである。満点花丸マークのような、ラベルのロゴもいいですね。

 

中尾醸造株式会社-安芸の小京都・竹原で連綿と続く酒づくり

 広島県竹原市のお酒らしいです。見かけた人はぜひ。

 

The Vanished People

The Vanished People -『QUEEN OF THE NIGHT』

 最近好きになってよく聞いているミュージシャンがこちら、「The Vanished People」。言っておきたいことははっきりしていて、なんなんだこのJ-pop感は?ということである。

 

The Vanished People - Backwards [Official Reverse: 1999 MV]

 アートワークを見るに日本ファンなのは間違いない*4と思うのですが、だからと言ってこんなJ-popの雰囲気を取り入れつつな海外の音楽ができる結果になるのか…と思った。再生ボタンを押したら懐かしくも新鮮、エキゾチックな不思議な時間を味わうことができますよ。

 

The Vanished People - GHOSTRADE

 Twitterアカウントでの自己紹介は「Two guys in a bedroom with some instruments and a terrible voice」。決まっている。

 

*1:プライベートな時間に業者のコンテンツを見て楽しむって馬鹿みたいじゃないですか。

*2:ちなみに最初に見たのが上掲のこの動画なのだが、「火口(かこう)のドライブスルー問題」というトロッコ問題的な何かがあるのかと思って思わずクリックしてしまった。実際は火口(ひぐち)が作中のドライブシーンで重要な質問をせずにスルーしたことをそう呼称しているらしい。用語が難しいですね。

*3:「誠」の「鏡」と書いて「せいきょう」だぜ?読みかたの裏取りはしていない。cpっぽく読んで「まこかが」とかかも。

*4:SNSを見るとアルバムのカバーイラストなどは日本のイラストレーターにお願いしているようである。