「ひとりぼっちの地球侵略」

月間サンデーで連載されていた、「ひとりぼっちの地球侵略」という漫画を読んでいた。主人公の岬一は新高校1年生、入学早々、変わり者で評判になっている大鳥先輩に絡まれるのだけど、なんと彼女は地球を侵略しようとする宇宙人だった。ただの宇宙人ではなく…

「あな」の話でいまだに盛り上がる

糖尿病で死んだ祖父は名刺の印刷所で働いていた。なので、その当時よく行っていて、ふたつ目の家のようであった母方の実家には、なにも書かれていないてごろな紙切れ(=名刺の赤ちゃん)が山のように置いてあった。 当時(=僕が7歳くらい)、それほどおも…

トンネルを抜けた先には~20’J1リーグ第12節 サガン鳥栖vs北海道コンサドーレ札幌~

新型コロナウイルスのクラスター発生により、後ろ倒しで開催されたアウェー鳥栖戦。両チームにとって、前節から2日空いただけ、というサッカーをするにはかなり厳しい日程となった。「うちのチームの事情に巻き込んで申し訳ない」といった内容のことを試合前…

最近はイトシンTVで将棋を観ている

最近はイトシンTVで将棋を観ている。プロ棋士の伊藤真吾さんというかたが配偶者さんのプロデュースのもと公開しているYouTubeチャンネルである。 https://www.youtube.com/watch?v=oIeEs7ylevY むかし、東海オンエアの動画にゲスト出演していて、6vs1の将棋…

神殿へ

雨が降りだして、僕は縁起が悪いな、と思っていたものを、カツは「好都合だな」といった。集合場所にはもう5人が集まっていたが、最後の1人はなかなか現れなかった。集合時間とはべつに、もうひとつ決めていた時間が近づいてきた。そしてその時間が来たとき…

not galactics ~20/21シーズンリーグ・アン第2節 RCランスvsパリ・サンジェルマン~

すでに開幕している20/21シーズンのリーグ・アンを見た。ついこのあいだまでチャンピオンズリーグを戦っていたパリ・サンジェルマンは、チーム内でコロナウイルスが大流行中。ネイマール、ムバッペ、ナバス、ディ・マリア、イカルディ、マルキーニョスと、ふ…

クリームパン1個じゃ足りない

8時くらいに目を覚ましたあとはずっと本を読んでいた。けっこう面白い本で、書かれている内容というよりは、書かれていないことのほうが気になって、読んでいるよりは並行してべつのことを考えている時間のほうが多い、……という感じの読書だった。いろいろ調…

人生の休み時間に聴くような

アメリカ、ミシシッピ州ジャクソン出身のミュージシャン、Dent Mayさんの曲をいまずっと聴いているところだ。 このパステルカラーが似合う、ロングヘアーの丸眼鏡、……ぜったいに、毒にも薬にもならないような、人生の休み時間に聴くのがちょうどいいような、…

二度とサッカー観ない

これで公式戦8試合勝ちなしとなった。その8試合も田中駿汰選手が退場した清水エスパルス戦、6-1で粉砕された(川崎に粉砕されるの何度目だよ)川崎フロンターレ戦、なんの根拠もなく「決勝まで行こう!」と息巻いていたがPK戦でふつうに負けたルヴァンカップ…

火になるまえの火~ペーテル・テリン『モンテカルロ』~

一九六九年五月十二日の早朝、モンテカルロで起きた不運な出来事については諸説あった。冬のように寒く、冷え冷えする朝だった。複数の通信社と地元紙のカメラマンたちが現場に駆けつけ、フィルムを何本も使い切ったが、真相を解明する写真は一枚もなく、ど…

西瓜糖 ほか

西瓜糖 人気ボーイズ・グループ、ワン・ダイレクションのメンバー、ハリー・スタイルズさんのこの曲を聞いていた。「Watermelon Sugar」というと、やっぱり文学が好きであるところの僕はちょっと気になってしまう。 リチャード・ブローティガンの本はやはり…

短歌 18

風船に手を繋がれて九歳の僕父親を亡くしたばかり おくすりは天使の声でいいました「朝夕二回食事のあとで」 動かなくなったルンバを捨てにいく甘い香りのする風の夜 しあわせは暖炉みたいに放置されときどき子供の覗きこむだけ 動きだす夜の明かりは自動車…

推し(μ's)にカバーしてほしい推し(ポルノグラフィティ)の曲を考える 9

西木野真姫 1曲目 愛が呼ぶほうへ ラブライブ!TVアニメの2期13話、卒業式のお話では、「愛してるばんざーい!」という曲を合唱のようにして歌うシーンがある。そこでピアノ伴奏をしているのがこの西木野真姫さんである。 であるからして、西木野真姫さんに…

スプレゴとヨカ

Wikipediaの「落書き」というページを読んでいたら、このような記述に行き当たった。 1990年代より米国のヒップホップカルチャーに憧れを持つ青少年層がタギングによる縄張り宣言行為を行うことから社会問題として度々新聞に取り上げられており、これらも市…

好きな短歌ランキング 1位

キラキラに撃たれてやばい 終電で美しが丘に帰れなくなる 佐藤りえさんという歌人の『フラジャイル』という歌集に収録されている1首である。僕はとても昔からこの歌がとてもとても好きだった。今回は、この歌の良い部分をランキング形式でいくつか紹介してい…

感謝している

「麺家 千祥」という家系ラーメンのお店がある。僕はけっこう行きつけの家系ラーメンを持つほうだが、それにしてもよい行きつけを持った。 ほうれん草に、刻んだネギに、海苔に、味の濃いスープに、太めの麺。シンプルな料理だがそれゆえに奥深い*1。よくで…

例のマンション(the Mansion)

9月2日朝、よく見るマンションの夢(「the Mansion」とかってに名前をつけて呼んでいる)の夢を見たのでそのことについてメモ書きをしたい。 ボロボロのマンションで、訪れるときはかならず車で右折して入る。あと、かならず雨が降っていて、風が強く、夜で…

体を縮めて

体を縮めて僕は隠れている 新しく引っ越してきた団地の五階いつのまにかたたまれなくなった布団の空いた押し入れの中にドキドキしながら息を殺して待つ お母さんが鍋をのぞき込むのをやめて僕の不在に気付くのを それまでの間僕の退屈を紛れさせるのものはカ…

短歌 17

帰路ゆけば外灯がつき人生の大部分はまだ残ったままだ 信号を待ちきれなかった少女たち「星空よりもはるかに綺麗」 いい加減静かにしろよ赤林檎ナイフをあてたら夜なのだった うつくしい高層ビルで知られてる宇宙のなかの猿の一族 せっかくのGoogle Earthで…

東海オンエアおすすめ動画~1+1+1+1+1+1編~

東海オンエアは6人もいてわちゃわちゃしている。なので見はじめて最初のころは、メンバーを把握するのがけっこう難しいと思う。しかし、それぞれがどんな動きや喋りをして、どういうキャラクターをしているのかわかってくるようになったら、もっと動画は面白…

朝までそれ正解!を練習した

朝までそれ正解、とそのパロディ企画がこよなく好きである。お題に対して意外性のある回答を探すのが好きだし、そのあと詭弁をつかったりしてみんなを説得するゲーム性も好き。 本当に好きなんだけど、ひととやろうとすると色を変えたようにシャバくなってし…

ヘッジス&バトラー ほか

菅野選手が多すぎる MNB48の堀詩音さんが、北海道コンサドーレ札幌のグッズをひたすら開封する動画が好きでよく見ている。開封するのはストラップのように使えるミニペナントで、コンサドーレ札幌の全選手*1の顔写真が印刷されている。 「それなりに数がある…

漫才をやったことが

人前で漫才をやったことが — soudai (@kageboushi99m2) 2020年8月16日 僕はある。ひとのまえで漫才をやるというのは個人的にはとても難しい経験で、いまでもあのときの緊張と吐き気を思い出すことができる。思い出そうとせずとも、すべっているプロではない…

野々村社長のチーム~20’J1リーグ第29節 横浜F・マリノスvs北海道コンサドーレ札幌~

しばらく見ないうちに、前半と後半ではかなりやりかたを変えるチームになっていた。この横浜F・マリノス戦で前回輝かしい成功を収めた0トップ・マンツーマンシステムを採用した札幌だけど、今回は微妙に上手くいかない。 札幌のプレス開始が早かったのか、マ…

短い金曜日

「たったいま最高の一行を書いたところなんだ」同居している作家がそう言ったから僕たちはすべてを終わらせて散歩に出かけた河川敷は夜を引きずったままの朝だった短い金曜日 作家はついに死を振り払った鬱病者とすれ違ったが僕はすれ違わなかった僕はひとつ…

ポストの根もとの土に

ポストの根もとの土に眉毛を描くペンとあわせて埋められた愛の結晶はそうなっても更新がなくひとときの旅行の心が知らずに上を通りすぎるだけ 魔法の解けたじょうろを冷たい朝顔の水でいっぱいにして乳児に持たせて自由にしてねと声をかけても雨の日の群衆の…

この人を見よ、「犬ちゃんねる」

犬さん、というインターネットで有名(フィリピンのカジノで破滅する様子がツイッターでバズっていてそのときにファンになった)なギャンブル依存症のかたがいて、そのVlogがとても面白くてずっと見ていた。 突然なんですけど、僕の借金の総額をいまから調べ…

片づけだけが正解じゃない

オフィスで机とコンピューターをもらってから、「机きれいにしたら?」「フォルダ整理したほうがいいよ」「ものをそのへんにほおっておく意味がわからない」といったことを言われるようになって、やれやれ、という気持ちでいる。もう2020年だというのに、ど…

推し(μ's)にカバーしてほしい推し(ポルノグラフィティ)の曲を考える 8

園田海未 園田さんの歌には抑揚があまりなくて、感情が乗るところもあまり動かずに歌うという雰囲気があるような気がする。これはけっこう岡野昭仁の歌いかたとは反対で(彼はあまり動かない想定で作られている部分でも、感情の動きを抑えた結果動いてないん…

西湖キャンプ

高校時代の友人と西湖にキャンプに行ってきた。テント建立後の写真をすでに貼ってしまっているが、この状態までたどり着くまでが本当に大変で、旅の思い出の8割をこれ以前の出来事が占めている。 まず、10時ごろに友人の家に集合してレンタカーを借りたのだ…